ウェルビー

6556 ウェルビー 20年3月期・1Q決算は24%増益、店舗展開は順調

6556 ウェルビー が8月13日の大引け後、2020年3月期の第1四半期決算を発表した。

指標毎の着地状況は、下表の通りとなった。市場のコンセンサスも併記。

実績(億円)
前期比(%)
対通期会社予想 進捗率(%)
通期予想(億円)
前期比(%)
直近進捗率(%)
1Q 2Q 3Q 4Q 会社 IFIS
売上高 15.93
+15.7
+23.65
67.37
+17.2
+23.65
68.50
+19.1
+23.26
営業利益 4.39
+21.2
+24.55
17.88
+19.6
+24.55
18.50
+23.8
+23.73
経常利益 4.40
+21.4
+24.62
17.87
+21.5
+24.62
18.50
+25.8
+23.78
純利益 2.77
+23.7
+22.78
12.16
+22.6
+22.78
12.60
+27.4
+21.98

1Qのコンセンサスは売上高:16.20、営業利益・経常利益:4.55、純利益:2.90(億円)で
何れも届かず、通期会社予想に対する進捗率も純利益ベースでは 23%程度に留まった。

しかし、増益率で見れば各利益とも前期比 20%以上を達成しており、一定の成果は挙げた。

会社は通期業績予想に対して順調に進捗しているとし、新設拠点・既存拠点の何れも利用者を順調に
獲得、前期に対して売上高営業利益率は 1.3%向上したとしている。

1Qにおける各拠点の新設状況は、下記の通りとなった。

_・就労移行支援事業所(ウェルビー)     :1センター(累計 68)
_・児童発達支援事業所(ハビー)       :1教室  (累計 22)
_・放課後等デイサービス事業所(ハビープラス):1教室  (累計 _6)

拠点は順調に増加しており、売上増大に伴う成長を今後も期待できそうである。


画像出所:ウェルビー株式会社 2020年3月期 第1四半期 決算説明資料

今期は合計で 105拠点、前期比で 12拠点の増加予定となっている。
2Q以降も計画に従い、着々とオープンしていけそうである。

_
8月13日には、内閣官房による障がい者ワーク・サポート・ステーションの運営支援等業務の
受託について発表している。

障がい者ワーク・サポート・ステーション事業は、国の機関での障がい者雇用を推進するため、
内閣官房内閣人事局が実施する。

本事業は、府省等からの依頼に応じて障がい者(実習生)を一定期間継続して派遣する。
また実習生と共に当社の支援要員も派遣され、実習生の指導や府省等からの相談を受け助言する。

2020年3月までの契約とし、東京都、さいたま市、名古屋市等の25機関程度で業務に当たる。

正に国策の一環であり、この様な取組みに当社が選ばれた事は非常に意義があるといえる。
これがキッカケとなり、今後は対象機関や契約期間の拡大に繋がっていけば良いなと思う。

_
次に、これまでの株価の動きを確認してみる。
同社株式の週足チャートおよび四半期決算における純利益の推移は、下記の通りである。


チャート出所:YAHOO! JAPAN by WORKS TECHNOLOGY

株価は1Q決算発表当日の13日は前日比 +84円と上昇し、期待の高さが伺えた。
そして発表を受けた14日は大きく上昇したが陰線となり、流石に本日は下落となった。

14日の高値は 2,009円となり上髭を残したが、これから再び 2,000円以上に昇って行く事が
出来るだろうか。

本業の拠点増加による成長と、子会社「ウェルビーリンク」によるコンサルティング事業など
新たな事業への発展を同時にこなし、上手く費用対効果を挙げて成長して行ってほしい。

国策という事業環境の中で、これからもその成長に期待して長期投資していく考えである。

<ブログ村ランキングに参加中。ランクアップにご協力下さい(→ありがとうございます)>

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00492]

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アクセスカウンター

  • 264 ・今日の訪問者数:
  • 289 ・昨日の訪問者数:
  • 2181 ・先週の訪問者数:

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

  1. 山田コンサルティンググループ

    4792 山田コンサルティンググループ ストップ高
  2. 投資全般

    (提案) IPO公募株にロックアップ枠の創設を
  3. 投資全般

    株式投資で取れるリスクはどこまで? 自分の立場をわきまえる
  4. プロシップ

    3763 プロシップ 2018年3月期本決算発表
  5. ポートフォリオ月間状況

    ポートフォリオ状況 (18/05/02) ~評価額 3.5%減少~
PAGE TOP