システナ

2317 システナ 2019年3月期・3Q決算を発表、31%増益・3円増配

2317 システナ が本日2月4日の大引け後、2019年3月期の第3四半期決算を発表した。

指標毎の着地状況は、下表の通りとなった。

実績 前期比 通期会社予想 進捗率
売上高 430.32億円 +10.6% 560.45億円 +76.38%
営業利益 51.94億円 +39.8% 60.12億円 +86.39%
経常利益 50.19億円 +36.2% 57.14億円 +88.36%
純利益 33.91億円 +31.2% 38.02億円 +89.19%

今回も相変わらず、好調な数字を叩き出してくれた。
純利益ベースで前期比 31%の増益で着地し、通期予想に対する進捗率も 89%に達した。

<ソリューションデザイン事業>

 自動運転、車載インフォテインメントの開発といった車載分野では、得意とする車載
 インフォテインメント関連で売上を伸ばした。

 ただ社会インフラでは、事業範囲を広げすぎた結果、収益性に問題のある事業も発生。
 スマート駐車場等、IoTを使ったインフラ整備分野への経営資源の移動中としている。

 スマホや家電、ロボットなどでは、減少するスマホの開発からは撤退し品質検証に特化。
 ロボット・情報家電、AI、IoT関連機器の開発業務へのシフトを推進し、受注を拡大した。

<フレームワークデザイン事業>

 大型保険システム開発と基盤構築案件の拡大等により、堅調に推移した。

 新規サービス分野は受注拡大に向け、業務自動化ソリューションのライセンス販売、
 導入支援を中心に展示会等を積極的に推進した。

<ITサービス事業>

 従来の派遣型サービスから、ITサポートやITインフラ構築などの請負型業務へのシフトを
 推進しており、これらの高付加価値案件の受注が拡大した。

 働き方改革に対応したAIチャットボット、eラーニング、スマートデバイス導入などにより
 新規顧客を開拓した。

<ソリューション営業>

 モバイルPC+クラウドソリューションサービスの提案と、クラウドとオンプレミスサーバー
 による、ハイブリッド環境のサービス強化を推進。

 前期にあったPC大口リプレース案件の反動を見込んでいたが、それを上回るPCの更新需要
 を獲得し、またサーバーソリューションも計画を上回る受注を獲得した。

<クラウド事業>

 ビジネスアプリケーションプラットフォーム『Canbus.\キャンバスドット』について、
 大型案件の受注に成功した。

 「G Suite」や「Microsoft Office365」と連携するグループウェア『Cloudstep』も
 働き方改革をはじめした提案が奏功し、大型案件の受注に成功した。

各セグメントともそつなく受注を獲得し、利益に繋げている。
それぞれに満遍なく強い事が、トータルでの増益に繋がっているのであろう。

また同時に、期末の配当予想を従来の 6.5円から 9.5円に増配した。
これにより、通期での配当は16円となる予定である。

次に、これまでの株価の動きを確認してみる。
同社株式の週足チャートおよび四半期決算における純利益の推移は、下記の通りである。


チャート出所:YAHOO! JAPAN by WORKS TECHNOLOGY

今期1Q決算まで発表の度にターボが掛かっていた株価は、前回2Q決算では下落して終わった。
今回また文句のない好決算となったが、明日以降のマーケットはどう評価するだろうか。

そろそろまた、あの強い株価の動きが見たくなって来た所でもある。

今後の値動きに期待しながら、また将来の成長も楽しみにしながら、投資を続けて行きたい。

<ブログ村ランキングに参加中。ランクアップにご協力下さい(→ありがとうございます)>

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00406]

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 Twitter : 圭壱@長期投資

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

 詳細は ---> 管理人プロフィール

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

  1. M&Aキャピタルパートナーズ

    6080 M&Aキャピタルパートナーズ 2018年9月期・2Q決算発表…
  2. SRAホールディングス

    3817 SRAホールディングス 2018年3月期本決算発表
  3. TATERU

    1435 TATERU 本田圭佑も泣いている。
  4. エスティック

    6161 エスティック 株価 7,000円台達成
  5. アイ・アールジャパンホールディングス

    6035 IRJHD 東証1部への指定替え承認を発表
PAGE TOP