投資全般

元本保証で利回り10%以上? 1000%サギです。

またもや、出資法違反による事件が発覚した。

加工食品のオーナー制度で多額の資金を集めていた、東京都千代田区の「ケフィア事業振興会」
という企業が 1,000億円以上の負債を抱えて破産した。

同社は通信販売会社として食品販売を行っていたが、2009年頃に干し柿やヨーグルトなどの
加工食品のオーナー制度を考案、以前からの通信販売の顧客を中心に広くオーナーを募集。

オーナーになれば、半年ほどで満期を迎えた際に10%前後の利子をつけて払い戻すなどと謳い、
全国の高齢者を中心に、広く資金を集めていた。

しかし、2018年6月にオーナー制度利用者への支払い遅延が判明、9月には東京地方裁判所から
グループ企業 27社とともに破産手続開始決定を受けている。

この時の債権者数は全国に約 3万人以上、負債総額は約 1,000億円以上に上った。

オーナー制度の内容は、例えば一口 50,000円の干し柿コースに入会する。
すると、半年後に 55,000円で干し柿を引き取ってもらうという「買戻特約付売買契約」である。

利回りは、単純に計算すれば 12%となる。
そして顧客には、必ず約束した値段で引き取るという、元本保証+利回り保証を謳っていた。

この低金利時代に、何のリスクも負わずに 12%が濡れ手に粟、驚異的ですらある。

まぁこんなもの、逆の立場で考えれば一瞬でわかる類いのものだろう。

 ・関連会社が生産した、賞味期限の短い古い食品を?
 ・アナタに売った値段より、高い値段で買い取る?
 ・アナタに中間マージンを払うメリットは、一体何?

グループ会社なんでしょ、直接買えばいいじゃん(笑)
いやもうお話にならない、全くの子供欺しの次元である。

つまり、ビジネス的にはどうこねくり回しても成り立たないリクツで、アナタにご奉仕します!
という甘い囁きで、善意の高齢者から資金を吸い上げ尽くしていた。

以降は、こういう事件ではもう毎度恒例、耳にタコの「自転車操業」で最後は破産である。
被害者となった高齢者の方には、何ともお気の毒様としか申し上げ様がない。

しかし一番の問題は、当局の対応の遅さである。
何故いつも、この手の企業に当局のメスが入るのが ”全てが終わった後” なのであろうか。

捜査が入るのが破産した後では、何の意味も持たないのである。

「高齢者の方、この手の詐欺には注意しましょう」とバカの一つ覚えで叫ぶだけでは、
被害者は一向に減らないのである。

どうして、この制度による募集が行われ始めた10年前に捜査の対象にならないのであろうか。
何故、10年間近くもほとんど野放し状態になってしまうのか、理解できない。

 ・捜査員が足りないから?
 ・捜査予算(税金)が足りないから?
 ・そもそも目を付ける事が出来ないから?
 ・被害額がある程度まとまらないと対象にならないから?

いまさら当事者を幾ら調べようが、破産した後では「無い袖は振れない」。
だから被害者は、泣き寝入りするしか無いのである。

これでは、被害の未然防止という観点で何の解決にもならない。
「詐欺に注意しましょう」も大事だが、詐欺を撲滅する方がもっと大事ではないのか。

これでは、「欺される方が悪い」の風潮はいつまで経っても変わらないのである。

10年前にこのオーナー制度を開始した時点で、立派な「出資法違反」である事は明白である。
すぐさま遅滞なく立件すれば、ほとんどの被害者は未然に防止出来たのだ。

この手のニュースが流れる度に、「またか、でも遅いんだよ」と臍をかむ思いである。

<ブログ村ランキングに参加中。ランクアップにご協力下さい(→ありがとうございます)>

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00409]

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 Twitter : 圭壱@長期投資

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

 詳細は ---> 管理人プロフィール

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

 ・2019年   5,988 万円 ( +43%+283%

  1. 日本エス・エイチ・エル

    4327 日本SHL 2017年9月期・3Q決算発表
  2. エスティック

    6161 エスティック 上方修正と増配で一時5,000円台達成、本決算発表
  3. MS-Japan

    6539 MS-Japan への株式投資
  4. ポートフォリオ全般

    四半期決算総括 PFの半数が下落相場に飲まれる
  5. エスティック

    6161 エスティック 2020年3月期・2Q決算は20%増益
PAGE TOP