割切投資

[割切投資] 1銘柄は上昇も、1銘柄は大幅下落で玉砕

決算発表を受けた、インフォマート および エイジス の株価の反応について記載する。

・投資 No.002号(2492 インフォマート)


画像出所:YAHOO! JAPAN

 決算発表前の昨日も下落したが、本日も予想に反して ▲11%超の大幅下落となってしまった。

 決算発表後の上昇を想定していたが、その目論見は脆くも崩れ去った。
 やはり高PER銘柄、相当の決算を織り込み済であった様である。

 高PERの決算跨ぎは非常にリスクが大きいというのを、今回身銭を切って学んだ。
 しかし、流石にここで早期退散というのもチト悔しいので粘って見ることにする。

 ここまで下がると、容易には騰がらないだろう。 長いお付き合いになりそうである。
  
・投資 No.003号(4659 エイジス)


画像出所:YAHOO! JAPAN

上昇はしたものの、その率は5%にも届かなかった。
中々難しいものである。

こちらは明日以降、少しずつ切り騰がっていく事を期待したい。

PF全体の、本日時点の評価損益は下記の通りとなった。


画像出所:YAHOO! JAPAN

やはり、インフォマート の下げが大きくPF全体として4%近い含み損となってしまった。
この銘柄が反転する事が、全体としての含み益への転換には条件となりそうである。

中々厳しいスタートとなったが、インフォマートの事業そのものには期待出来ると考えている。
少し時間がかかりそうであるが、ここは動かず様子を見ようと思う。

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00296]

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 Twitter : 圭壱@長期投資

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

 詳細は ---> 管理人プロフィール

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

 ・2019年   5,988 万円 ( +43%+283%

  1. 割切投資

    [割切投資] 6080 M&Aキャピタルパートナーズ に新規投資
  2. ソーバル

    2186 ソーバル 株価 1,500円台と3.5バガー達成
  3. 東計電算

    4746 東計電算 本決算は15%増益。配当を更に上乗せ
  4. ウェルビー

    6556 ウェルビー 20年3月期・3Qは23%増益、市場は好反応
  5. プロシップ

    3763 プロシップ 1Q決算は大幅増収も、退職金負担で38%減益
PAGE TOP