M&Aキャピタルパートナーズ

6080 M&Aキャピタル・パートナーズ 通期上方修正で予想EPS 220円乗せ

6080 M&Aキャピタル・パートナーズ が4月26日の大引け後、2019年9月期の第2四半期決算
および、通期業績予想の上方修正を発表した。

指標毎の着地状況および予想修正値とそれに対する進捗率は、下表の通りとなった。

実績 前期比 新会社予想 旧会社予想 増減比 進捗率
売上高 71.87億円 +46.6% 115.07億円 95.48億円 +20.5% +62.46%
営業利益 35.25億円 +53.2% 51.81億円 38.98億円 +32.9% +68.04%
経常利益 35.26億円 +53.2% 51.87億円 39.04億円 +32.9% +67.98%
純利益 23.52億円 +47.0% 35.03億円 26.61億円 +31.6% +67.14%

今期1Qは各利益とも前期比 80%台の増益で、通期予想に対する進捗率は 50%に達しており
予想の上方修正は時間の問題であった。

今回2Qの着地は純利益ベースで当初の通期予想に対する進捗率が 88%に達し、ようやく
上方修正の発表となった。

修正後の通期予想では、純利益で前期比 67.4%増益の 35億円、EPSは 224.51円となり
初の 200円台乗せとなった。

これまでの最高益は、レコフを買収した後の最初の決算となった2017年9月期の 26億円、
EPSは 178.69円である。

しかも今回の実績は、経常利益・純利益とも修正後の通期予想に対する進捗率は 67%台
に達しており、更なる上積みも十分に期待できる。

マーケットへのインパクトが十分ある決算であり、株式関連の情報サイト「株探」でも
”本日のイチオシ決算” として記事の筆頭銘柄に取り上げている。

これを機に、再び多くの投資家に注目される事を期待したい。

<決算短信より>
_・コンサルタント数は、堅調な採用活動に伴い前期比 23名増の114名に。
_・成約件数は、前期比と同様の 71件と横ばいに。
_・レコフは芳しくないものの、下期成約を見込む案件は一定数を確保。
_・通期のグループ成約件数(目標:140件)は、達成する見込み。

M&Aの累計成約件数は、下図の通りとなった。


画像出所:M&Aキャピタルパートナーズ株式会社 2019年9月期 第2四半期決算説明資料

今期の成約件数は、下記の通りとなった。 ※前期 → 今期(前期との差)

_・1Q(単体):本体 29件 → 27件(▲ 2件)、レコフ 8件 → 2件(▲6件)
_・2Q(単体):本体 28件 → 38件(+10件)、レコフ 6件 → 4件(▲2件)
_——————————————————————————————————–
_・2Q(累計):本体 57件 → 65件(+ 8件)、レコフ 14件 → 6件(▲8件)

本体は前期比 10件増と大きく挽回し、1億円以上の案件も前期比 4件増で業績に寄与した。
しかしレコフは、引き続き調子が良くない様である。

成約件数3ヶ年計画では、グループ全体で1年当たり平均 20%増を堅持するとしており
今期は 140件(本体110件、レコフ30件)の目標である。


画像出所:M&Aキャピタルパートナーズ株式会社 2019年9月期 第2四半期決算説明資料

同計画に対する2Q時点の進捗率は、本体:59%、レコフ:20%となっている。

本体はオンスケ以上であり、豊富な案件在庫が寄与したとしている。
しかしレコフは2Q連続で谷間とし、1Qに続き大きく出遅れており挽回に期待したい。

<施策と結果>
_・市場でのプレゼンスを高めるべく、ブランディング・マーケティング施策を実施。
_・ホームページのリニューアルや、TVCMを継続して放映。
_・レコフはホームページでクロスボーダーM&Aページをリニューアル。
_・レコフデータはM&A情報提供サービス「レコフM&Aデータベ ース」をリニューアル。

_・件数では前期と並んだが、大型案件の好調な成約により売上高は 46.6%増加。
_・売上原価は、インセンティブ・決算賞与、大型案件外注費が増加し 36.6%増加。
_・販売費及び一般管理費は、広告宣伝費・役員賞与の増加等で 48.8%増加。

テレビCMはやはり費用が掛かり、これを含む宣伝費や賞与等は前期比で5割近く増加した。

一方で成約件数は前期比±ゼロ(本体 +8件、レコフ▲8件)であったが、やはり本体の
1億円以上の大型案件 4件増が、業績に大きく貢献した。

3Q以降も大型案件を中心に確実にモノにして、通期予想を更に超過してほしい。

最後に、決算発表までの株価の動きを確認してみる。
同社株式の週足チャートおよび四半期決算における純利益の推移は、下記の通りである。


チャート出所:YAHOO! JAPAN by WORKS TECHNOLOGY

これまでの株価は、2018年12月25日に 3,110円の安値を付けた後は切り返して上昇。

しかし1Q決算発表の翌日1月31日は、取引開始直後こそ買われたが陰線で終わった。
その後は上昇したが 5,840円まで、以降は相場の上昇をよそに下降トレンドであった。

決算発表を前に3月下旬からのダラダラとした下げと、インパクトのある実績結果。
この乖離に連休明けのマーケットがどう反応するのか、楽しみである。

現在の保有状況は下記の通りであり、特に低迷中の割切投資PFの中核を担っている。

_・長期投資PF:買値 1,600円 含み益率 +195.31% 含み益額 +156万円
_・割切投資PF:買値 6,200円 含み損率 ▲23.79% 含み損額  ▲30万円

この投資成績が、今後どう変化して行くのかを楽しみに見守って行きたい。

<ブログ村ランキングに参加中。ランクアップにご協力下さい(→ありがとうございます)>

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00439]

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アクセスカウンター

  • 309 ・今日の訪問者数:
  • 280 ・昨日の訪問者数:
  • 2357 ・先週の訪問者数:

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

  1. エスティック

    6161 エスティック への株式投資
  2. システナ

    2317 システナ 2019年3月期・3Q決算を発表、31%増益・3円増配
  3. MS-Japan

    6539 MS-Japan 2019年3月期・3Qの新規登録者数も好調維持
  4. 日進工具

    6157 日進工具 から株主通信、社長の語りで高まる信頼
  5. 日本M&Aセンター

    2127 日本M&Aセンター 2018年3月期・1Q決算発表
PAGE TOP