東計電算

4746 東計電算 19年12月期・1Q決算は11%増益。増配濃厚?

4746 東計電算 が5月7日の大引け後、2019年12月期の第1四半期決算を発表した。

指標毎の着地状況は、下表の通りとなった。

実績 前期比 通期会社予想 進捗率
売上高 38.43億円 ▲0.9% 152.91億円 +25.13%
営業利益 8.96億円 +7.6% 30.84億円 +29.05%
経常利益 9.59億円 +12.0% 35.18億円 +27.26%
純利益 6.57億円 +11.4% 24.25億円 +27.09%

売上高は微減収だが進捗率はオンスケ、各利益は超過での着地となった。

なお、営業利益に対して経常利益がカサ上げされているが、主として保有株式の配当金の
受領によるものであり、通期予想もその前提となっている。

キャッシュリッチ・資産リッチな同社ならではである。

1.情報処理・ソフトウェア開発業務

_・売上高は前期比 ▲5.9%、営業利益は前期比 +4.6%
_・ソフトウェア開発は伸び悩んだが、システム運用業務が堅調に推移。
__また収益面でも、プロジェクト管理の改善が進展した。

2.機器販売業務

_・売上高は前期比 +86.4%、営業利益は前期比 +80.5%
_・Windows XPのサポート終了に伴い、ハードウェアの入替え特需が発生。

3.リース等その他の業務

_・売上高は前期比 ▲3.3%、営業利益は前期比 ▲17.5%
_・事務機器のレンタル収入は堅調であったが、機器販売が反動減となった。

地味な企業であるが、純利益は2桁の増益で確実に稼いでくれている。
私としては、これで何も言うことはない。

引き続き、最高益の更新に向けて邁進してほしい。

_
次に、これまでの株価の動きを確認してみる。
同社株式の週足チャートおよび四半期決算における純利益の推移は、下記の通りである。


チャート出所:YAHOO! JAPAN by WORKS TECHNOLOGY

株価は膠着状態となっており、徐々に決算にも反応しなくなっている。

今期予想EPSは 263円であり、株価 3,000円は 11倍程度に過ぎない。

期末一括の予想配当は 90円、株価 3,000円に対する利回りは税引き前で 3%である。
但し配当については、上振れが濃厚と見ている。

過去実績と今期予想とを比較すると、下表の通りとなる。

1株配当額 EPS 配当性向 備考
2012年12月期 45円 126.4円 35.60%
2013年12月期 45円 148.9円 30.22%
2014年12月期 55円 158.4円 34.72%
2015年12月期 65円 187.7円 34.63%
2016年12月期 70円 199.3円 35.12%
2017年12月期 80円 220.6円 36.26%
2018年12月期 90円 243.0円 37.03%
2019年12月期 90円 263.6円 34.14% 会社予想
95円 263.6円 36.03% 圭壱予想(最低)
100円 263.6円 37.93% 圭壱予想(本命)

配当性向の推移を見ると、2012年は 35%台だったものが2013年には 30%台に急低下。
翌年以降は、34%台から少しずつ上昇を続けている。

今期予想の 34%台は現実的にあり得ず、95円配当でも前期の 37%台には届かない。
従って、10円増配の 100円が妥当と推定している。

この場合の配当性向は一気に 38%近くとなるが、1Qの純利益は 27%台の高進捗率であり
通期での上振れは十分に考えられる。

結果的に配当性向は多少下がり、丁度良い水準になると考えている。
実現したら、ミスター・マーケットはもう少し評価してくれるだろうか。

相変わらずマーケットには最低限の評価しかされず見向きもされていないが、まぁ良い。

地味だが堅実で少しずつ成長し、気が付いたら配当も増えて株価も騰がっている・・・
そういう展開が、この企業にはふさわしいのである。

と言いつつ、社名をカッコ良いカタカナに変えて「IoT」「RPA」「クラウド」など
前面にアピールすれば、全然違う値位置に飛ぶのにな・・・とぶつぶつ呟くのである。

会長が完全に退かれ、タテツケだけでなく実体も息子さんの時代になれば、社風も変わって
いくかもしれないと少ーし期待しているのである。

何れにしろ、長期で貢献してくれる企業だと考えており、今後も長期投資である。

<ブログ村ランキングに参加中。ランクアップにご協力下さい(→ありがとうございます)>

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00460]

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アクセスカウンター

  • 224 ・今日の訪問者数:
  • 222 ・昨日の訪問者数:
  • 1920 ・先週の訪問者数:

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

  1. ウェルネット

    2428 ウェルネット 19年6月期・2Q決算も減益だが、割合は減少傾向
  2. センチュリー21・ジャパン

    8898 センチュリー21・ジャパン 2018年3月期・1Q決算発表
  3. システナ

    2317 システナ 上場来高値更新、6バガー達成
  4. 東計電算

    4746 東計電算 18年12月期・3Qは19%増益、配当予想を10円増額
  5. 日本M&Aセンター

    2127 日本M&Aセンター 2019年3月期・1Q決算を発表、24%…
PAGE TOP