日進工具

6157日進工具 2018年3月期・2Q決算発表

6157 日進工具 が本日10月31日の大引け後、2018年3月期の第2四半期決算を発表した。
また併せて、通期予想の上方修正を発表した。

指標毎の最終着地状況は、下表の通りとなった。

実績 前期比 通期予想 進捗率
売上高 46.8億円 +6.0% 92.4億円 +50%
営業利益 12.2億円 +10.5% 22.9億円 +53%
経常利益 12.4億円 +11.0% 23.1億円 +53%
純利益 9.0億円 +20.8% 16.3億円 +55%

通期予想は全指標で上方修正し、売上高 +1.2%、純利益 +5.2%となった。
8月に引き続き、2回目の修正である。

売上高は 6.0%増だが、純利益は 20.8%増と、高い伸び率で着地した。 製品を取り巻く外部環境も
その主要な需要先状況が自動車は国内新車販売が底堅く推移し、輸出も持ち直した。

また電子部品関連も、新型スマホ向けやITサイクル改善により順調に推移。
半導体製造装置等も忙しい状況へと変化した。

これらにより、超硬小径エンドミルの需要が順調に推移したためとしている。
今後も外部の良好な環境を活かして効率的な生産・販売を行い、今期の更なる業績達成に向けて
突き進んでほしい。

類い希な技術を持つ同社に、今後も期待しながら投資を続けて行く。

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00114]

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 Twitter : 圭壱@長期投資

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

 詳細は ---> 管理人プロフィール

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

 ・2019年   5,988 万円 ( +43%+283%

  1. コムチュア

    3844 コムチュア 2019年3月期・1Q決算を発表、91%増益
  2. M&Aキャピタルパートナーズ

    6080 M&Aキャピタルパートナーズ 2017年9月期・本決算発表…
  3. ソーバル

    2186 ソーバル から株主通信、 進む変化に期待が膨らむ
  4. インターワークス

    6032 インターワークス を売却、45%の損失確定
  5. 投資全般

    2019年の日本株相場は今後どうなる?
PAGE TOP