ポートフォリオ全般

四半期決算総括 増益の割には、マーケットには評価されず

PF銘柄の四半期決算発表が終了してから間があいたが、総括したい。
銘柄毎の純利益の前年同期間比と株価の反応、およびそれに対する心の叫びを下表にまとめた。

銘柄名 純利益 変動率 変動額 心の叫び
JACリクルートメント +5.0% +10.80% +233円 今回は評価してくれましたネ!(^^;
日本M&Aセンター ▲1.8% +5.21% +134円 直前で売られすぎたから、流石にね
ソーバル +6.9% ▲5.09% ▲79円 ダメですか? そうですか次回ガンバロー!
システナ +36.8% +0.78% +11円 +100円超窓開けて始まったのにナァ・・
ウェルネット ▲35.3% ▲0.91% ▲10円 配当が支えている内に、ヨロシク!
プロシップ +0.4% +3.57% +84円 堅調な推移でウンウン、何より(^^;
SRA-HD ▲26.2% ▲10.51% ▲337円 ヒエー~経常増益ダケじゃダメナノネ・・・・
コムチュア +29.8% +13.71% +540円 ストップ高には届かずも、健闘(^^
キャピタルアセットP +28.9% ▲17.45% ▲650円 一時ストップ安、アリャリャかなり食らった・・・
日本SHL +4.8% +5.98% +97円 奈落の底で流石に反応してホッ!
東計電算 +19.2% +4.57% +145円 今回はキチンと評価してくれてヨカッタ
山田CG ▲63.1% ▲14.84% ▲366円 またまた大幅減益、ヒエー~~(泣
アトラ +227.1% ▲0.59% ▲3円 訴訟 そしょう ソショウ の終結マチヤネ・・・・
インターワークス ▲15.4% ▲11.86% ▲106円 仕方なし、早いトコ増収増益、タノンマス・・・
IRJ-HD +10.9% ▲7.52% ▲106円 折角、底値反転仕掛かったのにナ・・・
ジャパンマテリアル +62.6% ▲12.45% ▲175円 温厚なオジサンでも仕舞いニャ怒るよ、キミ。
M&AキャピタルP ▲19.6% ▲17.99% ▲1,000円 またストップ安、((;゚Д゚))ガクガクブルブル
アビスト +11.0% ▲1.06% ▲40円 反応して下さい、本当にお願いシマス・・・
日進工具 +7.2% ▲8.78% ▲233円 ナゼナンダ! ドウシテナンダ! 教えてチョーダイ!
エスティック +56.1% +14.05% +700円 ストップ高キタ━━━━!(゚∀゚) アンタエライ
MS-Japan +31.7% ▲7.26% ▲130円 嘘だろ? コリャー暫くハ冬眠デスナ・・・・
インターネットIN 赤字 ▲15.21% ▲150円 一時ストップ安、赤転で下方では仕方なし
ウェルビー +55.4% +11.19% +183円 ウンウン、跳ねてくれて良かった(^^;
リログループ +22.8% ▲5.04% ▲139円 なかなか評価して貰えませんねぇ・・・

※株価変動は、決算発表後最初の大引け終値の、前日終値に対する数値
 但しJACリクルートメント、コムチュア、エスティックは、直前の上方修正発表後の同数値

今回の決算結果(純利益ベース)はPF全24銘柄中、下記の通りとなった。
 ・増益 & 黒字転換:17
 ・減益 & 赤字転落: 7
前回は、増益:16・減益:8 だったのでほぼ同じ割合である。

それに対し、決算発表(又は直前の上方修正)後の最初の取引の結果は下記の通りとなった。
 ・値上がり: 9
 ・値下がり:15
前回に続き、決算の着地状況と比較して相対的に値下がり数が多い結果となった。

ストップ高は、6161 エスティック の1社。(※通期予想の上方修正後)
ストップ安は、6080 M&Aキャピタルパートナーズ の1社。

M&Aキャピタルパートナーズは、前回に続いての連続ストップ安となった。
山田コンサルティンググループ も調子が悪く、15%近く売られる結果となった。

M&A関連銘柄の不調が続いており、後半戦に期待したい。

また今回も、業績着地とマーケットの反応に大きな乖離があるものが何社か存在した。

 ・2317 システナ → +36.8%の純利益だが +11円と全く評価されず。
 ・6055 ジャパンマテリアル → 前回同様 +60%超の利益増に対し、▲12%も売られた。
 ・6087 アビスト → +11%の純利益に対して、▲40円と全く評価されず。
 ・6157 日進工具 → +7.2%の純利益で ▲9%近く、▲233円は行き過ぎだろう。
 ・6539 MS-Japan → +31.7%の純利益に対し、▲7%以上の下落と乖離が大きい。

 
色気を出して中期でキャピタルゲインを狙った割切投資PFは、3965 CAP・6545 IIN が
共に一時ストップ安と大きく売られた。

肝心の 6080 M&Aキャピタルパートナーズ と共に、全社総倒れ状態である。

余談だが、6545 IIN は昨日12月7日、何故か突然ストップ高となった。
いい加減、コツンと当たったのかもしれない。というか、もはやそれを期待するしかない。

 
相場は12月8日時点で相場に復調の兆しは見られず、ただ上下を繰り返しているだけである。
NYダウもまたまた500ドル以上の下落で、もはや日常の光景になりつつある。

相場のマインドが変わらない限り、業績発表と株価反応の乖離は今後も出てくる。
次回の決算発表が始まる2019年1月下旬までには、相場はボックスを上放れているだろうか。

全体相場に頼ることが出来ない前提であれば、会社自身の業績、自らの力でマーケットの
評価を勝ち得て行くしかない。

次回の3Q決算は、来年度の見通しを立てる上で重要な位置付けとなる。
願わくば、各社とも上振れしての着地となる事を期待している。

<ブログ村ランキングに参加中。ランクアップにご協力下さい(→ありがとうございます)>

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00388]

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アクセスカウンター

  • 21 ・今日の訪問者数:
  • 217 ・昨日の訪問者数:
  • 1605 ・先週の訪問者数:

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

  1. 日進工具

    6157 日進工具 2018年3月期本決算発表
  2. 日進工具

    6157日進工具 2018年3月期・2Q決算発表
  3. エムケイシステム

    3910 エムケイシステム やらかしてくれた
  4. アイ・アールジャパンホールディングス

    6035 IRJHD 2019年3月期・1Q決算 19%増益、株式2分割
  5. ウェルネット

    2428 ウェルネット 株式報酬型ストック・オプションを発行
PAGE TOP