ポートフォリオ月間状況

ポートフォリオ状況 (19/03/01) 4,800万円台へ返り咲き、先月比+5.7%

月間ポートフォリオ状況について記載する。
2019年3月・第1週末時点のポートフォリオ状況は、下記の通りとなった。

 【割切投資PF】
   評価総額  :  163万円   前回比  : +15万円 (+10.1%)
   含み損率  : ▲26.0%

 【長期投資PF】
   評価総額  : 4,650万円   前回比  : +246万円 (+5.6%)
   含み益率  : 111.9%

 【2018年末からの、両PF合計の単純増額率】
   昨年末評価総額 : 4,180万円
   現在の評価総額 : 4,813万円(+5.7%)

長期投資PFにおける、前回結果と期間中の最小・最大・最終結果、及び各含み益の変動率は
下記の通りとなった。

区分 日付 投資総額 評価総額 含益総額 含益率 含益前回比
前回結果 02/01 2,277万円 4,404万円 2,127万円 93.38% +14.9%
期間最小 02/08 2,195万円 4,389万円 2,194万円 100.0% +2.9%
期間最大 02/19 2,195万円 4,654万円 2,459万円 112.04% +14.6%
今回結果 03/01 2,195万円 4,650万円 2,455万円 111.88% +14.4%

 ※含益前回比 : (各日含み益総額 – 前回含み益総額) / 前回投資総額 × 100

月間(19/2/01 ~ 19/03/01)の長期投資PFの評価総額の推移は、下図の通りとなった。

2月19日に期間最高額の 4,654万円を記録したが、最終日も 4,650万円と同レベルで終了した。

 第1週 : 4日は 150万円ほど増え5日も若干増えたが、以降は減少し8日は最少額を記録。
 第2週 : 12日・13日とほぼ100万円ずつ増えるも、その後は減少。
 第3週 : 18日・19日と最高額を更新し、ほぼ 4,600万円台をキープ。
 第4週 : 引き続きほぼ 4,600万円台をキープし、2月1日に上伸して 4,650万円で終了。
 
投資総額は2月6日に 6029 アトラ を全て売却し、82万円余り減少して 2,195万円となった。
また月間のボラティリティは 6%台と、前回より更に小幅な値動きとなった。

