アビスト

6087 アビスト 18年9月期本決算は11%増益・16円増配、新中計発表

6087 アビスト が11月13日の昼、2018年9月期の本決算を発表した。

指標毎の最終着地状況は、下表の通りとなった。

実績 前期比 通期会社予想 最終着地率
売上高 87.61億円 +7.3% 92.80億円 +94.41%
営業利益 15.98億円 +7.0% 16.89億円 +94.61%
経常利益 16.20億円 +8.6% 17.07億円 +94.90%
純利益 10.72億円 +11.0% 11.51億円 +93.14%

全指標で会社予想には届かなかったが、増収増益で純利益ベースでは2桁の伸びとなった。

・設計開発アウトソーシング事業

 前期比で、売上高は +8.2%、営業利益は +6.6%となった。
 技術者稼働率が高水準で推移し、付加価値の高い請負業務の拡大が増収増益に寄与した。

・水素水製造販売事業

 水素水全般のネガティブな報道により、売上高 ▲22.3%、営業損失 ▲0.19億円となった。

・その他 不動産賃貸事業

 前期比で、売上高は +2.8%、営業利益は ▲0.7%となった。

主力の設計開発アウトソーシング事が当期も好調であり、全体の業績を支えている。
引き続き、着実な業容拡大を期待したい。

また配当政策については、配当性向を従来の 30%以上から 35%以上に引き上げた。

この変更に伴い、期末配当は従来予想の 87円から 7円増配し 94円での株主総会付議となった。
2017年9月期の配当額は 78円であり、一気に 16円の増配となる。

株主還元意欲が高く、成長性と同時に実現しており高く評価している。

また今期の予想と、同時に発表された2019年9月期~2021年9月期を対象とした中期経営計画の
最終年度の業績目標は、下表の通りとなった。

今期予想 前期比 21年9月期目標 18年9月期比
売上高 97.09億円 +10.8% 117.18億円 +26.2%
営業利益 16.58億円 +3.8% 22.45億円 +32.9%
経常利益 17.03億円 +5.1% 22.65億円 +32.7%
純利益 11.52億円 +7.4% 15.33億円 +33.2%

予想配当については前期比で 8円増配し、102円の予想となった。

要顧客である自動車業界を中心とした設計技術者、設計請負業務の需要が堅調に推移する
と予測しており、設計開発アウトソーシング事業は今期も増収増益を見込んでいる。

また、2021年9月期までの新・中期経営計画は、最終年度の純利益 15.33億円を目標とし
設計開発アウトソーシング事業の戦略目標として、下記の3点を挙げている。

・請負業務の効率化と拡大の継続:最終年度目標:61.5%
・得意領域の売上高について全売上高の 70%以上を維持
・3Dプリント事業の拡大(自動車、航空・宇宙分野での業務拡大)

やはり、請負業務の効率化がキモとなる。
それに加えて、期待の3Dプリント事業の成長も織り込んでいる。

発行済株式数が変わらなければ、3年後の目標EPSは 358円程度になる。
この時、PER20倍程度まで買われれば、株価は 7,000円を超えてくることとなる。

取らぬ狸の皮算用ではあるが、会社の想定通り達成出来ればこの程度の株価は視野に入る。
その実現を、大いに期待して待つことにしよう。

 
最後に、これまでの株価の推移について確認してみる。
同社株式の週足チャートと四半期決算における純利益の推移は、下記の通りである。


チャート出所:YAHOO! JAPAN by WORKS TECHNOLOGY

株価は6月に投資後、これまで下げ止まる事なく下落を続けている。

今期・来期ともに増収増益で増配、3年後の純利益の目標が2018年9月期比で 33%増益の
中期経営計画という、13日の一連の発表にも全く反応していない。

本日の終値 3,680円では、2019年9月期の予想EPS:290円に対する予想PERは 12.7倍、
2021年9月期の目標EPS 350円レベルでは、同11倍にも満たない。

マーケットは一体全体、何が気に入らないのであろうか。
成長率に対して現在の株価は割安過ぎ、下落も早晩どこかで限界に達するのではないか。

長期的な成長は確実に見込めるため、下がり続ける株価は気にせずにこれからも継続して
投資を続け、その成長を楽しみに待つ事としたい。

<ブログ村ランキングに参加中。ランクアップにご協力下さい(→ありがとうございます)>

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00381]

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アクセスカウンター

  • 281 ・今日の訪問者数:
  • 238 ・昨日の訪問者数:
  • 1953 ・先週の訪問者数:

プロフィール

 Author : 圭壱

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0% )

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%)

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%)

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%)

 ・2017年   4,739 万円 ( +76% ・ +203%)

  1. M&Aキャピタルパートナーズ

    6080 M&Aキャピタルパートナーズ 2017年9月期・本決算発表…
  2. リログループ

    8876 リログループ 2018年3月期・2Q決算発表
  3. ウェルネット

    2428 ウェルネット 19年6月期・1Q決算を発表、3年後のゴールを期待
  4. アトラ

    6029 アトラ 2018年12月期・1Q決算発表
  5. 投資全般

    日本人が貯蓄から投資へ目覚めるには?
PAGE TOP