山田コンサルティンググループ

4792 山田コンサルティンググループから株主通信。追い上げなるか?

先般、4792 山田コンサルティンググループから株主通信 から、”第30期 中間報告書”
と題した株主宛のレポートが届いた。

レポートへのリンク(山田コンサルティンググループ Webサイト)
 →第30期 中間報告書

下図は、2Qまでの営業利益と経常利益、および売上の8割を占める経営コンサルティング事業の
営業利益の、それぞれの実績と通期予想である。


画像出所:山田コンサルティンググループ株式会社 第30期 中間報告書

このグラフを見ると、今期の予想に対する低進捗率を改めて認識せざるを得ない。

通期予想に対する進捗率は営業利益:13.91%、経常利益:15.69%である。
そして、経営コンサルティング事業の営業利益は僅か 5.47%に過ぎない。

3月までに、本当にこの棒グラフの空白部分が埋まるのであろうか。
後半のゴールまでの道程は、果てしなく遠い。

主軸の経営コンサルティング事業は、2Qはマッチング型M&Aの売上実現が遅れているが
案件の受注は順調であり、通期は業績予想を達成できるとしている。

個別には

 ・M&A等資本に関するコンサルティングの業績積み上げが遅れている。
 ・案件の引合いは増加しており、着実に受注・売上実現につなげていく。
 ・持続的成長、事業再生、組織人事等の経営コンサルティングは引き続き順調。
 ・海外事業コンサルティングの引合いも増加傾向にある。

としており、

 ・経営コンサルティング → 組織人事コンサルティングの引き合いが力強い
 ・事業再生コンサルティング → ニーズの増加
 ・M&Aアドバイザリー業務 → 案件の引き合い増加
 ・事業承継コンサルティング → 案件の引き合い増加  

となっている。

持続的成長、事業再生、組織人事等の経営コンサルティングは、後半も順調に推移するとしている。
※赤枠は筆者による追記


画像出所:山田コンサルティンググループ株式会社 2019年3月期 第2四半期 決算説明会

遅れているM&A等資本に関するコンサルティングの売上は、4Qに集中する見込みとしている。
※赤枠は筆者による追記

画像出所:山田コンサルティンググループ株式会社 2019年3月期 第2四半期 決算説明会

事業承継コンサルティングを中心に引き合いは増加しているが、2Qはたまたま売上まで至らず。
ここから各引き合いを受注まで結び付ければ、通期予想は達成可能という予想である。

長期的にはもちろん成長を信じているが、今期の起死回生は本当にハードルが高いと思われる。
もちろん株主としてはその達成を期待しており、実現を信じたい。

次に、これまでの株価の推移を確認してみる。
同社株式の週足チャートおよび四半期決算における純利益の推移は、下記の通りである。


画像出所:YAHOO! JAPAN

株価は、1Q決算の発表を受けて 3,000円処から 2,500円レベルにその水準を切り下げ、
更に2Q決算を受けて 2,000円レベルまで下がり、2017年9月の水準に戻っている。

さきほどの会社の想定である、M&A等資本に関するコンサルティングの売上実現が4Qに集中
するのであれば、3Q決算を受けて更にその水準が下がる可能性もある。

何とか3Qではスピードアップしてもらい、株価のベクトルが上向きになることを期待したい。

苦しい今期ではあるが、まぁそういう時もあろう。
何れにしろ、長期的な視点で今後も投資を続けて行きたいと考えている。

<ブログ村ランキングに参加中。ランクアップにご協力下さい(→ありがとうございます)>

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00389]

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アクセスカウンター

  • 68 ・今日の訪問者数:
  • 242 ・昨日の訪問者数:
  • 1763 ・先週の訪問者数:

プロフィール

 Author : 圭壱

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

  1. SRAホールディングス

    3817 SRAホールディングス 2018年3月期・1Q決算発表
  2. コムチュア

    3844 コムチュア 2019年3月期・1Q決算を発表、91%増益
  3. ポートフォリオ全般

    四半期決算総括 悲喜こもごも
  4. エスティック

    6161 エスティック 2019年3月期・2Q決算を発表、56%増益
  5. プロシップ

    3763 プロシップ への株式投資
PAGE TOP