期間中の売買は、下記の通りとなった。

 【割切投資PF】
   売り :無し
   買い :無し

 【長期投資PF】
   売り :6029 アトラ 全株(1,500株)
   買い :無し

次に、2017年8月以降の長期投資PFの月別投資総額と評価総額、TOPIXの推移は下図の通りとなった。

※TOPIX株価指数は、2倍している。

評価総額は前回に続いて増え、12月の急落直前の水準まであともう少しである。

 
次に、月間の各指数および割切投資PFの各銘柄の変動状況は、下表の通りとなった。

黄色の網掛けは月間変動率がマイナス、ピンク色の網掛けは含み損を表している。

多くの指数が、3%前後の上昇となった。
中でも日経225が一歩抜けだし 4%近く上昇、そして東証マザーズが 5%近くと強い。

割切投資PFは、前回比 +10%とリバウンドした。

3965 キャピタルアセットプランニング は2月末基準での株式2分割も通過し、前回比で
20%近い上昇となった。

下図は、同社株式の日足チャートと四半期決算における純利益の推移。


チャート出所:YAHOO! JAPAN by WORKS TECHNOLOGY

これまで1ヶ月で20%近くも上昇したという認識はなかったが、2月4日から上昇を開始して
1Q決算発表翌日は下落したものの、その後も意外に健闘している。

20%上昇後も買値からはまだ 40%以上下落しており、上昇トレンドが続く事を願っている。

 
6080 M&Aキャピタルパートナーズ は前回は40%近い上昇となったが、今回は微増に終わった。
本格的に上昇するには、まだ時間がかかりそうである。

 
6545 インターネットインフィニティー は、前回比で40%以上の上昇率となった。
下図は、同社株式の日足チャートと四半期決算における純利益の推移。


チャート出所:YAHOO! JAPAN by WORKS TECHNOLOGY

株価は3Q決算発表翌日は下落したが、その翌日からは上昇を開始。
2月1日まで上昇トレンドを維持し、800円台に乗せてきた。

含み損率は、奇しくも 3965 キャピタルアセットプランニング と全く同じ ▲43.2%となった。
どちらの銘柄が、含み益に転換するのが早いだろうか。

 
次に、長期投資PFの各銘柄の変動状況は、下表の通りとなった。

各銘柄は、月間の上昇率の高い順に記載している。

21銘柄中15銘柄が上昇となり、40%台が1銘柄、20%台・10%台がそれぞれ3銘柄ずつとなった。

上昇率トップは、4792 山田コンサルティンググループ で 40.1%の上昇となった。
下図は、同社株式の日足チャートと四半期決算における純利益の推移。


チャート出所:YAHOO! JAPAN by WORKS TECHNOLOGY

株価は2月4日から上昇を開始、3Q決算発表翌日の窓開けでの上昇を挟んで上昇を続け、一時は
2,500円台を捉えて2Q決算発表直前の水準に戻った。

2月1日に発表された、太陽グラントソントングループとの業務提携契約の締結が材料視された。
次は1Q決算発表前の水準となる、3,000円へと里帰りしてほしいものである。

 
2位は、6035 アイアールジャパンホールディングス で 24.9%の上昇となった。
下図は、同社株式の日足チャートと四半期決算における純利益の推移。


チャート出所:YAHOO! JAPAN by WORKS TECHNOLOGY

3Q決算は好調で増配も発表されたが、発表当日の1月31日は 1,362円まで買われるも安値引け。
翌日2月1日に 1,171円の安値を付けた後は上昇を開始し、3月1日までトレンドを維持している。

早々に 1,800円台まで返り咲く事を期待して、待つことにしたい。

 
3位は、6539 MS-Japan で 22.1%の上昇となった。
下図は、同社株式の日足チャートと四半期決算における純利益の推移。


チャート出所:YAHOO! JAPAN by WORKS TECHNOLOGY

株価は3Q決算発表に向けて上昇し、2月6日の発表後は窓開けで 1,800円台を固める展開に。
本決算の発表までに、2,000円台に上り詰めることが出来るか。

 
4位は、3844 コムチュア で 20.1%の上昇となった。
下図は、同社株式の日足チャートと四半期決算における純利益の推移。


チャート出所:YAHOO! JAPAN by WORKS TECHNOLOGY

株価は3Q決算発表翌日に大きく下落し、2,600円の底値を形成。
その後は上昇し、現在は2Q決算発表直後の位置まで戻って来ている。

今後、あの強い株価の動きが戻り 4,000円台を再び奪還する日が来るか。

 
一方のワースト1位は 6556 ウェルビー で、唯一2桁となる 10.4%の下落となった。
下図は、同社株式の日足チャートと四半期決算における純利益の推移。


チャート出所:YAHOO! JAPAN by WORKS TECHNOLOGY

引き続き好調な3Q決算を発表したが、株価は予想に反して下落を続けている。
中期的にも、株価 1,500円処は買い場であると考えている。

 
さて今後1ヶ月は、どの様な相場展開になるのであろうか。
クリスマスに底無しとなった相場は何とか切り返し、ここまでジワジワと上昇を続けている。

日経225で先ずは 22,000円が試されるだろうが、そこを超えると過去の出来高も多く途端に
上値が重くなる。 これを突破するのは容易ではなかろう。

米中貿易摩擦問題も緩和期待が大きいとはいえ、引き続きNY相場のエンジンとなるだろうか。
思わぬリスクが顕在化して、大きな波乱が来ない事を祈りたい。

次回は、4月5日大引け後の結果でPF状況を纏める予定である。

<ブログ村ランキングに参加中。ランクアップにご協力下さい(→ありがとうございます)>

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00423]

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アクセスカウンター

  • 20 ・今日の訪問者数:
  • 217 ・昨日の訪問者数:
  • 1604 ・先週の訪問者数:

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

  1. アトラ

    6029 アトラ 2017年12月期・2Q決算発表
  2. プロシップ

    3763 プロシップ ストップ高
  3. MS-Japan

    6539 MS-Japan への株式投資
  4. エスティック

    6161 エスティック 通期予想を上方修正・純利益+23%、配当予想も増額
  5. エムケイシステム

    3910 エムケイシステム への株式投資
PAGE TOP