日本エス・エイチ・エル

4327 日本SHL 19年9月期・3Qは13%増益、通期予想を上方修正

4327 日本SHL が7月29日の大引け後、2019年9月期の第3四半期決算を発表した。

指標毎の着地状況は、下表の通りとなった。

実績 前期比 通期会社予想 進捗率
売上高 24.74億円 +8.9% 28.50億円 +86.81%
営業利益 12.02億円 +12.5% 11.92億円 +100.84%
経常利益 12.02億円 +12.6% 11.92億円 +100.84%
純利益 8.30億円 +13.5% 8.21億円 +101.10%

3Qも引き続き増収増益となり、増益率は2桁を維持した。
同時に通期予想を上方修正しており、純利益では 2.8%の増加率となった。

この時点で予想に対する各利益の進捗率は 100%を超過しているが、4Qは現在の受注見込みから
減収・赤字を予想している。

サービス形態別には、下記の通りであった。

売上高 構成比 前期比
プロダクト 15.58億円 63.0% +12.3%
コンサルティング 8.42億円 34.0% +5.3%
トレーニング 0.73億円 3.0% ▲14.4%

プロダクトは、引き続き総合適性Webテスト「GAB」を筆頭にサービス全般の販売が好調。

コンサルティングも、引き続き「Webテスト」の顧客仕様版の販売や各種分析案件の受注が好調。

一方トレーニングは、インハウスセミナーの受注減により売上が減少した。

顧客ニーズにあった営業を積極的に展開した結果、複数の新規案件の受注に成功し増収を確保した。

増収により増益を確保しているものの、売上原価や販管費は引き続き増加している。
売上原価:前期比 +3.9%、販管費:前期比 +6.3%

販管費の増加の一因は、相変わらずロイヤルティの増加である。

それでも2Qに続いて2桁増益を果たし、通期予想も上方修正した。
何とか4Qも残り2ヶ月で頑張ってもらい、少しでも黒字に近づける様にしてもらいたい。

__
次に、株価の動きについて確認してみる。
同社株式の週足チャートおよび四半期決算における純利益の推移は、下記の通りである。


チャート出所:YAHOO! JAPAN by WORKS TECHNOLOGY

株価は、4月26日に発表された2Q決算が 30%の増益となった事を受けて大きく上昇。
その後も値を保ち、今回の3Q決算発表翌日は ▲85円と下落したものの、直ぐに戻している。

今期配当は2Q実績:34円、4Q予想:34円で年間 68円、株価 2,000円での予想配当利回りは
税込み 3.4%であり、株価の下支え要因にもなり得るだろう。

今期も最後の4Qで少しでも超過着地を達成し、来期へと繋げてほしい。

これからも堅実なソリューション銘柄として、年々確実に成長する配当を受け取りながら
長期投資を続けて行きたい。

<ブログ村ランキングに参加中。ランクアップにご協力下さい(→ありがとうございます)>

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00493]

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アクセスカウンター

  • 262 ・今日の訪問者数:
  • 289 ・昨日の訪問者数:
  • 2179 ・先週の訪問者数:

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

  1. 東計電算

    4746 東計電算 株価 3,000円台達成
  2. ユニバーサル園芸社

    6061 ユニバーサル園芸社 が日経マネーに記載
  3. ウェルビー

    6556 ウェルビー 2019年3月期・2Q決算を発表、55%増益
  4. プロシップ

    3763 プロシップ 2018年3月期・2Q決算発表
  5. コムチュア

    3844 コムチュア 株価 2,000円台達成
PAGE TOP