プロシップ

3763 プロシップ 2019年3月期・3Q決算を発表、13%増益

3763 プロシップ が1月30日の昼過ぎ、2019年3月期の第3四半期決算を発表した。

指標毎の着地状況は、下表の通りとなった。

実績 前期比 通期会社予想 進捗率
売上高 29.00億円 +6.0% 46.00億円 +63.04%
営業利益 8.28億円 +11.0% 14.80億円 +55.95%
経常利益 8.72億円 +13.2% 15.10億円 +57.75%
純利益 5.97億円 +13.2% 10.40億円 +57.40%

経常利益・純利益は、何れも前期比で +13%台の増益での着地となった。
通期予想に対する進捗率は2Qは 32%台、今回は 57%台であり、丁度 25%の進捗となった。

2019年度から適用となるIFRS(国際会計基準)のリース会計制度の変更や、企業のグローバル化
対応等に伴うシステム刷新需要等を受け、売上高は増加。

また、昨年発生した一部の赤字案件が収束したことで、利益は増加となった。

<パッケージソリューション事業>

 主力の固定資産ソリューションは、IFRS対応を中心とした新規ユーザーの獲得や既存ユーザー
 へのバージョンアップを推進した。

 この結果、売上高は前期比 +5.5%、営業利益は同 +12.8%となった。
 
<その他事業>

 子会社プロシップフロンティアにて、既存顧客からの継続案件や追加案件の獲得を進めた。

 この結果、売上高は前期比 +32.4%、営業利益は同 ▲16.7%となった。

3Q時点で受注高は前期比 +12.1%、受注残高は同 +10.9%と増加しており、堅調に推移している。
また費用面は、売上原価が当初予定より増加するが、販売費及び一般管理費は下回るとしている。

利益の進捗率は6割にも達していないが、上記の2行の結果から通期予想に変更はないとしている。

売上高の9割以上を占めるパッケージソリューション事業で問題なく進んでおり、特段違和感はない。
顧客企業の期末に向け、稼ぎ時である4Qで予定している売上を確定させて、結果を出してほしい。

期末配当予想は、前期の記念配含む 60円に対して普通配当で 30円(株式2分割後)の実質増配と
なっており、利益を上乗せして更に増配される事を期待している。

また2月12日には、代表取締役の異動が決議されたことを発表している。

鈴木会長が代表取締役会長に、川久保社長が社長職を退き取締役に、営業責任者として海外事業や
新ソリューション開発に取組んだ山口副社長が社長となった。

前回の異動から2年での新体制となるが、引き続き業績の成長に向けて邁進してほしい。

次に、これまでの株価の動きを確認してみる。
同社株式の週足チャートおよび四半期決算における純利益の推移は、下記の通りである。


チャート出所:YAHOO! JAPAN by WORKS TECHNOLOGY

株価は今期、1Q~3Qの決算発表後は何れも髭足だけが伸びただけで、結局元の位置に戻っている。
2017年9月以降、もう1年半近くも 1,400円 ~ 1,000円(株式分割後)のボックス相場である。

そろそろ 1,400円を抜いて上放れしてほしいと思うが、こればかりはマーケット頼みである。

腰の重いマーケットを動意付けるため、会社には是非とも業績の上方着地と来期の強い予想を
発表してほしいものである。

これからも長期的な成長を願いながら、株主として投資を続けて行きたい。

<ブログ村ランキングに参加中。ランクアップにご協力下さい(→ありがとうございます)>

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00417]

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 Twitter : 圭壱@長期投資

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

 詳細は ---> 管理人プロフィール

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

 ・2019年   5,988 万円 ( +43%+283%

  1. MS-Japan

    6539 MS-Japan 2018年3月期・1Q決算発表
  2. システナ

    2317 システナ 2019年3月期・2Q決算を発表、36%増益
  3. ジャパンマテリアル

    6055 ジャパンマテリアル 株価上昇は小幅、今後は安泰か
  4. ポートフォリオ全般

    四半期決算総括 ストップ高は1銘柄のみ、次点が2銘柄
  5. ユニバーサル園芸社

    6061 ユニバーサル園芸社 18年6月期・3Q決算と通期下方を発表
PAGE TOP