チームスピリット

4397 チームスピリット がストップ安、転機かそれともチャンスか?

4397 チームスピリットが 7月12日、ストップ安となった。


画像出所:YAHOO! JAPAN

ストップ安の1本値ではあるが、前場と大引けで値が付き、34万株程度は成立している。
一体、何があったのだろうか。

前日11日の大引け後に2019年8月期・3Q決算を発表しており、結果は下表の通りである。

実績(億円)
前期比(%)
対通期予想 進捗率(%)
通期予想(億円)
前期比(%)
直近進捗率(%)
1Q 2Q 3Q 4Q 会社予想
売上高 3.94

+21.08
8.43

+45.10
12.99
+46.6
+69.50
18.69
+51.7
+69.50
営業利益 0.10

+4.00
0.90

+36.00
1.48
+103.8
+59.2
2.50
+259.7
+59.2
経常利益 0.09

+3.60
0.9

+36.00
1.48
+105.9
+59.2
2.50
+361.5
+59.2
純利益 0.04

+1.73
0.67

+29.00
1.16
+136.5
+50.21
2.31
+152.7
+50.21

通期予想に対する進捗率は純利益ベースで 50%程度だが、そのスピードは加速している。
この内容で、売られてしまうのだろうか?

_
次に、これまでの株価の動きを確認してみよう。
下図は、同社株式の週足チャートおよび四半期決算における純利益の推移である。


チャート出所:YAHOO! JAPAN by WORKS TECHNOLOGY

同社は、2018年8月に東証マザーズに新規公開。

公募価格は 1,200円、初値は 2,417円で約2倍となり、上々のスタートとなった。
(※何れも、株式2分割前の当時の値)

この時点での2018年8月期の予想 EPSは 2.09円、PERは公募で 574倍、初値で 1,156倍である。

その後10月15日に発表された結果は、EPSは 13.1円。
結果的に、初値のPERは 184倍に下がった事になる。

そして4月11日に2Q決算と株式分割が発表されると、マーケットは大きく反応し株価は急騰。
以降は6月中旬まで、3,000円前後で推移していた。

_
同社はその社名の通り、「TeamSpirit」という働き方改革に関するプラットフォームを
クラウドで提供している。

このソリューションを採用する事で、勤怠管理や就業管理、経費精算、工数管理、稟議申請
といった事務作業を効率的に行い、作業量を大きく減らす事が可能である。

当然ながら利用は月額課金制であり、採用企業の増加に伴いストック収入が積み上がる。


画像出所:株式会社チームスピリット 2019年8月期第3四半期 決算説明資料

今期も3Q時点で、「TeamSpirit」の契約ライセンス数・社数は共に大きく伸びている。

また世界最大のクラウド型CRMを提供する米Salesforce社と提携、同社のパートナープログラム
「AppExchange Partner Program」の「AppExchange Premier Partner」に認定されている。

いわばSalesforce社がビジネスを有望であると認め、お墨付きを与えている状態である。

_
しかしそのSalesforce社であるが、一方では中々したたかな一面を覗かせている。

チームスピリットのIPO時点では同社株式を 13%程度保有していたがが、その後2ヶ月の間に
10%弱を売却している。

以下は、大量保有報告書の提出から見た売却の推移である(EDINETより)。

提出日 保有株数 保有比率
2018/08/27 973,400株 13.32%
2018/08/31 882,500株 12.07%
2018/10/03 789.900株 10.70%
2018/10/09 698,700株 8.95%
2018/10/17 611,400株 7.83%
2018/10/18 429,100株 5.50%
2018/10/24 302,900株 3.88%

最後の提出となった10月24日以降は保有比率が 5%を下まわっており状況が不明であるが、
更に売却を進めている可能性もある。

この辺りは「投資家」として、ドライに割り切っているという事なのであろうか。

_
さて、それでは今後の株価はどう動くのであろうか。
下図は、同社株式の日足チャートである。


チャート出所:YAHOO! JAPAN by WORKS TECHNOLOGY

今期予想EPSは 14.72円であり、現在の株価 2,070円での予想PERは 140倍である。
初値で 1,156倍、今期予想発表翌日の10月16日は 1,127円で、71倍であった。

Salesforce社との提携を武器に、「働き方改革に関するプラットフォーム」という時流の
テーマに沿ったストックビジネスの高成長を、マーケットは評価しているはずだ。

いわば将来の夢を投資家は買っている段階であり、それが今回の3Q決算で一斉に現実に戻る
というのも、何か解せない。 しかも、進捗率は段々と加速しているのである。

足下のPERは無視して買われている段階で、今期の予想が仮に未達に終わったとしても将来の
成長から見れば、大した問題とも思えない。

1本値のストップ安とはなったが、前場にも取引が成立してある程度の出来高があった事は、
今後の戻りを暗示している様にも見える。

勿論、需給が崩れて直近では更なる下落も十分に考えられるが、中期的にはもしかすると大きな
チャンスなのかもそれない。

大きな期待を背負う、高成長・高PER銘柄への投資の難しさを感じた出来事であった。

<ブログ村ランキングに参加中。ランクアップにご協力下さい(→ありがとうございます)>

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00473]

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 Twitter : 圭壱@長期投資

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

 詳細は ---> 管理人プロフィール

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

  1. インターワークス

    6032 インターワークス 「ドライバータイムズ」 をリリース
  2. システナ

    2317 システナ 20年3月期・1Q決算は30%増益でコンセンサス超過
  3. 東計電算

    4746 東計電算 への株式投資
  4. システナ

    2317 システナ ストップ高、株価 3,000円台と3バガー達成
  5. ポートフォリオ月間状況

    ポートフォリオ状況 (18/12/28) ~4,000万円台維持も、含み益率は1…
PAGE TOP