ジャパンマテリアル

6055 ジャパンマテリアル 2018年3月期・2Q決算発表

6055 ジャパンマテリアル が本日11月8日の大引け後、2018年3月期の第2四半期決算を発表した。

指標毎の最終着地状況は、下表の通りとなった。

実績 前期比 通期予想 進捗率
売上高 119.4億円 +8.7% 260.0億円 +45%
営業利益 26.3億円 +8.7% 55.0億円 +47%
経常利益 26.5億円 +11.8% 55.0億円 +48%
純利益 18.1億円 +17.8% 37.0億円 +49%

半導体市場はIoT普及によるデータサーバー向けの増加やスマートフォンの大容量化が需要を牽引。
NAND型フラッシュメモリ不足の状況が継続した。

この状況下で、半導体工場の積極的な設備投資が継続し、イニシャル部門は堅調に推移した。

また、オペレーション部門はNAND型フラッシュメモリの生産に伴い、国内・海外とも順調に推移した。

グラフィックソリューション事業は、産業用グラフィックボードの販売減少により、全体の売上高は
減少となった。

全般的にメモリ需要が高止まりしており、顧客の新規設備投資に伴う特殊ガスの供給装置販売や
特殊ガス供給配管設計施工が堅調である。

また、日々の生産活動に伴う特殊ガス販売、半導体製造装置保守、オンサイト事業も順調である。
この結果、売上高は 8.7%増収、純利益は 17.8%の増益となった。

市場のコンセンサスとはほぼ一致している様であるが、ここ5営業日ほどは本日の終値である 3,360円
程度で高止まりしている株価は明日、どの様な反応をみせるのだろうか。

今後も引き続き、半導体の需要は逼迫すると予想され同社のビジネスも順調に推移すると考えている。

下期も引き続き業務に邁進してもらい、10月に続いて通期予想の上方修正に結び付けてほしい。
引き続き、長期で投資を続けて行きたい。

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00124]

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 Twitter : 圭壱@長期投資

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

 詳細は ---> 管理人プロフィール

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

 ・2019年   5,988 万円 ( +43%+283%

  1. アビスト

    6087 アビスト 2019年9月期・1Q決算を発表、3%増益
  2. 日本M&Aセンター

    2127 日本M&Aセンター への株式投資
  3. 日本エス・エイチ・エル

    4327 日本SHL 2019年9月期・2Q決算を発表、30%増益
  4. エスティック

    6161 エスティック 軟調相場の中、ストップ高で 5,600円台と3バガー達成…
  5. 山田コンサルティンググループ

    4792 山田コンサルティンググループ 1Q決算は ・・・ サボッてたの?
PAGE TOP