日本エス・エイチ・エル

4327 日本SHL 2018年9月期・本決算を発表、 5%増益・3円増配

4327 日本SHL が10月30日の大引け後、2018年9月期の本決算と増配を発表した。

指標毎の最終着地状況は、下表の通りとなった。

実績 前期比 通期会社予想 最終着地率
売上高 27.04億円 +5.0% 26.92億円 +100.45%
営業利益 11.61億円 +5.0% 11.17億円 +103.94%
経常利益 11.60億円 +5.1% 11.16億円 +103.94%
純利益 7.95億円 +4.8% 7.71億円 +103.11%

最終着地は全指標とも増収増益で着地し、進捗率も100%を超過した。

新規学卒者の採用選考期間の短縮化傾向の中、導入・運用が比較的容易なプロダクトサービスが
顧客企業から指示された結果、増収を確保出来たとしている。

また売上原価や販売費・一般管理費が増加したが、受注増により会場テスト提供に掛かる外注費や、
ロイヤルティ及び人材募集費が増加した事が原因としている。

サービス形態別には、下記の通りであった。

売上高 構成比 前期比
プロダクト 16.24億円 60.1% +9.2%
コンサルティング 9.87億円 36.5% ▲2.4%
トレーニング 0.91億円 3.4% +22.6%

プロダクトおよびトレーニングは前期比での増収を確保したものの、コンサルティングは
微減収となった。 今期は増収を期待したい。

期末配当については、従来予想より 3円増配して 35円で株主総会に付議する事となった。
これで中間配当と合わせて、年間の配当額は 67円となった。

2017年9月期の年間配当額は実質 63.5円なので、前期比で 3.5円の増配となる。
今後の継続的な増配にも、期待したい。

また、同時に発表した2019年9月期の業績予想は下表の通りとなった。

今期予想 前期比
売上高 28.25億円 +4.5%
営業利益 11.66億円 +0.5%
経常利益 11.64億円 +0.4%
純利益 7.98億円 +0.4%

何とも控えめな予想となったが、期末には超過しての着地を期待している。
堅実な経営で配当性向も50%と高く、面白みは無いかもしれないが手放せない。

また今後の見通しとして、2020年新卒者に対する採用選考活動は現行の業界団体等の自主規制が
適用される最終年となる。

何らかの新たなルールが策定される事を視野に入れつつ、引き続き最適なサービスをスピーディに
提供することで業績を向上させて行くとしている。

業界のルールに左右され影響を受ける事業ではあるが、最適な経営判断を下す事で安定した業績の
成長に繋げてほしい。

また、ロイヤルティを払う必要の無い独自サービスの開発と売上の増大も、重要な施策である。
供給元の意向に左右されない、安定した業績の確保に向けて着実に遂行して行ってほしい。

最後に、これまでの株価の推移について。
同社株式の週足チャートと四半期決算における純利益の推移は、下記の通りである。


チャート出所:YAHOO! JAPAN by WORKS TECHNOLOGY

2017年9月に頂上を付けた株価は、これまでの所ダラダラと下がり続けている。
本決算発表に向けてその下落が加速したが、発表で一息入れた感じである。

日足では発表当日の11月30日に正に底値となる 1,603円を付け、翌日は窓を開けて陽線となった。
このままの勢いを維持し、完全に上昇トレンドとなってくれる事を期待したい。

今後も新しい自社サービスの比重を少しずつ高めて行き、不安定なライセンス供与からの脱却を
進めてほしい。 高配当を受けながら、引き続き長期投資のスタンスである。

<ブログ村ランキングに参加中。ランクアップにご協力下さい(→ありがとうございます)>

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00373]

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アクセスカウンター

  • 281 ・今日の訪問者数:
  • 238 ・昨日の訪問者数:
  • 1953 ・先週の訪問者数:

プロフィール

 Author : 圭壱

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0% )

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%)

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%)

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%)

 ・2017年   4,739 万円 ( +76% ・ +203%)

  1. MS-Japan

    6539 MS-Japan 2019年3月期・2Q決算を発表、31%増益
  2. SRAホールディングス

    3817 SRAホールディングス 2018年3月期本決算発表
  3. コムチュア

    3844 コムチュア 2018年3月期本決算と中計を発表
  4. 山田コンサルティンググループ

    4792 山田コンサルティンググループ 株主通信から占う成長性
  5. 投資全般

    投資は、自分で考えて実行する事に意義がある
PAGE TOP