SRAホールディングス

3817 SRAホールディングス 19年3月期は微減益、今期は 24%増益

3817 SRAホールディングス が5月9日の大引け後、2019年3月期の本決算を発表した。

指標毎の最終着地状況は、下表の通りとなった。市場のコンセンサスも併記。

実績 前期比 会社予想
IFIS予想
最終着地率
売上高 407.93億円 +3.5% 400.00億円
400.00億円
+101.98%
+101.98%
営業利益 40.78億円 ▲2.3% 44.00億円
42.00億円
+92.68%
+97.09%
経常利益 44.69億円 ▲6.2% 44.00億円
46.00億円
+101.57%
+97.15%
純利益 20.23億円 ▲1.8% 28.00億円
25.00億円
+72.25%
+80.92%

各利益は、何れも前期比 1桁台の減益となった。

そして会社予想に対する達成率は、特に純利益で 72%と非常に低いものとなった。
またコンセンサスに対しては、何れも届かなかった。

_
既存顧客の深耕によるシェア向上や、成長分野における新規顧客の獲得に注力し、
受注・売上拡大に努めた。

自社IP製品ビジネス+既存事業の高付加価値化を推進し、成長に向けた自社IP製品の
拡充を目指し、成長市場である海外をターゲットとしたビジネスを推進。

_・採算性向上や生産間接費の継続的削減により、売上総利益率は過去最高の 22.3%となった。
_・Cavirin Systems, Inc. の研究開発費/販売費等の増加と、3Qから連結化した海外子会社の
__販管費の計上により、販管費率は 12.3%に増加。
_・純利益は法人税等の増加により、予想値を下回る結果となった。

法人税等は、確かに2018年3月期の 10.86億円に対し 20.26億円と倍増している。
前回は控除されていた調整額が今回は上乗せされ、ダブルパンチである。

今期は、それをはね除けて高い増益率を達成してほしいものである。

_
また、同時に発表した2020年3月期の業績予想は下表の通りとなった。
市場のコンセンサスも併記した。

今期予想 前期比 IFIS予想 前期比
売上高 417.00億円 +2.2% 415.00億円 +1.7%
営業利益 45.00億円 +10.3% 44.00億円 +7.9%
経常利益 46.00億円 +2.9% 44.00億円 ▲1.5%
純利益 25.00億円 +23.5% 26.50億円 +31.0%

純利益は前期の達成率の低さを跳ね返し、31%の増益予想となっている。

既存事業の基盤確立を図り、新規事業の核となる「デジタルトランスフォーメーション(DX)」
も強力に推進し、持続的な成長と収益性の向上に取組むとしている。

また、2022年3月期までの3ヶ年の中期経営計画を発表した。

19/03実績 20/03予想 22/03目標
売上高 407.93億円 417.00億円 460.00億円
営業利益 40.78億円 45.00億円 56.00億円
経常利益 44.69億円 46.00億円 57.00億円
純利益 20.23億円 25.00億円 34.00億円
EPS 164.14円 202.65円 275.60円

成長戦略として、主に下記を掲げている。

_・人月モデルから脱却し、高付加価値(=高収益)モデルへシフト
_・成長性の高い東南アジアを中心とした海外市場への展開
_・自社IP 製品ビジネス×海外ビジネスの展開
_・東南アジアの DX 関連急成長企業との協業・M&A実施
_・ROEは、安定的かつ継続的に 10%以上確保を目指す

東南アジアを重視しており、その成長の源泉としたい考えである。

経常利益では、1年で +2.9%、3年で +27.5%の成長である。
決して不可能な目標ではないため、是非とも達成出来る様に頑張ってほしい。

_
最後に、これまでの株価の動きを確認してみる。
同社株式の週足チャートおよび四半期決算における純利益の推移は、下記の通りである。


チャート出所:YAHOO! JAPAN by WORKS TECHNOLOGY

株価は、下落トレンドが続いている。
2018年12月25日の安値 2,362円をこの5月に一時下回る、冴えない動きである。

一時は 4,000円を超えた株価が、なぜこんなに下がるのか不明である。
今期会社予想EPS : 202.65円に対するPERは、現在 11.8倍程度である。

まぁジタバタしても仕方がなく、マーケットの見る目が変わるのを待つしかない。
これからも粛々と配当を頂きながら、長期で応援を続けて行く考えである。

<ブログ村ランキングに参加中。ランクアップにご協力下さい(→ありがとうございます)>

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00454]

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アクセスカウンター

  • 264 ・今日の訪問者数:
  • 289 ・昨日の訪問者数:
  • 2181 ・先週の訪問者数:

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

  1. コムチュア

    3844 コムチュア 通期予想を上方修正・純利益+14.7%、株価は下落
  2. M&Aキャピタルパートナーズ

    6080 M&Aキャピタルパートナーズ 2017年9月期・本決算発表…
  3. ジャパンマテリアル

    6055 ジャパンマテリアル 19年3月期・2Q決算を発表、62%増益
  4. 投資方針

    投資の対象
  5. 日進工具

    6157 日進工具 2018年3月期本決算発表
PAGE TOP