ウェルビー

6556 ウェルビー 2018年3月期・2Q決算発表

6556 ウェルビー が本日11月13日の大引け後、2018年3月期の第2四半期決算を発表した。

指標毎の最終着地状況は、下表の通りとなった。

実績 前期比 通期予想 進捗率
売上高 20.7億円 +56.8% ※ 41.4億円 +50%
営業利益 5.3億円 +88.7% ※ 9.7億円 +54%
経常利益 5.2億円 +89.8% ※ 10.0億円 +52%
純利益 3.3億円 +92.2% ※ 6.1億円 +54%

※前期は四半期財務諸表を未作成のため決算短信には未記載。
 数字は、決算説明資料に記載のもの。

2Qの実績として、就労移行支援事業で新たに「ウェルビーチャレンジ」の名称で自立生活
訓練事業所を立ち上げた。

また、療育事業で未就学児童を対象とした「ハビー」と学齢期の児童を対象とした
「ハビープラス」の新規開設を継続した。

結果として、2Q期間における新規開設は下記の通りとなった。

・ウェルビー      :2センター
・ウェルビーチャレンジ :1センター
・ハビー        :4教室
・ハビープラス     :2教室

その結果、売上高は 20.7億円、純利益は 3.3億円となり、通期予想に対する進捗率も
50%および 54%となった。

前期は四半期財務諸表を作成しておらず、決算短信には前年同四半期に対する増減比の
数値記載は無いものの、同社の決算説明資料には

 売上高:56.8%増、営業利益:88.7%増、経常利益:89.8%増、
 純利益:92.2%増

と記載されており、各利益とも過去最高となっている。
堅実な決算数値の実績を上げ、市場の信頼性が高まったのではないか。

当社の事業モデルは、施設や教室の利用者はその一部を負担し、残りは国民健康保険団体
連合会等の行政からの報酬である。

同社を取り巻く環境として、政府は2018年4月より障がいを持つ方の法定雇用率を引き上げ、
2020年度より更に引き上げる方向である。

これは働き方改革の一環として行われる政策のため、今後の後戻りやその縮小は無い性格の
ものである。

今後も社会が必要とする業種であり、当社はその期待に応えるべく事業を拡大し、少しずつ
成長していくと考えている。

先ずは今期の着地がどこまで行くのかを見守りながら、その将来を楽しみに長期で投資を
続けて行きたいと考えている。

<ブログ村ランキングに参加中。ランクアップにご協力下さい(→ありがとうございます)>

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00129]

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 Twitter : 圭壱@長期投資

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

 詳細は ---> 管理人プロフィール

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

 ・2019年   5,988 万円 ( +43%+283%

 ・2020年   9,634 万円 ( +61%+517%

カテゴリー

  1. プロシップ

    3763 プロシップ ストップ高
  2. ウェルビー

    6556 ウェルビー 2019年3月期・1Q決算を発表、36%増益
  3. プロシップ

    3763 プロシップ 2019年3月期・1Q決算を発表、5%増益
  4. ポートフォリオ全般

    長期投資PF・含み益率ランキング上位5銘柄の推移
  5. アトラ

    6029 アトラ 株価 1,000円台復活
PAGE TOP