ユニバーサル園芸社

6061 ユニバーサル園芸社 がモーニングサテライトに登場

6061 ユニバーサル園芸社 が本日10月12日放送のモーニングサテライトのコーポレートサーチ
コーナーで採り上げられた。


画像出所:テレビ東京

・冒頭は森坂社長が登場し、熱く語る。
 「世界一の園芸家になる。出来ると思っている。」
 「そのためには、社員が重要である。」

・次に、グリーンレンタル業務についての紹介。
 ある契約企業のオフィスが映し出され、レンタルしている観葉植物の
 月2回メンテナンス込み費用が紹介される。

・ナレーションが入る。
 「企業へのグリーンレンタルは現在、現在1万社と契約。」
 「グリーンにこだわるベンチャー企業からの契約が多い。」

・次に、商用施設についても力を入れている事を紹介。
 「30種類の観葉植物を手がけている。」

・社員についてのナレーション。
 「社員は、園芸装飾技能士の資格保有者がほとんどを占める。」
 「社内検定制度があり、7つの階級で分けてランキングしている。」
 「仕事内容の難易度に応じて、適切な人員を割り当てられる。」

・ある社員が映し出される。
 「自分のやりたい事が出来るので、やり甲斐があります。」と語る。

・最後のナレーション。
 「2年前、米社を買収。」
 「今後は今まで培った技術を活かし、将来は世界に進出していく。」

・紹介は以上で終わり、最後は佐々木キャスターのコメントで締める。
 「現在、米国と中国に子会社を持っているそうです。」
 「現在の海外売上比率は25%で、将来は50%まで引き上げたいそうです。」

時間にしてほんの数分程度であるが、同社の良さと今後の成長意思が良く伝わったのではないか。

放送が功を奏したか本日の取引は高く始まり、終値でも前日比 89円高と買いが集まった様である。
新たなファンが増えたのであれば嬉しい。

四季報秋号では見出し【緩慢】【混乱】と題され、ネガティブな書き方をされている同社であるが
これは記者のインタビューに社長が正直に話したら、そのまま書かれた様である。

成長過渡期には一時的な業績の頭打ちは付きものであり、勝手を得ない外国に進出すれば、一時的
に社内管理が追いつかないケースもあるだろう。

何れも将来的に成長するための一時的な乗り越えるべき壁であり、次回はぜひ少しでも良い書き方
をしてもらえる様になってほしい。

本日の放送での宣言を有言実行して頂き、世界進出を果たす日を楽しみに今後も長期で投資を
続けて行きたい。

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00096]

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アクセスカウンター

  • 93 ・今日の訪問者数:
  • 237 ・昨日の訪問者数:
  • 1737 ・先週の訪問者数:

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

  1. システナ

    2317 システナ が 3853 インフォテリア とパートナー契約を締結
  2. MS-Japan

    6539 MS-Japan 2018年3月期・1Q決算発表
  3. インターワークス

    6032 インターワークス 「ドライバータイムズ」 をリリース
  4. M&Aキャピタルパートナーズ

    6080 M&Aキャピタルパートナーズ 18年9月期は減益も、来期は…
  5. コムチュア

    3844 コムチュア 18年10月18日以来7ヶ月振りの終値 4,500円台復活…
PAGE TOP