MS-Japan

6539 MS-Japan 2018年3月期・2Q決算と立会外分売を発表

6539 MS-Japan が本日11月1日の大引け後、2018年3月期の第2四半期決算を発表した。
また併せて、株式の立会外分売を発表した。

指標毎の最終着地状況は、下表の通りとなった。

実績 前期比 通期予想 進捗率
売上高 14.8億円 +24.9% 29.7億円 +49%
営業利益 4.8億円 +4.2% 10.0億円 +47%
経常利益 6.0億円 +30.6% 10.8億円 +55%
純利益 4.3億円 +23.4% 7.8億円 +54%

売上高は約 50%の増収、純利益も 54%増益と大変好調な決算となった。
期待していた以上の数字での着地となり、素直に嬉しい。

会計事務所など専門組織への人材紹介は引き続き堅調に推移し、一般企業の管理部門への人材紹介も
上場準備中の企業や働き方改革に伴う人員補強等のニーズを捉え、売上高の上昇に繋がった様である。

人材紹介サービスの新規登録者も前年同期比で26.3%増と増え、年間計画数に対して 53.6%の進捗率を
達成している。

同時に発表された株式の立会外分売は、10月10日に東証市場第一部への市場変更申請を出しており
この要件を満たすために 150,000株を予定している。

私は知らなかったが、既に市場一部への変更を申請していた様である。

下期もこの数字を更に上回る実績を上げて頂き、通期での上方修正となる様に業務に邁進してほしい。

東証1部への指定替えと、その後の長期的な業績の成長を見据え、今後も継続して投資を続けて行きたい。

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00116]

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アクセスカウンター

  • 93 ・今日の訪問者数:
  • 237 ・昨日の訪問者数:
  • 1737 ・先週の訪問者数:

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

  1. 山田コンサルティンググループ

    4792 山田コンサルティンググループ 株式分割を発表
  2. M&Aキャピタルパートナーズ

    6080 M&Aキャピタル・パートナーズ 19年9月期・1Q決算は85…
  3. リログループ

    8876 リログループ 2019年3月期・3Q決算は 24%増益
  4. アイ・アールジャパンホールディングス

    6035 アイアールジャパンHD から株主通信。 ~整いました~
  5. ポートフォリオ月間状況

    ポートフォリオ状況 (19/09/06) マザーズにも負け、5,000万円台か…
PAGE TOP