システナ

2317 システナ 上場来高値更新、6バガー達成

2317 システナ が本日9月19日まで5連騰し、実質的な上場来高値を更新して 1,500円を突破。
高値 1,553円を付けて終値は 1,542円となった。

そして私の買値である 253円からの、6倍高を達成した。

同社株式の週足チャートおよび四半期決算における純利益の推移は、下記の通りである。


チャート出所:YAHOO! JAPAN by WORKS TECHNOLOGY

株価は前期より四半期決算発表の度に大きく上昇し、今日まで中期的な上昇トレンドを崩さずに
駆け上がって来ており、強い値動きで安心して見ていられるチャートとなっている。

8月31日には、2019年3月期・1QのIRレポートを公表。 ポイントとして、

・主要事業の売上が収益性の改善を伴って増加しており、内容を伴っている。
 中期4ヶ年計画の目標を上回る売上・利益を目指す今期予想の達成に、不安は少ない。

・収益性の高いクラウド事業、米 StrongAuth社と展開するセキュリティ事業、米 Plasma社及び
 合弁会社 One Tech社とのIoTプラットフォーム事業等、中計の先を見据えた取組みに注目。

主要セグメントの利益は順調に伸び、特にソリューションデザインとITサービスが肉薄している。


画像出所:Investment Bridge Co.,Ltd

また5月15日に中期4ヶ年計画をアップデートして公表しているが、その最後に「新企隊本部」と題した
ページがあり、先のIRレポートで紹介された新事業について触れている。

・ストックビジネスの拡大を目的に関係事業を集約、投資効率の向上と営業連携を強化。
・海外子会社独自での事業活動から、ALLシステナの経営資源を有効活用するビジネスモデルに転換。

国内・海外を問わず、本社一体となってインキュベーション事業(事業創出の支援サービス)を
強力に推進する構図となっている。


画像出所:株式会社システナ 2018年3月期業績概要および中期4ヶ年計画

次のページには、同本部の注力ポイントとして先の新事業を今期中に開始予定とし、同種の
ロイヤルティ・ビジネスを来期以降の収益の柱にするとしている。


画像出所:株式会社システナ 2018年3月期業績概要および中期4ヶ年計画

 ・米屈指のIoTプラットフォームを持つ Plasma社との合弁会社 One Tech社を米国で設立。
  オールインワンのIoTプラットフォームを利用したビジネスを、日本と米国で共同で行う。

 ・米 StrongAuth社と協業して世界の中央銀行、金融機関、軍事機関が認めた認証&暗号化
  ソリューションの日本独占販売契約を締結。

自社開発と平行して有力他社ソリューションの協業や独占販売を推進し、新たな収益源に育てる
ビジネスプランである。

将来の安定した事業機会と収益確保に向けて、また一つ新たな芽が育とうとしている。
これからの展開から目が離せす、とても楽しみである。

今後も期を重ねる度に、既存事業の強化と新たな事業展開を推進して行くだろう。
これからもその将来に目を向けて、1株主として陰ながら応援して行きたいと考えている。

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00332]

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 薄利多売
    • 2018年 9月 19日

    次の押し目では必ず買うリストナンバーワン銘柄です。チャートのシグナル次第ではありますが。
    毎度コムチュアと比較してしまいますが、長期のチャートが特にいいですね。下げた後の上げもゆっくりなので下がりきったところを「買いは遅かれ」で狙えて安心です。
    優待がなく配当も低いですが、その分躊躇なく短期トレードできるとも言えますね。

      • 圭壱
      • 2018年 9月 19日

      薄利多売さん、今晩は。

      はい、長期ではもう本当にのんびりと眺めていられます。
      短期は・・・確かにそれほど急騰はしないのでトレードしやすそうですね。
      優待が無いのも、余計なトレンドとして現れないので利点でしょうね。

      投資手法は違いますが、コムチュア共々、お互い利益を伸ばしたいですね。

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 Twitter : 圭壱@長期投資

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

 詳細は ---> 管理人プロフィール

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

  1. ポートフォリオ全般

    四半期決算総括 悲喜こもごも
  2. インターワークス

    6032 インターワークス 「ドライバータイムズ」 をリリース
  3. アビスト

    6087 アビスト 前期も今期も減益だが、市場は反応せず
  4. エムケイシステム

    3910 エムケイシステム への株式投資
  5. インターワークス

    6032 インターワークス 2019年3月期・1Q決算を発表、31%減益
PAGE TOP