SRAホールディングス

3817 SRAホールディングス 19年3月期・3Q決算は経常利益 10%増益

3817 SRAホールディングス が2月7日の大引け後、2019年3月期の第3四半期決算を発表した。

指標毎の着地状況は、下表の通りとなった。

実績 前期比 通期会社予想 進捗率
売上高 298.31億円 +2.0% 400.00億円 +74.58%
営業利益 27.39億円 ▲0.7% 44.00億円 +62.25%
経常利益 30.74億円 +10.9% 44.00億円 +69.86%
純利益 15.05億円 +115.7% 28.00億円 +53.75%

売上高は前期比で 2%増収、営業利益は同 10%の増益となった。

なお純利益は同 2.1倍となったが、前期はハピネット社の訴訟関連損失等を含む
特別損失を計上したためである。

通期予想に対する進捗率は売上高こそ標準的な数字となったが、各利益では低くなり
純利益は 53%台と低迷している。

最後の4Qではこれまでの分を挽回できる様、ぜひとも頑張ってほしい。

引き続き中期経営計画に基づき、下記の重点施策に取組んでいる。

1.既存事業の収益性向上

 ・プロジェクト管理の強化による採算性向上、間接費の継続的削減
 ・自社IP製品ビジネスへの取り組み
 ・生産要員規模の適正化
 ・株式会社SRAプロフェッショナルサービスの運営コスト削減

2.ビジネスモデルの変革

 ・「自社IP製品ビジネス+既存事業の高付加価値化」の推進
 ・IoT、モバイル、セキュリティ、クラウドコンピューティング、ビッグデータ、
  ソーシャル・ネットワーキング技術等の分野での自社IP製品、新サービスの提供

3.自社IP製品ビジネス×海外ビジネス

 ・成長分野に向けた自社IP製品の拡充
 ・成長市場である海外をターゲットとしたビジネスの推進

新技術を中心とした自社製品はこれからの成長分野であり、開花する事を期待している。

本日3月1日には、当社と日本IBMとの合弁で設立した株式会社AITが、金融サービスプラット
フォーム運営会社である「株式会社フィッティンング・ハブ」へ出資した事を発表した。


画像出所:株式会社フィッティンング・ハブ Webサイト

株式会社フィッティンング・ハブは、ブロックチェーン技術を活用した金融サービスプラット
フォーム運営会社として、2019年2月12日に設立されたばかりの企業である。

出資企業は、地銀4行およびITベンダー3社(AIT、日本IBM、NEC)となっている。

クラウド上に構築されたサービス提供基盤システムは、金融機関や事業者が共同で金融関連
サービスを提供する際に利用可能であり、統合認証機能を持つのが特徴となる。

電子交付サービスの提供を開始しており、同社の今後の成長によりAITを通したビジネスの
発展効果の発現に期待したい。

次に、これまでの株価の動きを確認してみる。
同社株式の週足チャートおよび四半期決算における純利益の推移は、下記の通りである。


チャート出所:YAHOO! JAPAN by WORKS TECHNOLOGY

株価は2018年10月に 3,585円の高値を付けた後は沈む一方であるが、12月25日の底値以降は
上昇し、3Q決算発表翌日の2月8日も陽線で何とか踏ん張っている。

2017年末には 4,000円を超えて一時買値の2倍近く上昇した事もあり、もう一段の上昇を
期待したい所である。

今後も自社製品の比重を高めて利益を伸ばし、成長して行ってほしい。
配当を受領しながら、長期投資を続けて行く予定である。

<ブログ村ランキングに参加中。ランクアップにご協力下さい(→ありがとうございます)>

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00422]

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 Twitter : 圭壱@長期投資

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

 詳細は ---> 管理人プロフィール

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

 ・2019年   5,988 万円 ( +43%+283%

  1. ポートフォリオ月間状況

    ポートフォリオ状況 (17/09/01)
  2. 東計電算

    中期トレンド転換の恐怖と戦う
  3. ポートフォリオ全般

    ポートフォリオ評価総額が 6,000万円台達成
  4. ジャパンマテリアル

    6055 ジャパンマテリアル 19年3月期決算予想の上方修正を発表
  5. センチュリー21・ジャパン

    8898 センチュリー21・ジャパン 2018年3月期・2Q決算発表
PAGE TOP