エムケイシステム

3910 エムケイシステム を全て売却

本日8月20日、保有していた 3910 エムケイシステム の株式 1,000株を全て売却した。

<投資結果>
 ・買い  : 1,740円 ×  500株 = 870,000円 (2015年12月)
 ・売り  :  700円 × 1,000株 = 700,000円 (株式2分割後)
 ・損失率 : ▲19.5%

投資後から本日までの、株価の動きについて。
同社株式の週足チャートおよび四半期決算における純利益の推移は、下記の通りである。


画像出所:YAHOO! JAPAN

※ 純利益の前年同期間比が記載されていないものは進捗率を記載。

株価が2015年7月の上場来高値から落ちてくる所を、2015年12月に分割前換算 1,740円で投資。
しかしその後も下落を続け、2016年2月にようやく反転。

2017年5月からはようやく安定して含み益となったが、今年5月に発表された今期の純利益予想が
前期比で ▲0.4%となった事で株価は大きく下落。

そして6月には、追い打ちをかける様にライセンス費用の過年度追加支払と決算訂正を発表。
また8月に入り発表された1Q決算も、純利益ベースで ▲5.60億円と遂に赤字に転落。

会社は今期の通期予想を変更していないが、未達の懸念が残る。
下方修正が発表される前に、売却した方が良いと判断した。

CuBe事業を営む子会社BNCののれん償却額が重く、今の所は高い買い物になってしまっている。
それに加えて、必要なライセンス費用をずっと支払っていなかったというお粗末な問題の露呈。

一体何をやっているのか、という感じである。

株価は今が大底なのかもしれないが、2Q以降の決算着地に不安があり、マイナスサプライズだと
更に下がる可能性もある。

何れ業績の回復と共に株価も再び上昇する時が来るだろうが、非常に時間が掛かると感じており
他に投資したい成長銘柄もあるため、売却して乗り換えた方が得策であると判断した。

これまで同社には期待して2年半以上投資を続けており、この様な結果になるのは残念ではあるが
決断すべき時が来たと思い、実行に移した。

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00319]

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 Twitter : 圭壱@長期投資

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

 詳細は ---> 管理人プロフィール

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

 ・2019年   5,988 万円 ( +43%+283%

  1. DMソリューションズ

    6549 DMソリューションズ 2019年3月期・2Q決算を発表、29%増益
  2. ウェルネット

    2428 ウェルネット 19年6月期・1Q決算を発表、3年後のゴールを期待
  3. 割切投資

    [割切投資] 投資No.001 ~ 003号を約定、銘柄名を公表
  4. MS-Japan

    6539 MS-Japan 2020年3月期・3Qは15%増益、株価は下落
  5. 投資のススメ

    株式投資と不動産投資、どちらが良いのか?
PAGE TOP