システナ

2317 システナ 20年3月期・1Q決算は30%増益でコンセンサス超過

2317 システナ が本日7月25日の大引け後、2020年3月期の第1四半期決算を発表した。

指標毎の着地状況は、下表の通りとなった。市場のコンセンサスも併記。

実績(億円)
前期比(%)
対通期会社予想 進捗率(%)
通期予想(億円)
前期比(%)
直近進捗率(%)
1Q 2Q 3Q 4Q 会社 IFIS
売上高 152.46
+13.1
+24.14
631.47
+5.7
+24.14
640.50
+7.2
+23.80
営業利益 18.64
+27.0
+23.70
78.65
+14.0
+23.70
81.50
+18.1
+22.87
経常利益 18.17
+28.0
+23.84
76.22
+13.7
+23.84
77.50
+15.7
+23.45
純利益 12.30
+30.5
+23.93
51.40
+12.1
+23.93
53.00
+15.6
+23.20

純利益ベースでは前期比 +30.5%の増益を叩き出し、相変わらず安定した増益ぶりである。

1Qのコンセンサスは売上高 145.00、営業利益 15.00、経常利益 14.50、純利益 9.80(億円)
であり、全指標で見事にこれを上回る着地となった。

通期の会社予想およびコンセンサスに対する進捗率は経常利益・純利益とも 23%台に留まったが、
特に問題となるレベルではないと思われる。

<決算短信より>

・ソリューションデザイン事業(売上高 +14.0%、営業利益 +35.7%)
_車載:ITS(高度道路交通システム)アプリ開発やモビリティサービスの新領域で受注を獲得。
_社会インフラ:5G通信のインフラ整備、IoT機器のスマート駐車場、スマートガス等で売上伸長。
_ネットビジネス:5G向けのサービス改修や新規開発、評価業務で売上を伸ばした。
_業務システム:Open Source Softwareを活用した低コストのサービスを提供し、売上が伸びた。

・フレームワークデザイン事業(売上高 +7.8%、営業利益 +28.0%)
_前期に続き業務自動化ソリューションのライセンス販売を軸に、プロダクトベンダーとの協業や
_展示会・セミナー等を積極的に推進、開発支援等も増加し受注拡大。

・ITサービス事業(売上高 +11.3%、営業利益 +14.0%)
_顧客のプロフィット部門を中心にIT活用を支援する「PMO」に注力、高付加価値案件の受注が拡大。

・ソリューション営業(売上高 +14.0%、営業利益 +26.6%)
_Windows7機の更新需要や、システム一括案件等の多くのサーバー案件を獲得し計画を超過した。

・クラウド事業(売上高 +24.3%、営業利益 ▲51.6%)
_『Cloudstep』強化が既存顧客のニーズを的確に捉え、売上増大に繋がった。
_DXを実現するビジネスアプリプラットフォーム『Canbus.』は、スタートアップ企業や働き方改革
_などDXを推進する大手企業の部門からの引き合いが多く、受注が堅調に推移。

ソリューションデザイン事業の、営業利益 +35.7%という大きな増益率が目を引く。

一方で今回は減益となったクラウド事業は、全売上に占める比率もまだ 2%未満であり
今後、大きな成長が期待出来るセグメントである。

引き続き、DX(デジタルトランスフォーメーション)をキーワードに、どんどんビジネスチャンスを
拡げていってほしい。

次に、四季報夏号の記載。
業績・材料記事欄の内容は、下記の通りである。

【最高益】
_ソフト開発はオフショアも活用し好採算案件の受注獲得で快走。
_自社商材が新規客の引き合い多数で好調。
_新PC導入案件は一服。
_人員増や販促費負担を軽くこなし営業増益。
_最高益更新。連続増配。

【5年計画】
_売上高1,010億円、営業利益152億円目指す新中計発表。
_自社商材拡販し技術者採用にも注力。
_米国子会社はIoT分野の受注強化し単体黒字化狙う。

全体的に好調さがわかる記載になっており、2024年3月期を最終年度とする中期5ヵ年計画の
達成に向けて、これから邁進してくれるだろう。

_
次に、これまでの株価の動きを確認してみる。
同社株式の週足チャートおよび四半期決算における純利益の推移は、下記の通りである。


チャート出所:YAHOO! JAPAN by WORKS TECHNOLOGY

前期の本決算発表後、株価はITセクターの上昇相場の波に乗り 1,800円台を捉えた。
実質的な上場来高値は、7月12日に付けた 1,908円である。

好調な今回の1Q決算を確認したマーケットの評価が上がり、株価はいよいよ2,000円台への
躍動を見せてくれるだろうか。

今後の益々の成長とそれによるマーケットでの評価が上がる事を楽しみに、投資を続けたい。

<ブログ村ランキングに参加中。ランクアップにご協力下さい(→ありがとうございます)>

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00475]

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アクセスカウンター

  • 264 ・今日の訪問者数:
  • 289 ・昨日の訪問者数:
  • 2181 ・先週の訪問者数:

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

  1. 山田コンサルティンググループ

    4792 山田コンサルティンググループ 1Q決算は ・・・ サボッてたの?
  2. 割切投資

    3965 キャピタル・アセット・プランニング 19年9月期・1Qは赤字、株式2分…
  3. ウェルビー

    6556 ウェルビー 18年3月期本決算と増配を発表し上昇
  4. ソーバル

    2186 ソーバル 2019年2月期・3Q決算を発表、 2.2%増益
  5. コムチュア

    3844 コムチュア 2019年3月期・1Q決算を発表、91%増益
PAGE TOP