ウェルビー

6556 ウェルビー への新規投資

本日、6556 ウェルビー に新規で投資した。
投資株数は300株、トータルで81万円強の投資である。

同社は、様々な障がいや発達の遅れ(知的・精神・発達・身体)を持つ方を対象とした、
総合福祉サービスを営んでいる。

具体的には、

・就労年齢者を対象とした、就労移行支援(ウェルビー)
・乳幼児~子供を対象とした、生活や発達の支援(ハビー)
・小中高生を対象とした、放課後等デイサービス(ハビープラス)

を運営している。

同社のWebサイトに、大田社長の想いが語られていた。

・人は仕事を通じて成長し、生きがいも感じると痛感してきた。
・自分にとって、仕事をする事は生きる事である。
・生きがいとは自分だけではなく、人を喜ばせる為に何かをすること。
・そして、障がいを理由に就職をあきらめている方々にも、仕事をする喜びを感じて
 もらいたい、生きがいを感じてもらいたいと強く思った。

そして、

・1人でも多くの障がい者の方に、成長と活躍の場を提供したい。
・ボランティアではなく事業として 、障がい者の方を支援したい。
・その想いで、社会問題をビジネスで解決するソーシャル事業を起業した。

私は大田社長の想いに賛同し、僅かばかりではあるが同社に出資する事でささやかながら応援し、
障がいを持つ方々の役に立つ事が出来ればと考え、同社に投資する事とした。

次に、投資観点で同社を見てみよう。

同社は、この10月5日に東証マザーズにIPOしたばかりの会社である。
設立も2011年12月であり、まだ満6年を迎えていない若い会社である。

そして、直近の業績は下図の様になっている。



画像出所:96ut.kabu

非常に若い企業らしく、業績の伸びが人目でわかるグラフである。

今期の第1四半期の決算も成長を感じさせてくれるものとなっており、通期の会社予想に対して
問題の無い進捗となっている。

財務的には、

 ・自己資本率  : 31%
 ・フリーCF  : 3億円
 ・現金同等物  : 8億円
 ・有利子負債  : 7億円

となっており、これからの成長企業ならではである。

また同社の日足チャートと、運営する事業所および教室の展開状況は下図の通りである。


チャート出所:YAHOO! JAPAN by WORKS TECHNOLOGY
画像出所:ウェルビー株式会社

チャートといっても、新規公開後まだ13営業日しか経っていないためローソク足も13本のみと
なっている。 そして株価は現在、絶賛下落中である。

施設数は、就労移行支援(ウェルビー)は56箇所、幼児教室(ハビー)と小学生以上デイ(ハビープラス)
は1都3件に合計で13箇所である。

何れも、今後の展開が成長の鍵を握っている。

株価は、現在の価格で今期予想EPSに対するPERは、約40倍である。
これを高いと見るか、妥当と見るかは判断が難しい。

上記の成長性を勘案すれば或いは妥当と言えるのかもしれないが、何れにしろ新規公開した
ばかりであり、今後株価がどこに向かっているのかは、私には皆目わからない。

従って、ここから更に下げ続けて半値レベルになることも、十分に考えられる。

投資に当たっては、その辺りのリスクは十分に承知の上で、今回の投資に踏み切っている。

これまでの様々な投資経験から、リスク耐性はそれなりにある方だと自己を分析しており、
もし半値以下になっても投げる事なく、長期的に成長を見守るつもりである。

尚、今期(2018年3月期)は期末配当を予定しており、14円を予定。

自社サイトには、配当性向は 20%を目標にする事が記載されているが、今期の予想EPSは
69.89円であり、キッチリ守ってきている。

これから暫くは、株価はその妥当位置を探して模索していく事になる。

最終的な底値がどの位置になるのかは見当も付かないが、その先は成長に伴う企業価値を
少しずつ織り込んでいく事になると見ている。

同社が今後、障がいのある多くの方の様々な支援を通じて世の中に広く貢献し、それにより
私の投じた資本が間接的に貢献できれば、投資家として大変意義がある事だと思う。

世の中の為になること、そして今後の同社の大きな成長に伴い、今回の買値に対する配当
利回りの上昇と含み益の増大をも夢見て、これから長期で投資を続けて行く予定である。

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00102]

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 Twitter : 圭壱@長期投資

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

 詳細は ---> 管理人プロフィール

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

 ・2019年   5,988 万円 ( +43%+283%

  1. 日本M&Aセンター

    2127 日本M&Aセンター 2018年3月期・2Q決算を上方修正
  2. エムケイシステム

    3910 エムケイシステム 株式分割と増配を発表
  3. エムケイシステム

    3910 エムケイシステム 19年3月期・1Q決算を発表、最終赤字に転落
  4. システナ

    2317 システナ Pepper による 『歩いてご案内』 が住宅ギャラリーで採…
  5. 山田コンサルティンググループ

    4792 山田コンサルティンググループ 株式分割を発表
PAGE TOP