投資方針

投資の目的

投資目的を整理すると、次の3点となる。

<目的1> 投資先企業を通した社会貢献

資本主義社会では、株式会社となった企業には株主が必要である。
株主になるという事は、その会社に出資して活動を見守り、議決権を行使して
企業の目的が計画通り達成出来る様に導くという事である。

営利企業の目的とは利益を出す、ステークホルダーを幸せにする、社会に貢献する
といった事であろう。

株主になるという事は、投資先企業の活動成果を通して、最終的にはその企業が
影響する範囲で社会に貢献するという事である。

自分の持ち得る資本の範囲で、より社会に貢献するであろう企業を選定し、
微力ではあるが社会に貢献して行きたい。

<目的2> 投資資本の成長による豊かな生活の実現

こちらは現実的な問題である。

2人の子供の大学生活(実現前提)と60歳定年が重なっている。
そして勤務先には、いわゆる退職一時金制度が無い。
但し再雇用の上、65歳(2017年現在)までは継続して働ける。

心もとない年金制度を鑑みると、サラリーマン人生の最終ゴールに向けて
上記現状を踏まえた資産形成が必須となる。

寿命人生を全うするまでの必要老後資金の試算額は識者により見解が別れ、
もはや幾らあれば安心なのかはわからない。

現時点で一生懸命試算してもその時の情勢によっては全く意味の無い数字に
なるかもしれないし、日本の債務状況を鑑みた国債相場等、
ちゃぶ台返しの可能性は幾らでもある。

従って、目的である 「豊かな生活の実現」 には幾ら必要なのかは無理に設定せず
日本で生活する以上、日本で成長する企業に投資し続ければ、その成果として
豊かな生活を実現できるとしたい。

(2017年9月10日追記)

<目的3> そして経済的自由人へ

上記2つの目標を達成後、そのレベルを昇華させる事で自分なりの”経済的自由人” を達成する。

これを最終的な目的としたい。

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00003]

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 Twitter : 圭壱@長期投資

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

 詳細は ---> 管理人プロフィール

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

 ・2019年   5,988 万円 ( +43%+283%

  1. ソーバル

    2186 ソーバル 20年2月期は4%増益、今期は1%増益予想
  2. リログループ

    8876 リログループ 19年3月期は20%増益、新中計を発表
  3. アイ・アールジャパンホールディングス

    6035 IRJHD 上場来高値更新で一時5,000円台、15バガー達成
  4. ポートフォリオ全般

    9月末配当・権利落ち銘柄の値動き
  5. ジャパンマテリアル

    6055 ジャパンマテリアル 20年3月期2Qは25%減益だが、市場は評価
PAGE TOP