ソーバル

2186 ソーバル 2020年2月期・1Q決算は13%増益で着地

2186 ソーバル が6月28日の大引け後、2020年2月期の第1四半期決算を発表した。

指標毎の着地状況は、下表の通りとなった。

実績(億円)
前期比(%)
対通期予想 進捗率(%)
通期予想(億円)
前期比(%)
直近進捗率(%)
1Q 2Q 3Q 4Q 会社予想
売上高 20.85
+1.1
+25.44
81.96
+0.1
+25.44
営業利益 1.93
+17.3
+30.63
6.30
+1.4
+30.63
経常利益 1.92
+16.3
+29.91
6.42
+1.6
+29.91
純利益 1.22
+13.0
+26.52
4.60
+10.1
+26.52

経常利益で前期比 +16%台の増益となり、通期予想に対する進捗率もほぼ 30%台に乗せた。
純利益も前期比で +13%と2桁の増益となり、進捗率もオンスケレベル以上となった。

出足となる1Qは、先ずは無難な着地となった。

<決算短信より>
_・請負業務の検収タイミングが重なり、売上計上と利益率の改善につながった。
_・請負業務の拡大に向け、高付加価値案件の獲得に向けて積極営業に取り組んだ。
_・大手SI企業との連携を強化した。
_・最先端技術の習得と、提案活動の強化を推進した。
_・派遣業務は、引き続き最適な人員配置による収益力強化策を推進した。

大手SI企業との連携などを足がかりに、新規の顧客開拓を進めて業容拡大に繋げてほしい。

_
<2020年3月期の重点対応>


画像出所:ソーバル株式会社 株主通信2019

請負業務の比率を、前期末の 54%程度から早期に 60%以上とする事を目標としている。

また自動運転分野の取引拡大や、マニュアル制作や臨床試験(治験)の統計解析など
新しい分野での顧客開拓を引き続き推進するとしている。

今後、これら新規分野への本格的な推進が期待出来そうである。

_
<4月10日に前期本決算と同時に発表された、自己株式の取得に関する実施状況>

(4月11日~10月10日、最大 30万株、最大 4.5億円)
_単純には、1株当たり 1,500円の想定となる。

_・4月11日~4月30日 : 116,700株 127,346,400円 単純 @1,091円
_・5月01日~5月31日 :  80,600株  93,351,300円  単純 @1,158円

_・最大残       : 102,700株 229,302,300円 単純 @2,232円

5月31日時点で既に 20万株弱を取得しており、予定枠の3分の2を消化した。
このまま行けば、残りの 10万株程度も問題無く取得可能である。

_
<中期的な成長戦略>


画像出所:ソーバル株式会社 株主通信2019(※一部筆者加工)

人材の採用・育成と平行して、自動車・航空・宇宙・医療の各分野への継続的な取組みと
今後はロボット・金融サービスへの進出も期待出来そうである。

潤沢な資金を活用して効果的なM&Aを実施できれば、大きな成長も可能となる。
今後の取組みに、大いに期待したい。

次に、四季報夏号の記載。
業績・材料記事欄の内容は、下記の通りである。

【連続増配】
_要員不足や主力キヤノン向けの受注抑制が足かせ。
_ただソニー、富士通など顧客基盤の広がり着実。
_最注力の自動運転関連も日立G向けや自動車メーカー直接取引増で
_小規模ながら好伸、利益押し上げ。増益基調。
_株主還元前向きで連続増配。

【新規分野】
_自動運転、IoT、AI等に経営資源傾注。
_協業やM&Aテコに人材獲得と顧客基盤拡大を一気に目指すが要努力。

以前より課題としている主力のキャノン以外の顧客確保や、新技術への対応、
そして拡大のためのM&Aがカギとなる。

「要努力」と評されているが、是非ともその実現に向けて取組んで頂きたい。

_
次に、これまでの株価の動きを確認してみる。
同社株式の週足チャートおよび四半期決算における純利益の推移は、下記の通りである。


チャート出所:YAHOO! JAPAN by WORKS TECHNOLOGY

株価は前期本決算発表後はストップ高するなど続伸し、現在は 1,200円の壁に阻まれている。

今回の好決算により注目され、その壁を乗り越える事が出来るか。
材料により一瞬付けた 2,200円台の頂点を再び目指し、階段を昇って行く事を期待している。

<ブログ村ランキングに参加中。ランクアップにご協力下さい(→ありがとうございます)>

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00469]

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アクセスカウンター

  • 20 ・今日の訪問者数:
  • 217 ・昨日の訪問者数:
  • 1604 ・先週の訪問者数:

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

  1. ポートフォリオ月間状況

    ポートフォリオ状況 (17/11/02) ~評価額 4,200万円達成~
  2. アトラ

    6029 アトラ 株価 1,000円台復活
  3. 山田コンサルティンググループ

    4792 山田コンサルティングG 19年3月期・1Q決算を発表、57%減益
  4. 投資方針

    NYダウ 続急落。 長期投資に求められるのは?
  5. コムチュア

    3844 コムチュア 13%上昇もストップ高には至らず
PAGE TOP