ポートフォリオ全般

株主通信は大事なチャンス。 賢い経営者は疎かにはしない

中間決算や期末決算の結果が出ると、多くの企業で株主宛てに株主通信や事業報告書、
○○レポートといった文書を送付して来る。

PF銘柄について、株主通信類の送付状況とそのボリュームを下表にまとめてみた。

コード 銘柄名 株主通信 内容・特記事項
中間 期末 送付 サイト
2127 日本M&A × × × × 別途、広報誌(A4・8頁)を送付
サイトにも有り
2186 ソーバル 期末は20×20センチ、16頁
中間は簡易版
2317 システナ 期末は20×20センチ、16頁
中間は同12頁
2428 ウェルネト A4見開き6頁
サイトにPDFあるがリンク無し
3763 プロシップ × 20×20センチ、8頁
3817 SRA-HD 期末は20×20センチ、12頁
1Q・3Qも簡易版を送付
3844 コムチュア × A4・8頁
2016年迄は中間もあり
3910 MKシス × 20×20センチ、12頁
4327 日本SHL × × × ×
4746 東計電算 × × 20×20センチ、12頁
4792 山田コン 期末/中間 20×20センチ、16頁
6029 アトラ 期末/中間 20×10センチ、8頁
6032 インターW × A4・4頁、15・17年はあり
2016年はサイトに無し
6035 IRJ-HD 21×27センチ
期末は12頁、中間は8頁
6055 Jマテリア 期末は20×20センチ、12頁
中間も送付されそう
6061 ユニバ園 期末はA4・4頁
中間はA4・2頁に減少
6080 M&ACP × × × ×
6157 日進工具 × 期末を通過していないが
PDF内容から送付されそう
6161 エスティク × × × ×
6539 MS-Japan 期末はA4見開き6頁
中間決算はIPO後まだで不明
8876 リログルプ 期末・中間を通過していないが
PDF内容から送付されそう
8898 センチュ21 × 17年3月期末はサイトにPDFあり
以前は無し。送付されそう

◎:自分の実績あり
○:事実確認、又は可能性大
△:一部満たさず、又は不明
×:該当無し

結果は全22銘柄中、15銘柄で少なくとも期末については送付されている。

残りの内3銘柄は、投資後まだ期末を迎えていないため実績は無いものの、各サイトを確認した
限りでは直近の期末決算で発行されており、その内容から今後も送付される事が想定される。

残り4銘柄が、全く何も発行していない企業となる。

この内、日本M&Aセンターは別途活動内容の広報誌を年4回発行しており、四半期毎に同誌が送付
される様である。

そして残りが3社、日本SHL、M&Aキャピタルパートナーズ、エスティックとなっている。

皆さんは、株主通信の類いについてどの様な考えをお持ちだろうか。

株主優待がメインで、100株単位で数多くの企業を所有されている様な場合、もらってもゴミに
なるだけという方もいるだろう。

また、そんなものを受け取らなくても当該企業のサイトを見れば、もっと詳細な決算説明書や
成長可能性に関する報告書、投資家説明会の資料や動画等があるので、それらを閲覧すれば良い
という方もいると思う。

或いはそれすらも不要で、決算短信や有価証券報告書等の開示義務がある書類だけで事足りる
という方もいるだろう。

しかし私は、株主になったらその企業から株主宛の何らかの独自の冊子や報告書等をもらいたいと
考えている。

どの企業も同じ様式の決算短信や有価証券報告書等だけでなく、工夫を凝らしたその企業独自の、
報告書をほしいと思う。

実際に投資先企業から頂いたこれらの報告書は、全て保管してある。

物理的、時間的、経済的に株主総会に出席出来ない個人投資家にとって、経営者が今何を考え
今期をどの様な思いで活動し、その結果を踏まえて今後はどの様にしていくのかを理解する上で
それらは貴重な文書であると思う。

経営者は株主という大事なステークホルダーに自らの想いを平易に伝え、きちんと理解してもらう
様に努力する必要がある。

その想いを分かり易い文章や構成、デザインで表現して、メッセージとして株主に伝える事が
大事である。

そのためには、サイトに様々な文書を載せて理解を得てもらうのも大事だが、個人株主宛てに
法的に必要な決算報告・決議結果報告という郵送物を送付するというこの機会を活かして、
何らかのレポートを同梱するべきであると思う。

中間決算や期末決算の結果を知らせる封書が、配当金計算書や決議結果だけと人目でわかる様な
薄っぺらいものだと、ガッカリしてしまう。

株主優待のQUOカードが同梱されていたとしても、である。

経営者は、個人株主へ直接報告出来る、数少ない機会をきちんと活かすべきである。
個人株主への直接メッセージを発信しない企業は、零細個人株主を軽視しているのではと勘ぐって
しまうのである。

たかが株主通信、されど株主通信、である。
内容が丁寧で充実している企業は、株主の信頼を得るひとつの材料となり得るのだ。

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00095]

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 Twitter : 圭壱@長期投資

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

 詳細は ---> 管理人プロフィール

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

 ・2019年   5,988 万円 ( +43%+283%

  1. アイ・アールジャパンホールディングス

    6035 IRJHD 上場来高値更新で6,500円台、ダブルテンバガー達成
  2. ウェルビー

    6556 ウェルビー 20年3月期・1Q決算は24%増益、店舗展開は順調
  3. ポートフォリオ月間状況

    ポートフォリオ状況 (17/09/01)
  4. ウェルビー

    6556 ウェルビー 41%増益、2020年3月期は23%増益予想
  5. ポートフォリオ全般

    四半期決算総括 まずまずの結果に安堵
PAGE TOP