システナ

2317 システナ 2018年3月期・2Q決算発表

2317 システナ が本日10月26日の大引け後、2018年3月期の第2四半期決算を発表した。

指標毎の状況は、下表の通りとなった。

実績 前期比 通期予想 進捗率
売上高 251.5億円 +15.9% 492.5億円 +51%
営業利益 21.7億円 +28.5% 44.0億円 +49%
経常利益 21.7億円 +33.3% 44.1億円 +49%
純利益 15.3億円 +44.9% 30.1億円 +51%

ソリューションデザイン(車載/インフラ/ネット/スマデバ/ロボット/AI)は1Qは減益だったが、
今回は11%の増益であった。

ITサービス事業(サポート/インフラ構築/トレーニング/セキュリティ教育等)も28%の増益となった。

ソリューション営業(IT商品の法人販売と外資・中堅企業向けSI)はクラウドと絡むモバイル端末の
リプレース案件増大やアプリ開発の一括案件受注等により、49%の増益を達成した。

これらにより、純利益は前年同期間比で44.9%の増益を達成した。
進捗率も51%と、売上高と共にきっちり半分を稼いでオンスケに乗せて来ている。

下期も好調な実績を維持しつつ、更なる高みに向けて努力を積み重ねて頂き、通期での期初予想の
達成に加え上方修正を現実のものとしてほしい。

今後も成長そして飛躍を願って、継続して投資を続けて行きたい。

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00105]

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アクセスカウンター

  • 265 ・今日の訪問者数:
  • 289 ・昨日の訪問者数:
  • 2182 ・先週の訪問者数:

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

  1. 山田コンサルティンググループ

    4792 山田コンサルティンググループ 売られすぎの反騰開始?
  2. ジャパンマテリアル

    6055 ジャパンマテリアル 2018年3月期・1Q決算発表
  3. 日本M&Aセンター

    2127 日本M&Aセンター Forbes25位に(日本企業は7社ラン…
  4. ポートフォリオ月間状況

    ポートフォリオ状況 (18/07/06) ~増資後も5%減で成す術なし~
  5. コムチュア

    3844 コムチュア 遂に株価トレンド反転か?
PAGE TOP