M&Aキャピタルパートナーズ

6080 M&Aキャピタルパートナーズ ストップ安は正しい評価なのか?

6080 M&Aキャピタルパートナーズ が本日11月1日、前日発表の決算結果を受けて
ストップ安と売り込まれた。


画像出所:YAHOO! JAPAN

本決算が売上高 ▲3.8%、営業利益 ▲13.4%、経常利益 ▲12.5%、純利益 ▲19.6%と
減収減益となった事が嫌気された。

確かに前期の超大型案件の剥落影響をカバーできないなどの点はあったが、複数の案件で
売上が今期にずれた事も要因としてある。

そして、コンサルタント数と成約件数の年々の増加目標も明確に掲げている。
大規模M&Aセミナーの開催も継続強化するし、 紹介ネットワーク拡大も目指している。

上記の結果、今期については増収増益で最高益を更新する予想を同時に出している。
今回果たして、ストップ安となるほどの内容であったのだろうか。

マーケットは効率的であると思いたいが、私には余りにも近視眼的で目先の結果のみに反応
しているとしか思えない。

同社株式の本日までの週足チャートと四半期決算における純利益の推移は、下記の通りである。


チャート出所:YAHOO! JAPAN by WORKS TECHNOLOGY

本日の下げにより、株価は2017年3月の水準まで逆戻りした。
レコフを傘下に収めた期である。

タイムマシンで1年半ほど前に戻った株価は、それではまたここから1年かけて 10,000円台に
戻ると思えば良いだろうか?

紆余曲折はあるだろうが、私としてはまぁそんな風に考えている。

もちろん、何れ豊富なキャッシュを使って新たな決断も発表してくるであろうから、そうなれば
更に期間が縮まるか、株価が更に上乗せされるかになると思う。

何れにしろ、予想とはいえ最高益を出している現状と株価の向きが真逆である。

トレンドや需給状態が悪いせいかもしれないが、市場の非効率性が露呈している。
こういう所で買えるか否かで、その後の成果に差が付くのだと考えている。

引き続き将来の成長を楽しみに、これからも投資を続けて行きたい。

<ブログ村ランキングに参加中。ランクアップにご協力下さい(→ありがとうございます)>

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00361]

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 Twitter : 圭壱@長期投資

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

 詳細は ---> 管理人プロフィール

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

 ・2019年   5,988 万円 ( +43%+283%

  1. MS-Japan

    6539 MS-Japan 2020年3月期・3Qは15%増益、株価は下落
  2. ポートフォリオ月間状況

    ポートフォリオ状況 (19/12/06) 含み益4,100万円、200%突破
  3. リログループ

    8876 リログループ 2019年3月期・1Q決算を発表、10%増益
  4. セントケア・ホールディング

    2374 セントケア・ホールディング を全て売却
  5. 割切投資

    [割切投資] 3965 キャピタル・アセット・プランニング 28%増益
PAGE TOP