ユニバーサル園芸社

6061 ユニバーサル園芸社 が日経マネーに記載

6061 ユニバーサル園芸社 が、日経マネー2017年9月号の「クローズアップ企業」
コーナーに登場している。

記事を要約すると、下記の通り。

・この5年間で売上高が約2倍になるなど、急成長を続けている。
・業界トップ級の同社でもシェアは 5%程度にとどまり、拡大余地がある。
・強みは全国規模の配送ネットワーク等、規模を活かした総合力。
・現在 1万件のレンタルグリーン契約件数を、年間 3~500件程度増やす。
・成長投資を継続しつつも、現状 20%の部門利益率は維持したい。
・M&Aで海外事業。 15年に米社を買収、16年に同社は2社から事業譲受。
・今後も、積極的に海外のM&A案件を探して行く。
・国内の個人向け小売店を大小様々な業態で展開。 「the Farm」が好調。
・個人向けガーデニング「おにわのそうだんしつ」も需要が大きく成長期待。
・2020年までの中期経営目標で、毎年2桁の売上成長を掲げている。
・新規事業を興しつつも、全体では現状の経常利益率(13%)は維持したい。
・M&A案件次第で、2020年に売上高100億円、経常利益13億円を実現。
・そして、東証1部への昇格が目標。
・当面は成長を優先するが、現状の配当性向 20%は毎年少しずつ増配。
・2017年から、QUOカードの株主優待を年3,000円相当に拡充している。

2ページという制約の中で、中々良くまとまって書かれている。

紙面上に「M&A」という単語が5カ所に出てきている。
強い成長志向である事が読者に伝わるのではないか。
新たなファン、長期ホルダーが増える事を期待しよう。

今後もこの記事に書かれた事の実現に向けて、少しずつ、しかし確実に成長を
遂げていけると確信している。 確実な成長株として、継続して長期投資して行きたい。

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00030]

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 Twitter : 圭壱@長期投資

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

 詳細は ---> 管理人プロフィール

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

 ・2019年   5,988 万円 ( +43%+283%

  1. ポートフォリオ年間状況

    ポートフォリオ年間状況(2017年)
  2. ポートフォリオ全般

    2017年の予想受取り配当
  3. 日本M&Aセンター

    2127 日本M&Aセンター 2018年3月期・1Q決算発表
  4. ソーバル

    2186 ソーバル から株主通信、 進む変化に期待が膨らむ
  5. 投資全般

    ワンルーム賃借人は超いい加減な女だったが、結局儲けさせてくれた話し
PAGE TOP