M&Aキャピタルパートナーズ

6080 M&Aキャピタルパートナーズ 18年9月期は減益も、来期は最高益

6080 M&Aキャピタルパートナーズ が本日10月31日の大引け後、2018年9月期の本決算を発表した。

指標毎の最終着地状況は、下表の通りとなった。

実績 前期比 通期会社予想 最終着地率
売上高 80.18億円 ▲3.8% 86.67億円 +92.51%
営業利益 31.65億円 ▲13.4% 38.75億円 +81.68%
経常利益 31.60億円 ▲12.5% 38.76億円 +81.53%
純利益 20.92億円 ▲19.6% 25.76億円 +81.21%

売上高は前期比 ▲3.8%となり、最終利益も前期比 ▲19.6%と減収減益での着地である。

 ・コンサルタント数は、当社とレコフで計画通りの採用で前年同期比 24名増の 108名となった。

 ・M&A成約件数は、前期比 4件増の 115件(本体 95件、レコフ 20件)と微増となった。
  期末に成約見込みの案件が来期に複数繰り越され、予想件数に届かなかった。

 ・前期にあった超大型案件の剥落影響をカバーできず、売上高は 3.8%の減少となった。

 ・販売費及び一般管理費は 9%減少したものの、外注費が増加し売上原価は 13.7%増加した。

また、同時に発表した2019年9月期の業績予想は下表の通りとなった。

今期予想 前期比
売上高 95.48億円 +19.1%
営業利益 38.98億円 +23.2%
経常利益 39.04億円 +23.6%
純利益 26.61億円 +27.2%

売上高は前期比 +19.1%、純利益は同 +27.2%と増え、2017年9月期の 26.03億円に対して
+2.2%の増益率で最高益となる予想となっている。

大型案件を含む潤沢な受託案件を保有しており、主に中間報酬の一時的な受領残高を示す
前受金勘定も前期比 +84.2%と増加。

来期に向け、順調な進捗であると判断している事も一因の様である。
今期は、前期が落ち込んだ分大いに頑張ってほしいし、また期待もしたい。

またグループ3ヶ年計画として、コンサルタント数と成約件数の増加を掲げている。

 ・コンサルタント数 ⇒ 年平均 本体:25%増、レコフ:20%増


画像出所:M&Aキャピタルパートナーズ株式会社 2018年9月期 決算説明資料

 ・成約件数 ⇒ 年平均 グループ全体:20%増


画像出所:M&Aキャピタルパートナーズ株式会社 2018年9月期 決算説明資料

より多く稼ぐにはそれに比例した人材が必要であるし、その計画を達成すればマンパワーで
成約件数も伸ばして行く事が可能となろう。

計画通り推移すれば、3年後の2021年9月期末には現在の108人から194人へと約8割増になる。
是非とも、計画通り進めてほしい所である。

そして施策として、主に下記を実施。

 ・大規模M&Aセミナー開催の継続強化
 ・2018年8月からのテレビCM放映
 ・紹介ネットワークの構築と拡大(税理士・会計士・地方銀行・証券会社との連携強化)

特に、紹介ネットワークは地道に継続する事で確実にクチコミ・人脈の拡がりが期待でき、今後の
成果に繋がる施策であると思う。

さて、明日のマーケットではどの様に評価されるのであろうか。
最終着地は予想に届かなかったが、複数の売上期ずれも原因であり根本的に落ち込んだ訳では無い。

会社はその分今期に向けて順調なスタートを切れたとして比較的強気の予想を出してきた。
その辺りが、マーケットにどう評価されるかであろう。

昨日10月30日に2Q決算を発表し、経常利益 ▲3.0%、純利益 ▲1.8%で着地した日本M&Aセンターの
株価は本日 134円高と上昇している。 当社にも良い影響がある事を祈りたい。

引き続き各種施策と営業活動を平行し、将来に向けた活動と今期の仕事を同時にこなしてほしい。
先ずは1Q決算でどの程度の着地を見せるのか、投資を続けながら3ヶ月後を待つ事としたい。

<ブログ村ランキングに参加中。ランクアップにご協力下さい(→ありがとうございます)>

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00360]

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 Twitter : 圭壱@長期投資

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

 詳細は ---> 管理人プロフィール

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

 ・2019年   5,988 万円 ( +43%+283%

  1. M&Aキャピタルパートナーズ

    6080 M&Aキャピタルパートナーズ 2017年9月期・本決算発表…
  2. 東計電算

    4746 東計電算 2018年12月期・2Q決算を発表、12%増益
  3. コムチュア

    3844 コムチュア 通期予想を上方修正・純利益+14.7%、株価は下落
  4. ウェルビー

    6556 ウェルビー 18年3月期本決算と増配を発表し上昇
  5. SRAホールディングス

    3817 SRAホールディングス 19年3月期・3Q決算は経常利益 10%増益…
PAGE TOP