ベネフィットジャパン

2018年新春・お年玉銘柄の年間結果は ▲36.8%下落

2018年新春・お年玉銘柄の年間結果(最終結果)について記載する。

※2018年新春・お年玉銘柄については、旧ブログ2018年新春・お年玉銘柄(記事 No.00156)参照

2018年大発会の寄り付きで当該3銘柄に投資した場合の、同大納会終値における
仮想ポートフォリオの結果を下記に示す。

投資金額が可能な限り均等になる様に、合計で74万円弱を投資した場合である。

同仮想PFの1年間の最終損益は、 ▲36.8%の損失となった。
結果的に、3銘柄全てが損失となって幕を閉じた。

 
<3934 ベネフィットジャパン>

同社株式の週足チャートと、今年の四半期決算における純利益の推移は下図の通りとなる。


チャート出所:YAHOO! JAPAN by WORKS TECHNOLOGY

2018年の大発会に投資した場合、その後の1年間に発表された四半期決算は下記の通りとなった。

 ① 2018年3月期・3Q決算 : 純利益 +8.2%
 ② 2018年3月期・4Q決算 : 純利益 +11.9%
 ③ 2019年3月期・1Q決算 : 純利益 ▲3.5%
 ④ 2019年3月期・2Q決算 : 純利益 +20.1%

株価は、①②の後は上昇したが③の後は大きく下落。

④の後も上昇したが、①②④とも上昇後は元の位置に下落しており結局、③の後の下落と④の前の
10月の下落の分が蓄積した格好となった。

今後も主力のMVNO事業の各サービスについて、ショッピングモール等での見込客への訴求により
総利用者数を着々と増やし、ストック収入を拡大していけると考えている。

株価は上場以来の安値圏に沈んでおり、今後の業績の成長に合わせてやがて上昇モードに移行する時が
来るのではないかと思う。

 
<4290 プレステージ・インターナショナル>

同社株式の週足チャートと、今年の四半期決算における純利益の推移は下図の通りとなる。


チャート出所:YAHOO! JAPAN by WORKS TECHNOLOGY

2018年の大発会に投資した場合、その後の1年間に発表された四半期決算は下記の通りとなった。

 ① 2018年3月期・3Q決算 : 純利益 ▲2.1%
 ② 2018年3月期・4Q決算 : 純利益 +5.3%
 ③ 2019年3月期・1Q決算 : 純利益 +2.5%
 ④ 2019年3月期・2Q決算 : 純利益 +16.4%

株価は、①の後は下落したが②は窓を開けて大きく上昇。

しかし③の後は②の上昇を打ち消して更に下落、④の後は上昇したものの
最後12月の相場下落により、ボックス相場の下限レベルで終わった。

今後も、その流れが変わることがないBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)ビジネスにより、
着々と長期に亘りストック収入を積み上げて行くだろう。

株価は年間の底値圏であるものの、長期的な投資においては今後十分に利益になるチャンスがまた
やって来ると考えている。

将来的には、その成長が非常に楽しみな企業であると思う。

 
<6549 ディーエムソリューションズ>

同社株式の週足チャートと、今年の四半期決算における純利益の推移は下図の通りとなる。


チャート出所:YAHOO! JAPAN by WORKS TECHNOLOGY

2018年の大発会に投資した場合、その後の1年間に発表された四半期決算は下記の通りとなった。

 ① 2018年3月期・3Q決算 : 純利益 ▲27.2%
 ② 2018年3月期・4Q決算 : 純利益 ▲35.4%
 ③ 2019年3月期・1Q決算 : 純利益 ▲55.7%
 ④ 2019年3月期・2Q決算 : 純利益 +29.5%

株価は、①②③は当然の様にその後は全て大きく下落。
④の後は窓を開けて大きく上昇したが、それまでの下げが大き過ぎて取り戻すには至らなかった。

2Q決算は大きく挽回したものの、成長のための先行投資に資金が必要であり不確定要素が大きい。

新たなカーメディアの譲受などインターネット事業に力を注いでおり、今後の成長は大いに期待が
出来ると考えている。

2018年は株価の下落トレンドが変わる事なく終えたが、何れどこかでヨコヨコ相場に
変化する時が来るし、その後は待ちに待った上昇トレンドに移行するだろう。

1年間という期間では成果を出す事は出来なかったが、長期的には有望であると思う。

<ブログ村ランキングに参加中。ランクアップにご協力下さい(→ありがとうございます)>

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00396]

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アクセスカウンター

  • 21 ・今日の訪問者数:
  • 217 ・昨日の訪問者数:
  • 1605 ・先週の訪問者数:

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

  1. 日本M&Aセンター

    2127 日本M&Aセンター 2019年3月期・3Q決算から通期の上振…
  2. ポートフォリオ全般

    四半期決算総括 悲喜こもごも
  3. コムチュア

    3844 コムチュア 2019年3月期・2Q決算を発表、29%増益
  4. 山田コンサルティンググループ

    4792 山田コンサルティンググループ 案の定下方修正、16%減益に
  5. 割切投資

    割切投資PFを全て売却しリセット。 待機資金にしてチャンスを待つ
PAGE TOP