1. 割切投資

    2412 ベネフィット・ワン に値幅取り狙いの割切投資

    本日6月17日、2412 ベネフィット・ワン に新規で投資した。値幅取りを狙った割切投資の一環で、60万円弱の投資額である。指し値は欲張らずに先週末の終値で発注し、直ぐに約定した。官公庁や企業の福利厚生、健康診断、保健指導等のアウトソーサーという確実なストックビジネスで、最高益を連続更新中である。株価も、中長期的には上昇トレンドを継続している。同社株式の…

  2. 投資全般

    大手証券に初めて口座を開設、非効率性を痛感

    今回、来たる相場下落時の追加投入用資金の場繋ぎとして、IPO及びセカンダリーへの投資に向けた準備を始めている。従来は、ネット証券 5社と取引を行っていた。…

  3. ポートフォリオ全般

    四半期決算総括 ストップ高は3銘柄出るも、マイナス反応数が増加

    PF銘柄の四半期決算の結果について、総括する。初めに、PF全体の四半期決算(純利益)の結果と株価変動の遷移は、下記の通りとなった。決算期純利益株…

  4. ポートフォリオ月間状況

    ポートフォリオ状況 (19/06/07) 評価総額 5,200万円台復活

    月間ポートフォリオ状況について記載する。2019年6月7日時点のポートフォリオ状況は、下記の通りとなった。【割切投資PF】__評価総額  :  163万…

  5. システナ

    2317 システナ 株価 1,600円超えで8ヶ月振りの高値圏へと浮上

    2317 システナ の株価が本日6月6日、年初来高値を更新して終値で 1,618円となった。終値で 1,600円を超えたのは、1,605円を付けた2018年…

  6. 投資方針

    目先は膠着しそうなので、IPOやセカンダリーへの投資に挑戦

    米中のケンカが止まらない。のび太とスネ夫のケンカならジャイアンが一発で抑える事が出来るが、ジャイアンと他のガキ大将のケンカとなると、もはや誰にも止められな…

  7. 東計電算

    4746 東計電算 19年12月期・1Q決算は11%増益。増配濃厚?

    4746 東計電算 が5月7日の大引け後、2019年12月期の第1四半期決算を発表した。指標毎の着地状況は、下表の通りとなった。実績前期比通期…

  8. リログループ

    8876 リログループ 19年3月期は20%増益、新中計を発表

    8876 リログループ が5月14日の大引け後、2019年3月期の本決算を発表した。指標毎の最終着地状況は、下表の通りとなった。市場のコンセンサスも併記。…

  9. コムチュア

    3844 コムチュア 18年10月18日以来7ヶ月振りの終値 4,500円台復活

    3844 コムチュア の株価が本日、高値引けで 4,500円(+75円)となった。終値ベースでの 4,500円台は、2018年10月18日に実質的な上場来高…

  10. アイ・アールジャパンホールディングス

    6035 IRJHD 上場来高値更新で 2,600円台と8バガー達成

    6035 アイアールジャパンホールディングス の株価が本日、終値で 2,675円(+142円)と実質的な上場来高値を更新。 終値ベースで、初めて 2,600円…

  11. プロシップ

    3763 プロシップ 19年3月期は 7.5%増益、今期は 4.4%増益

    3763 プロシップ が5月8日の大引け後、2019年3月期の本決算を発表した。指標毎の最終着地状況は、下表の通りとなった。実績前期比会社予想…

  12. アビスト

    6087 アビスト 2019年9月期・2Q決算を発表、4%減益

    6087 アビスト が5月14日の大引け後、2019年9月期の第2四半期決算を発表した。指標毎の着地状況は、下表の通りとなった。実績前期比通期…

  13. SRAホールディングス

    3817 SRAホールディングス 19年3月期は微減益、今期は 24%増益

    3817 SRAホールディングス が5月9日の大引け後、2019年3月期の本決算を発表した。指標毎の最終着地状況は、下表の通りとなった。市場のコンセンサスも…

  14. インターワークス

    6032 インターワークス を売却、45%の損失確定

    本日5月20日、6032 インターワークス を売却した。5月14日の昼に本決算を発表、指標毎の最終着地状況は下表の通りとなった。実績前期比会社…

  15. ジャパンマテリアル

    6055 ジャパンマテリアル 19年3月期本決算は35%増益、今期は微増

    6055 ジャパンマテリアル が5月14日の大引け後、2019年3月期の本決算を発表した。指標毎の最終着地状況は、下表の通りとなった。市場のコンセンサスも併…

  16. MS-Japan

    6539 MS-Japan 32%増益で増配、20年3月期も最高益予想

    6539 MS-Japan が5月9日の大引け後、2019年3月期の本決算を発表した。指標毎の最終着地状況は、下表の通りとなった。実績前期比会…

  17. ウェルビー

    6556 ウェルビー 41%増益、2020年3月期は23%増益予想

    6556 ウェルビー が昨日5月14日の大引け後、2019年3月期の本決算を発表した。指標毎の最終着地状況は、下表の通りとなった。市場のコンセンサスも併記。…

  18. アイ・アールジャパンホールディングス

    6035 IRJHD 大幅増益・増配・自社株買いでストップ高・・そして感動

    6035 アイアールジャパンホールディングス が本日5月14日の正午、2019年3月期の本決算を発表した。指標毎の最終着地状況は、下表の通りとなった。…

  19. JACリクルートメント

    2124 JACリクルートメント 大幅上昇で上場来高値更新、3,000円台達成

    2124 JACリクルートメント の株価が本日大幅上昇し、上場来高値を更新した。画像出所:YAHOO! JAPAN買い気配でスタートし、高値はストップ…

  20. 山田コンサルティンググループ

    4792 山田コンサルティンググループ ▲14%着地、20年3月期は25%増益予想

    4792 山田コンサルティンググループ が5月8日の大引け後、2019年3月期の本決算を発表した。指標毎の最終着地状況は、下表の通りとなった。市場のコンセン…

アクセスカウンター

  • 225 ・今日の訪問者数:
  • 222 ・昨日の訪問者数:
  • 1921 ・先週の訪問者数:

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

  1. ウェルネット

    2428 ウェルネット 2017年6月期・本決算発表
  2. アトラ

    6029 アトラ の株価上昇はいつか
  3. アイ・アールジャパンホールディングス

    6035 アイ・アールジャパンHD 株価 3,000円台達成
  4. 日本エス・エイチ・エル

    4327 日本SHL 2017年9月期・3Q決算発表
  5. JACリクルートメント

    2124 JACリクルートメント 18年12月期・3Q決算を発表、5%増益
PAGE TOP