東計電算

4746 東計電算 19年12月期・2Q決算は12%増益、ただいま変身中?

4746 東計電算 が8月5日の大引け後、2019年12月期の第2四半期決算を発表した。

指標毎の着地状況は、下表の通りとなった。

実績(億円)
前期比(%)
対通期予想 進捗率(%)
通期予想(億円)
前期比(%)
直近進捗率(%)
1Q 2Q 3Q 4Q 会社予想
売上高 38.43
▲0.9
+25.13
71.27
+1.1
+46.61
152.91
+2.6
+46.61
営業利益 8.96
+7.6
+29.05
14.08
+9.8
+45.65
30.84
+6.6
+45.65
経常利益 9.59
+12.0
+27.26
16.09
+11.5
+45.74
35.18
+8.3
+45.74
純利益 6.57
+11.4
+27.09
11.18
+12.2
+46.29
24.25
+8.5
+46.29

売上高は微増に留まったが、経常利益・純利益は1Qに引き続き2桁の増益を達成した。

しかし通期予想に対する進捗率は、標準を超過した1Qとは一転してペースダウンとなった。

1.情報処理・ソフトウェア開発業務

_・売上高は前期比 +0.4%、営業利益は前期比 +10.4%(1Qは +4.6%)
_・システム運用業務が、堅調に推移した。

2.機器販売業務

_・売上高は前期比 +9.0%、営業利益は前期比 +11.5%(1Qは +80.5%)
_・ソフトウェアの導入や更新に伴う、ハードウェアの入れ替えや増設等が増加。

3.リース等その他の業務

_・売上高は前期比 ▲1.1%、営業利益は前期比 ▲15.0%(1Qは ▲17.5%)
_・事務機器のレンタル収入は堅調であったが、機器販売が反動減となった。

それぞれの売上構成比率は、順に約 88%、9%、3% である。

リース等その他の業務は1Qに引き続き減収減益となっているが、主力の情報処理・ソフトウェア
開発業務の営業利益が +10%超と好調なため、全体を牽引している。

進捗率にブレーキが掛かっている事からわかる様に、2Q単体の実績は1Qに対し減少している。

各指標を1Qと2Q単体でその差分を比較すると、下記の通りとなる。(単位:億円)

_       1Q  2Q単体  _差分
_売上高   38.43  32.84  ▲5.59
_売上原価  24.60  21.68  ▲2.92
_売上利益  13.82  11.16  ▲2.66
_販管費   _4.86  _6.04  +1.18
_営業利益  _8.96  _5.12  ▲3.84
_営業外   _0.62  _1.39  +0.77
_経常利益  _9.59  _6.50  ▲3.09
_純利益   _6.57  _4.61  ▲1.96

_※営業外費用と収益のネットは、1Q・2Q単体の何れもプラス。

売上原価率は、1Q:64%、2Q単体:66% でほぼ同水準。
販管費率は、 1Q:13%、2Q単体:18% で少し上昇。

1Q → 2Q単体の差分を見ると、原価率は変わらずで粗利は ▲2.6億円、販管費が +1.2億円で
合わせて営業利益が ▲3.8億円。

これにネットとしての営業外収益の差分が +0.8億円で、経常利益が ▲3.0億円。

結局、販管費率の上昇を営業外収益の増加(6月末の配当金受領による)により多少補ったが
売上高の減少が、最後まで尾を引いた形となった。

原価率はほぼ変動が無いため大きな問題はないものの、販管費を可能な限り抑える事で
今後も効果的に、利益を挙げてもらえればと思う。

次に、四季報夏号の記載。(一部、句読点を追加)

【連続最高益】
_強化中の課金型事業は、着実積み上げ。
_ただ、ウィンドウズ7サポート終了に伴う機器販売一巡。
_システム開発も、建設関連やや軟調。
_プロジェクト管理強化し、営業増益基調維持。
_最高純益更新で増配も。

【開発効率化】
_開発要員を長期固定化する顧客別開発を抑制し、課金型のクラウドサービスを推進。
_BPO事業は、自治体向けのコールセンター業務などを積極開拓へ。

従来の請負中心のシステム開発事業から、ストック型クラウドサービス事業へと舵を切っている。
同じくストック型のBPO事業への取組みと相まって、将来大きく成長する可能性を秘めている。

あと数年もたてば、株価もその居所を大きく変えるかもしれないと、一人ほくそ笑むのである。

最後にその株価だが、これまでの動きを確認してみたい。
同社株式の週足チャートおよび四半期決算における純利益の推移は、下記の通りである。


チャート出所:YAHOO! JAPAN by WORKS TECHNOLOGY

株価は相変わらず、変わり映えのしない小動きが続いている。
これだけ着実に増益を積み重ねているのに、マーケットの目や耳には全く入らない様だ。

今回の2Q決算発表を受けた8月6日の取引も、前日比 ▲66円と無視された格好である。
市場の神様は、一体何が気に入らないのか。全く退屈極まりない。

まぁ、良い。 ”泣かぬなら、鳴くまで待とうホトトギス”

2015年11月に、3844 コムチュア に投資した時もこんな感じの煮詰まったチャートだった。

今後段々とストックビジネスの割合を高め、収益力が向上して更に実績を上げる事で、自然と
株価にも刺激を与える事になるだろうと考えている。

増収増益を重ねているという実績と、クラウド・BPO・ストックビジネス等の単語により
多くの投資家が認知する様になれば、自ずと結果に現れるだろう。

地味な銘柄が変身し、マーケットのスポットライトを浴びる日はいつか ?
その日がやって来る事を楽しみに、これからも引き続き投資を継続していく考えである。

<ブログ村ランキングに参加中。ランクアップにご協力下さい(→ありがとうございます)>

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00494]

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アクセスカウンター

  • 93 ・今日の訪問者数:
  • 237 ・昨日の訪問者数:
  • 1737 ・先週の訪問者数:

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

  1. ジャパンマテリアル

    6055 ジャパンマテリアル 株価上昇は小幅、今後は安泰か
  2. 日進工具

    6157 日進工具 東証1部への指定替えと株式売出しを発表
  3. 投資全般

    会社の飲み会で口が滑り、株の話しをした結果
  4. ポートフォリオ月間状況

    ポートフォリオ状況 (17/10/06) ~評価額 3,900万円達成~
  5. 東計電算

    4746 東計電算 19年12月期・2Q決算は12%増益、ただいま変身中?
PAGE TOP