インターワークス

6032 インターワークス を売却、45%の損失確定

本日5月20日、6032 インターワークス を売却した。

5月14日の昼に本決算を発表、指標毎の最終着地状況は下表の通りとなった。

実績 前期比 会社予想 最終着地率
売上高 39.69億円 ±0.0% 41.70億円 +95.18%
営業利益 5.26億円 ▲18.2% 8.10億円 +64.94%
経常利益 5.33億円 ▲17.4% 8.10億円 +65.80%
純利益 3.39億円 ▲21.1% 5.60億円 +60.54%

何と、前日5月13日の大引け後にわざわざ業績予想の下方修正を発表。
当然、各指標の予想数値は今回の実績数値と一致している。

しかし、このタイミングでわざわざ発表する意図がわからない。

上記の表では、敢えて修正前の予想値を表示している。
各利益とも 60%程度の達成率で終わり、純利益は前期比 ▲21%もの減益である。

当期も引き続き、「持続的成長のための構造改革」に継続して取り組んでいる。

このため、主力のメディア&ソリューション事業で増収減益となっている。

また採用支援事業は、新卒採用需要の早期縮小に対応するインターンへの対応遅れや
HRTechnologyサービスの受注転換の遅れが発生し、営業損失に。

引き続き先行投資の負担が重く、加えて対応が後手に回っている感がある。
機敏に対応して、受注や利益は確実にモノにしてもらいたいものである。

_
また、同時に発表した2020年3月期の業績予想は下表の通りとなった。

今期予想 前期比
売上高 50.00億円 +26.0%
営業利益 9.00億円 +70.8%
経常利益 9.00億円 +68.8%
純利益 6.00億円 +76.7%

売上高は 50億円に到達し、純利益も過去最高を予想している。

決算短信の文面では、主力のメディア&ソリューション事業において

_・中長期的な成長に向けた「工場WORKS」及び「工場タイムズ」の強化
_・今後のサービス拡張性等を向上するべく、新基盤へのITインフラ投資
_・主力メディア「工場WORKS」のプロモーション強化

といった、各費用の増加を予定するとしている。

最高益予想というのに投資の事しか書かれていないが、肝心の利益は大丈夫だろうか。

決算・会社説明会資料を確認してみる。


画像出所:株式会社インターワークス 2019年3月期 決算・会社説明会資料

当面は工場WORKSでマーケットをおさえることに注力するとしているが、ここでも

_①求職者に支持されるメディアを構築。
_②掲載企業数を増やす。
_③今期まではシステム投資を継続。

と、先行投資が全面に表現されている。

最後になって「営業利益は堅調成長を維持しつつ」と記載されているが、一体どこまで
維持してくれるのか不安になる。

同時に社長らの交代も発表し経営陣を刷新しているが、新しい経営体制も未知数である。

2017年2月に投資して以来、投資期間は 2年3ヶ月である。
今期は3年目であり、ここでいい加減業績が上向いてくれないと中々厳しいものがある。

悩み所ではあるが、このまま投資を継続するかどうか検討した結果、今期もまた利益と
いう成果が出ずに1年を棒に振るのは避けたいと思い、残念だが手仕舞う事にした。

<投資結果>

_買い: 1,160円 × 1,000株 = 1,120,000円
_売り:   609円 × 1,000株 = 609,000円
_収支: ▲511,000円(▲45.6%)

大きな損失となり残念な結果となったが、仕方がない。
また気持ちを切り替えて心機一転、頑張って行きたいと思う。

<ブログ村ランキングに参加中。ランクアップにご協力下さい(→ありがとうございます)>

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00453]

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アクセスカウンター

  • 262 ・今日の訪問者数:
  • 289 ・昨日の訪問者数:
  • 2179 ・先週の訪問者数:

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

  1. 投資方針

    株式投資の手法
  2. アビスト

    6087 アビスト 2019年9月期・1Q決算を発表、3%増益
  3. M&Aキャピタルパートナーズ

    6080 M&Aキャピタル・パートナーズ 3Q決算は68%増益で株価大…
  4. 日本エス・エイチ・エル

    4327 日本SHL 2017年9月期・3Q決算発表
  5. 山田コンサルティンググループ

    4792 山田コンサルティンググループから株主通信。追い上げなるか?
PAGE TOP