アトラ

6029 アトラ 株主優待と純利益上方修正で再び上昇トレンド入り?

6029 アトラ が株主優待の実施と特別利益の計上による通期純利益の上方修正を発表。

1.株主優待の実施(8月7日の大引け後発表)

 2018年12月末時点の100株以上の株主に対して、一律に 4,000円相当のヘルスケアグッズや
 健康食品を贈呈。

2.特別利益の計上による通期業績予想の上方修正(8月22日の大引け後発表)

 指標毎の修正状況は、下表の通りとなった。

前回予想 今回予想 増減額 増減率
売上高 43.00億円 43.00億円 ±0億円 ±0%
営業利益 4.5億円 4.5億円 ±0億円 ±0%
経常利益 4.6億円 4.6億円 ±0億円 ±0%
純利益 3.03億円 6.33億円 3.30億円 +108.9%

 特別利益の発生は、資本業務提携を進め保有していた株式会社 Phone Appli の株式を
 NTTコミュニケーションズ株式会社に全て売却するためとしている。

 同社が、NTTコミュニケーションズ株式会社の連結子会社となる予定となった事を受けての
 措置としている。

 
株主優待は継続的なものではなく、今回限りの実施となる。
同社は過去IPO後にも、1回のみの株主優待を実施している。

あまり、株主優待を継続的に行う考えはないのかもしれない。

Phone Appli の全株式売却については、継続保有するという結論には至らなかった様だ。

どこまでの提携効果を見込んでいたのかは不明であるが、他社の傘下に入った状態では
キャピタルゲインを得た方が良いとの結論に達している。

もしかすると今後も出資を進め、将来的に傘下に収める事までを視野に入れていたのであろうか。
今期純利益の倍増という結果は良いが、継続保有していた場合の将来的な価値も気になる所である。

アトラがこれまでに実施した、業務提携や出資について。

・複数の機材製造・輸入・販売会社との独占販売契約
・経営者の確定申告を委託するための業務提携(6027 弁護士ドットコム)
・フィットネスクラブ運営会社との業務提携
・療養費一時立て替えのための貸金業登録(2018年2月に子会社化、アトラファイナンス)
・鍼灸接骨院の設計建築に向けた業務提携(6085 アーキテクツ・スタジオ・ジャパン)
・IT先端技術を持つ企業との提携および出資 → 今回、この内の1社の株式を売却
・生体情報を取得するウェアラブルIoT製品の開発に向けた専門会社(ミツフジ)との業務提携
・相互製品販売のための業務提携(3180 ビューティガレージ)
・介護関連事業を営む子会社(アトラケア)の設立

様々な先行投資を実行しており、今後の業績への寄与としての回収フェーズが楽しみである。

 
今回の一連の発表を受けた、昨日までの株価について。
同社株式の日足チャートと、四半期決算における純利益の推移を表示したのが下記の図である。


チャート出所:YAHOO! JAPAN by WORKS TECHNOLOGY

株価は7月5日に付けた 627円を底に反発し、800円台に乗せた所で今回の発表で上下に動いている。
中期的には少しずつ右肩上がりの雰囲気となっており、今後の推移に期待したい。

今回の上方修正は直接本業とは関係ないが、投資の先見性が伺い知れる。
本業も昇り調子となっており、3Qから4Qにかけてもう一回は上方修正があるのではと考えている。

再び株価4ケタ奪取と今回こそはその持続に向けて、段々と地固めが出来つつあるのではと期待している。
今後の業績と株価の推移が、今から非常に楽しみである。

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00322]

コメント

  • コメント (4)

  • トラックバックは利用できません。

    • 薄利多売
    • 2018年 8月 25日

    落ちるナイフを760円で掴んで底値までダイブし、800円で手仕舞いしました。1000円戻るまで掴んでいるつもりでしたが、信用銘柄なのに不意に強く売られたり、好材料にあからさまな売りを仕掛けたりする動きが多かったです。

      • 圭壱
      • 2018年 8月 26日

      薄利多売さん、こんにちは。

      760円・・・21日か22日に仕込み直ぐに手仕舞ったという事ですね。
      私には中々出来ない芸当です。
      横目で見ながら、そしてブログに記事を書き綴りながら、○,000円になっても保有しているのだと思います。

    • 薄利多売
    • 2018年 8月 26日

    いえいえ、落ちている最中の6/13に770円、6/15に750円ですよ。そこから底値まで付き合ったので。。。
    2か月以上毎日眺めて、どうも値動きが怪しかったので最後は夕方のPTSを絡めて手仕舞いしましたが、その晩に優待が発表されるというタイミング。
    別銘柄ですが先週木曜に7600日本MDMを手仕舞ったら、その晩に材料が出て金曜にs高しました。
    どうも売るタイミングに呪われています。

      • 圭壱
      • 2018年 8月 27日

      薄利多売さん、今晩は。
      あ、すみません失礼致しました。
      下がって行く時は中々シビれますね。
      やはり短期で売るのはそのタイミングが難しいですね・・・
      売って次の日にストップ高・・・「たら」「れば」ですが、私ならショックが長引きます。

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 Twitter : 圭壱@長期投資

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

 詳細は ---> 管理人プロフィール

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

  1. 日本M&Aセンター

    2127 日本M&Aセンター 2019年3月期・1Q決算を発表、24%…
  2. アイ・アールジャパンホールディングス

    6035 IRJHD 株価逆行高で +405円、 4,000円台達成
  3. MS-Japan

    6539 MS-Japan 2Qは16%増益、ビジネス領域の拡大に期待
  4. 山田コンサルティンググループ

    4792 山田コンサルティンググループ ▲14%着地、20年3月期は25%増益予…
  5. 割切投資

    [割切投資] 投資No.001 ~ 003号を本日発注
PAGE TOP