日本M&Aセンター

2127 日本M&Aセンター 中間予想を上方修正、純利益 18%上乗せ

毎日クラクラ目眩がする相場が続くが、投資家の皆さん生きていますか?
こんな時は目の前のマーケットからは現実逃避し、PF銘柄の業績に集中。

2127 日本M&Aセンター が本日10月25日の大引け後、19年3月期中間業績予想についての
上方修正を発表した。

指標毎の修正状況(中間)は下表の通りとなった。

前回予想 今回予想 増減額 増減率
売上高 130.00億円 143.70億円 +13.70億円 +10.5%
営業利益 62.50億円 69.40億円 +6.90億円 +11.0%
経常利益 62.50億円 69.50億円 +7.00億円 +11.2%
純利益 42.30億円 50.20億円 +7.90億円 +18.7%

2Q期間で四半期単位での過去最高益を大幅に更新する業績となったため、半期の業績予想を
上方修正する事となった。

2Q期間単独では、四半期単位での過去最高となる212件のM&A仲介を成約した。
2Qまでの半期では385件となり、前期の380件から5件増加して過去最高の案件成約となった。

また、半期での予想EPSは従来予想の 26.39円から 31.20円へと増額になった。
通期予想は変更なく 52.78円だが、このまま進捗すれば60円台には届くだろう。

1Qは純利益で前期比 ▲24.0%と減益となったが、これで大きく挽回を果たせそうである。

それでは次に、これまでの株価の推移について確認してみたい。
同社株式の日足チャートと、四半期決算における純利益の推移は下記の通りである。


チャート出所:YAHOO! JAPAN by WORKS TECHNOLOGY

株価は、4月27日の大引け後に発表された2018年3月期・本決算が純利益 31.9%の増益となり
同時に配当も増額された事で切り返した。

しかし、7月30日の大引け後に発表された2019年3月期・1Q決算が 24.0%の減益となった事で
窓を開けて下落。 何と陽線となったが、結局その分も後で帳消しに。

そして9月の全体相場の上昇と共に 3,400円を超える所まで騰がったが、以降は本日まで
ズルズルと下がりトータルでは大きく下落している。

相場の地合は最悪であるが、マーケットは今回の上方修正を評価してくれるだろうか。
明日のマーケットにはその眼力が残されている事を、今は願いたい。

目の前の相場がどうなろうと、好調な事業環境が今後も続く当社には引き続き長期的に
投資を続けて行きたい。

<ブログ村ランキングに参加中。ランクアップにご協力下さい(→ありがとうございます)>

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00354]

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アクセスカウンター

  • 225 ・今日の訪問者数:
  • 222 ・昨日の訪問者数:
  • 1921 ・先週の訪問者数:

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

  1. ジャパンマテリアル

    6055 ジャパンマテリアル 19年3月期決算予想の上方修正を発表
  2. ウェルネット

    2428 ウェルネット から株主通信、中計達成で株価は 12,000円に?
  3. システナ

    2317 システナ 2019年3月期・1Q決算を発表、52%増益
  4. ベネフィットジャパン

    2018年新春・お年玉銘柄の状況1
  5. 割切投資

    [割切投資] 3965 キャピタル・アセット・プランニング 株価は底無し沼
PAGE TOP