プロシップ

3763 プロシップ 19年3月期は 7.5%増益、今期は 4.4%増益

3763 プロシップ が5月8日の大引け後、2019年3月期の本決算を発表した。

指標毎の最終着地状況は、下表の通りとなった。

実績 前期比 会社予想 最終着地率
売上高 44.43億円 +2.2% 46.00億円 +96.59%
営業利益 15.34億円 +6.5% 14.80億円 +103.65%
経常利益 15.94億円 +8.3% 15.10億円 +105.56%
純利益 10.66億円 +7.5% 10.40億円 +102.50%

純利益は1桁台ではあるが前期比 +7.5%の増益で、最高益を更新した。
地味でがあるが、確実に成長している。

主力の固定資産ソリューションは、IFRS(国際会計基準)対応を中心に新規ユーザーの獲得や
既存ユーザーへのバージョンアップを推進。

連結子会社「プロシップフロンティア」で行うその他事業は、既顧客からの継続案件や追加
案件の獲得を進めた。

_・パッケージは、売上計上時期の遅れから前期比 ▲1.5%とやや減収に。
_・保守は、新規ユーザの増加や保守料の単価アップから前期比 +7.2%と増収に。
_・受託開発は、既存顧客の追加案件を獲得し前期比 +80.2%と大幅な増収に。

主力のソリューションである「Pro Plusシリーズ」の導入実績は、期末時点で 4,729社と
あらゆる業種に導入されシェアは 50.7%となり、全業種の主要企業に実績がある。


画像出所:株式会社プロシップ 2019年3月期 決算説明会資料

_
また、同時に発表した2020年3月期の業績予想は下表の通りとなった。

今期予想 前期比
売上高 50.00億円 +12.5%
営業利益 16.20億円 +5.6%
経常利益 16.50億円 +3.5%
純利益 11.35億円 +4.4%

売上高は前期比で +12.5%、純利益は同 +4.4%を想定している。

IFRSやグローバル対応等に対する企業ニーズは続いており、また前期末の受注残高は
43.72億円と、2018年3月期比で +12.29億円であり、売上高は増加する見込み。

前期の受注残高は、前々期と比較して 39%増加している。


画像出所:株式会社プロシップ 2019年3月期 決算説明会資料

しかし顧客への拡充を目的に新商品・サービスの開発を強化するため、研究開発費等を増やし
同時に人材投資や退職金制度の見直しのため、売上原価や販管費は増加する見込みとしている。

受注残高の伸びをテコに更に売上を伸ばし、可能な範囲で間接費の増加を抑えて利益を伸ばして
くれる事を期待したい。

また期末一括の配当は、創立50周年の記念配当 10円を加え、45円の予定となった。
なお個人的には、2021年3月期の配当も普通配当のみで 45円の維持を予想している。

_
今後の成長に向けた、新たなソリューションの開発


画像出所:株式会社プロシップ 2019年3月期 決算説明会資料

現在の固定資産やリース資産管理のみでなく、あらゆる設備情報を把握し管理する
「総合固定資産管理」のソリューションを開発する予定としている。

AIやRPAといった時流にあった技術も取り込まれる様であり、その完成と業績への反映が
今から楽しみである。

製品スコープの拡大を顧客に訴えてそのシェアを更に拡げ、成長して行く事を期待している。

_
次に、これまでの株価の動きを確認してみる。
同社株式の週足チャートおよび四半期決算における純利益の推移は、下記の通りである。


チャート出所:YAHOO! JAPAN by WORKS TECHNOLOGY

株価は2017年の夏以降、1,100円~1,400円のボックス相場から抜け出せていない。
2018年12月25日に付けた直近の安値 1,055円に再び近づいており、弱含みの値動きである。

決算発表にも全く反応がなく、このままズルズルと坂を転げ落ち続けるのであろうか。
業績とマーケットの綱引きが続くが、相場に急落が無い限りは下限近辺であると見ている。

なお、3月6日に長期保有者への株主優待(QUOカード)の優遇(3年以上)を発表している。
株主優待にそれほど執着はないが、長期保有の株主が増えてくれれば嬉しい。

株価がどうあれ今後の成長を期待しており、長期投資のスタンスは変わらない。
今期も45円、来期も可能ならそれ以上の配当を頂きながら、腰を据えて応援を続けて行く。

<ブログ村ランキングに参加中。ランクアップにご協力下さい(→ありがとうございます)>

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00456]

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アクセスカウンター

  • 226 ・今日の訪問者数:
  • 222 ・昨日の訪問者数:
  • 1922 ・先週の訪問者数:

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

  1. 日本エス・エイチ・エル

    4327 日本SHL への株式投資
  2. 投資全般

    (提案) IPO公募株にロックアップ枠の創設を
  3. リログループ

    8876 リログループ 19年3月期は20%増益、新中計を発表
  4. アビスト

    6087 アビスト 2019年9月期・2Q決算を発表、4%減益
  5. ウェルビー

    6556 ウェルビー への新規投資
PAGE TOP