ポートフォリオ全般

M&A関連銘柄が波乱の展開に。さてどうする?

昨日7月30日より、M&A関連銘柄の株価が波乱の展開になっている。

PF外ではあるが 6196 ストライク を加えた、関連4銘柄の決算発表における純利益の前期比と
株価の動きを下表に纏めてみた。

日付 M&ACP 日本M&Aセンター ストライク IRJHD
決算 株価 決算 株価 株価 決算 株価
2018年7月27日 ▲10.5%
2018年7月30日 ▲1,500円 ▲24.0% ▲105円 ▲125円 ▲335円
2018年7月31日 ▲1,090円 ▲384円 ▲325円 +19.3% +375円

引き金となったのは、先週27日に発表された 6080 M&Aキャピタルパートナーズ の3Q決算が
▲10.5%と予想外の減益で着地した事である。

この結果を受けて、週明け30日の取引では同社株式は ▲1,500円とストップ安に。

そしてこの決算結果と値動きを見て、マーケットは動揺。
連想売りによって、関連銘柄が一斉に売られてしまった。

2127 日本M&Aセンター は大引け後の15時に1Q決算の発表を控えていたが、市場は不安視して
株価は ▲105円となった。 そして大引け後に発表された1Q決算も、まさかの ▲24.0%に。

M&Aキャピタルパートナーズ によるとばっちりを受けたのが、6196 ストライク。
当日IRの予定は何も無かったが、株価は ▲125円と下落。

6035 アイ・アールジャパンホールディングス は翌日31日の昼に1Q決算発表を控えていたが、
これまで大きく上昇してきた事もあり、株価は一気に ▲335円と大きく下落。

 
そして本日。

M&Aキャピタルパートナーズ は 日本M&Aセンター の減益着地を見て負の連鎖で更に売られ、
前日のストップ安に続いて ▲1,090円と大幅安に。

当の 日本M&Aセンター も、減益を受けて負けずと ▲384円の大幅な下げ。

ここで最大のとばっちりを受けたのは ストライク で、何と ▲325円の大幅安に。
両社の決算とその後の値動きの負のスパイラルで、何も悪くないのに被害者に。

アイ・アールジャパンホールディングス も前場はマイナス圏を彷徨っていたが、正午に
発表された1Q決算が +19.3%で着地し、同時に株式分割(1:2)が発表された事で最後に
+375円 と大幅高になった。

M&A関連事業は将来に亘って有望と判断しており、その成長には大きな期待を持っている。

市場の期待も大きく、今回の様に増益での着地が当たり前の中で1度に2社が減益となった事で
マーケットは大きく反応した。

最後の アイ・アールジャパンホールディングス の良い結果には素直に反応してくれた事が
せめてもの救いである。

明日以降、マーケットは落ち着きを取り戻して効率的になってくれるだろうか。
マーケットにはその力があると信じたい。

長い投資期間の中には、この様な激しいダウンサイドに必ず遭遇する。

長期投資家として、これからも冷静に対応して行きたい。
私はこの2日間、投資する3銘柄とも100株たりとも売却はしていない。

今後も売却はせず、その成長を信じて長期で見守って行く予定である。

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00294]

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 Twitter : 圭壱@長期投資

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

 詳細は ---> 管理人プロフィール

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

 ・2019年   5,988 万円 ( +43%+283%

  1. アトラ

    6029 アトラ 下方修正でさようなら
  2. ポートフォリオ全般

    証券口座残高が 9,300万円、含み益が 6,000万円台に到達
  3. 東計電算

    4746 東計電算 株価 3,000円台達成
  4. ポートフォリオ年間状況

    ポートフォリオ年間状況 (2019年) 大量損切りも、含み益は順調増加
  5. ヨシムラ・フード・ホールディングス

    PF3銘柄が日経マネー買いベスト6に。2884 ヨシムラ・F・HDに妙味
PAGE TOP