日本エス・エイチ・エル

4327 日本SHL 2019年9月期・1Q決算を発表、黒字で着地

4327 日本SHL が1月30日の大引け後、2019年9月期の第1四半期決算を発表した。

指標毎の着地状況は、下表の通りとなった。

実績 前期比 通期会社予想 進捗率
売上高 3.45億円 +15.6% 28.25億円 +12.21%
営業利益 0.12億円 -% 11.66億円 +1.02%
経常利益 0.13億円 -% 11.64億円 +1.12%
純利益 0.09億円 -% 7.98億円 +1.13%

今回の1Q決算は各利益とも、黒字での着地となった。

通期予想に対する進捗率は何れの指標も僅か 1%台であるが、出だしはこんなものである。

サービス形態別には、下記の通りであった。

売上高 構成比 前期比
プロダクト 2.23億円 64.6% +22.9%
コンサルティング 1.14億円 33.0% +6.7%
トレーニング 0.08億円 2.4% ▲19.9%

プロダクトは、総合適性Webテスト「GAB」の販売が好調だったため売上高が増えた。
コンサルティングも、「Webテスト」の顧客仕様版の販売が好調のため売上高が増加。

一方でトレーニングの売上高減少は、公開コースの受注減少が主な要因であるとしている。
また販管費が増加したが、恒例のロイヤルティの増加がやはり負担が重い。

今期の予想については、採用広報や採用選考活動に関する現行の業界団体等の自主規制が
適用される最終年であり、また企業の雇用意欲は旺盛であるため、2020年新卒者の採用
市場環境は堅調に推移するとしている。

続く2Q以降は稼ぎ所であり、大きく進捗する事を楽しみにしている。

四季報新春号の記載。

【連続増配】

 企業の採用意欲なお強く、柱の新卒者向け適用テストのWeb版が着実増。
 営業深耕など奏功し、テストセンター方式も伸びる。
 ただ外注費や人件費やや膨らむうえ、ロイヤルティ支払い負担増加。
 水準高いが、営業益踊り場感。連続増配。

【先取り】

 通年採用拡大の動きを先取りした商品開発推進。
 代理店支援体制も通年対応急ぐ。
 紙からWeb版への転換一段進展。

Web版への移行に加え、テストセンター方式の好調さも記されている。

そしてやはり、年々上昇するロイヤルティ費用が負担となっている。
対策としての自社ソリューションの開発等、その進展には期待している。

 
次に、株価の動きについて確認してみる。
同社株式の週足チャートと、四半期決算における純利益の推移を表示したのが下記の図である。


チャート出所:YAHOO! JAPAN by WORKS TECHNOLOGY

株価は2017年9月に 2,600円を超えた所が頂点となり、以降は上下に振れながらも中期的は
下落トレンドが続いている。

昨年12月25日に付けた 1,411円が目下の底値であるが、今後はこの底値を割る事なく上昇して
いく事が出来るだろうか。

予想配当利回りは 4%近くになっており、下値抵抗力として機能する事を願っている。

今後もライセンス契約への依存度を段々と下げ、自社ソリューションによる収益の割合が
増えて行く事を期待しながら、長期で投資を続けて行きたいと思う。

<ブログ村ランキングに参加中。ランクアップにご協力下さい(→ありがとうございます)>

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00419]

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 Twitter : 圭壱@長期投資

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

 詳細は ---> 管理人プロフィール

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

 ・2019年   5,988 万円 ( +43%+283%

  1. エムケイシステム

    3910 エムケイシステム を全て売却
  2. MS-Japan

    6539 MS-Japan 2018年3月期・2Q決算と立会外分売を発表
  3. コムチュア

    3844 コムチュア への株式投資
  4. ソーバル

    2186 ソーバル ストップ高
  5. リログループ

    8876 リログループ 2019年3月期・3Q決算は 24%増益
PAGE TOP