ソーバル

2186 ソーバル 2018年2月期・本決算発表

2186 ソーバルが本日4月11日の大引け後、2018年2月期の本決算を発表した。

指標毎の最終着地状況は、下表の通りとなった。

実績 前期比 会社予想 最終進捗率
売上高 82.23億円 +3.9% 81.20億円 +101.27%
営業利益 5.86億円 +18.7% 5.70億円 +102.81%
経常利益 5.88億円 +17.6% 5.69億円 +103.34%
純利益 4.25億円 +22.3% 3.81億円 +111.55%

売上高および経常利益の実績と予想


画像出所:ソーバル株式会社

前期比で増収増益、進捗率は全ての業績指標で期初の会社予想を超過して着地した。

特に最終的な純利益は 111.55%での着地となり、前期比で +22.3%の増益を達成して
2期振りに最高益の更新となった。

新しい技術、新しい顧客の獲得に邁進した結果、AIや自動運転、IoTに関する技術と
優良な新規顧客を獲得。

請負案件の拡大も課題の一つとして位置づけ、積極的に営業を行い、案件に対応する
プロジェクトリーダー・マネージャーの教育も実施したとしている。

そして期末配当については、従来12円の予想であったが 12.5円に増額された。

また同時に発表した2019年2月期の業績予想は、下表の通りとなった。

今期予想 前期比
売上高 83.50億円 +1.5%
営業利益 6.25億円 +6.7%
経常利益 6.32億円 +7.5%
純利益 4.27億円 +0.4%

年間配当は 1.5円増配し、26円の予想となった。

今後については、引き続きAIや自動運転などの新しい技術の習得に注力して既存顧客に対して
満足度の高いサービスを提供することに最善を尽くし、優秀な社員の育成や教育を継続し、
強固な基盤を作っていくとしている。

これにより、売上高は今期比で +1.5%、経常利益は +7.5%、純利益は +0.4%と控えめではあるが
ここから増額での着地を期待したい。

2018年2月期は従来から課題であった顧客構成の見直しに動いており、売上の半数を占める
主顧客のキヤノンを抑制し、ソニー・日立グループからの受注を強化している。

複数の主要顧客に分散することで安定的な売上を確保し、事業のリスクを平準化する事が
可能となるので、この取組みは引き続き実施していくことが予想される。

株価は、2月2日に 1,310円の高値を付けた後は3月6日に 998円と 一時1,000円割れの安値を
付けたがその後はまた上下に動き、昨日4月10日には本日の決算期待からか一時ストップ高
となる 1,497円の実質的な上場来高値を付けている。

昨年7月25日に付けた 1,290円(分割前 2,580円)に続いてまたも高い山が形成された感が
あるが、これもまたいつか超えてくる日が来るのだろう。

今期も、そして今後も新技術を習得して顧客の要望に応え、主要大手企業からの受注を獲得
して多方面で活躍する企業に成長して行ってほしい。

テーマで買われる銘柄でもなく普段の株価の動きは地味ではあるが、2014年11月に投資して
約3年半、振り返れば株式を2分割して株価も買値からの3バガーを達成している。

配当も毎期増配され、利回りも今期予想ベースで税引き前 6.0%に届いた。
PF銘柄では今や最古参であり、貴重な存在となっている。

今後も成長に伴う増配とEPSの上昇を享受し続けるべく、長期に亘り投資を続けて行きたい。

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00225]

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 Twitter : 圭壱@長期投資

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

 詳細は ---> 管理人プロフィール

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

 ・2019年   5,988 万円 ( +43%+283%

  1. アイ・アールジャパンホールディングス

    6035 IRJHD 上場来高値更新で 2,600円台と8バガー達成
  2. コムチュア

    3844 コムチュア 20年3月期・3Q決算は10%増益
  3. エスティック

    6161 エスティック 上方修正と増配で一時5,000円台達成、本決算発表
  4. ユニバーサル園芸社

    6061 ユニバーサル園芸社 2018年6月期・1Q決算発表
  5. MS-Japan

    6539 MS-Japan 大幅高
PAGE TOP