ジャパンマテリアル

6055 ジャパンマテリアル 株価 3,000円台達成

今月2日から始まった日経225の17連騰が幻となった本日10月25日、6055 ジャパンマテリアル の
株価が実質的な上場来高値 3,105円を付けて 3,080円で引け、終値で初の 3,000円台を達成した。

下図は、同社の週足チャートおよび四半期決算における純利益の推移を表したものである。


チャート出所:YAHOO! JAPAN by WORKS TECHNOLOGY

株価は9月19日にザラ場高値で 2,999円まであったものの、その後は調整を続け中々 3,000円に
到達しなかったが、本日その壁を突き抜けた。

昨日10月24日に 6502 東芝 の臨時株主総会が開催され、子会社である東芝メモリを米ファンドの
ベインキャピタルが主導する “日米韓連合” に 売却する議案が可決されている。

売却による今期末時点での債務超過解消と、東芝メモリの嫁ぎ先確定に向けて一歩前進した事が、
或いは好感されたのかもしれない。

株価は私が購入した2017年2月以降は大きく下がる事なく、4月中旬まで揉み合った後は2017年9月
中旬まで途中調整を挟みながら、3,000円手前まで後半は加速しながら上昇してきた。

前々期からの各四半期決算は前年同期間比で常に増益を続けており、今期まで3期連続して通期の
上方修正が発表されるなど、好調である。

今期残りもその旺盛な需要により、堅調な業績で推移すると思われる。

11月8日に発表される2Q決算は、今月19日に上方修正された数字に対しどの位の数字で着地するのか
今から非常に楽しみである。

半導体の需要が益々高まる今後に向けて、長期的に大きく成長を続けていくと確信しており、
引き続き長期で投資を続けて行く。

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00103]

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 Twitter : 圭壱@長期投資

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

 詳細は ---> 管理人プロフィール

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

 ・2019年   5,988 万円 ( +43%+283%

  1. 日本M&Aセンター

    2127 日本M&Aセンター 株価 5,000円台達成
  2. ウェルビー

    6556 ウェルビー 20年3月期・1Q決算は24%増益、店舗展開は順調
  3. ウェルネット

    2428 ウェルネット 2018年6月期・1Q決算発表
  4. 投資方針

    握力強化のため、株価の未来を想像する
  5. アイ・アールジャパンホールディングス

    6035 アイ・アールジャパンホールディングス 2018年3月期・1Q決算発表
PAGE TOP