リログループ

8876 リログループ 20年3月期・1Q決算は増収も10%減益

8876 リログループ が8月9日の大引け後、2020年3月期の第1四半期決算を発表した。

指標毎の着地状況は、下表の通りとなった。市場のコンセンサスも併記。

実績(億円)
前期比(%)
対通期会社予想 進捗率(%)
通期予想(億円)
前期比(%)
直近進捗率(%)
1Q 2Q 3Q 4Q 会社 IFIS
売上高 658.73
+9.3
+23.53
2800.00
+11.6
+23.53
2767.62
+10.3
+23.80
営業利益 35.23
▲11.0
未発表 205.92
+15.2
+17.11
経常利益 38.55
▲5.7
未発表 226.15
+12.7
+17.05
純利益 24.14
▲10.2
+17.12
141.00
+8.4
+17.12
145.52
+11.4
+16.59

売上高は増収となったが、珍しく減益となった。
通期予想に対する進捗率も、17%台と低迷している。

市場のコンセンサスも1Q純利益は 32億円であり、届かなかった。
子会社化したBGRSの、株式取得に係る費用が発生したためとしている。

<国内リロケーション事業>
(売上高:533億円(+10.2%)、営業利益:19億円(▲7.0%))
_・借上社宅管理戸数が堅調に積み上がり、管理手数料収入が伸長。
_・物件検索等の、転居支援サービスによる収益が貢献。
_・賃貸管理戸数が増加し、事業基盤の拡大に寄与。
_・前期1Qは不動産売却益の計上があり、減益に。

<福利厚生事業>
(売上高:54億円(+20.6%)、営業利益:17億円(▲22.3%))
_・会員数や企業数が増加し、会費収入が伸長。
_・住まいの駆け付けサービスが、好調に推移。

<赴任支援事業>
(売上高:15億円(+1.1%)、営業利益:3億円(+1.7%))
_・海外出張時における、ビザ・航空券の手配やインバウンドサービス等が伸長。

<海外事業>
(売上高:22億円(▲23.3%)、営業利益:0億円(▲86.4%)
_・前期1Qは不動産売却益の計上があり、減益に。

<観光事業>
(売上高:32億円(+14.3%)、営業利益:5億円(+39.1%))
_・ホテル運営事業で、運営施設数が増加。
_・別荘のタイムシェア事業で、新規契約数が増加。
_・備品の共同利用等により、運営効率を向上。

BGRSの株式取得費用は、メガバンク3行から合計 500億円を借り入れた事を同時に発表。
これにより短期借入金残高は、前期末の 55.68億円から 563.95億円に膨張している。

損益としては販管費が前期1Qの 64.23億円から 76.78億円に増えており、結局これが
最終利益まで影響して減益となっている。

2Q以降は挽ぜひ回して頂き、通期での超過をお願いしたい。

大枚をはたいて投資した BGRS の今期業績への寄与は現在精査中(6月28日発表)であるが、
こちらも今後、期待したい所である。

_
次に、これまでの株価の動きを確認してみる。
同社株式の週足チャートおよび四半期決算における純利益の推移は、下記の通りである。


チャート出所:YAHOO! JAPAN by WORKS TECHNOLOGY

株価は2018年から 上は 3,000円+α、下は 2,500円程度のボックス相場となっており
今回の決算を受けて一段下がり、下限領域に近付いている。

11月中旬の2Q発表までは、このままダラダラと行くのかもしれない。
2Qで目の覚める様な着地を発表し、マーケットが覚醒する事を期待したい。

今後も攻守のバランスを取りながらストックを積み上げ、長期的に成長して行く事を
期待しながら、長期で投資を続ける予定である。

<ブログ村ランキングに参加中。ランクアップにご協力下さい(→ありがとうございます)>

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00497]

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アクセスカウンター

  • 93 ・今日の訪問者数:
  • 237 ・昨日の訪問者数:
  • 1737 ・先週の訪問者数:

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

  1. コムチュア

    3844 コムチュア 1Qは40%増益でコンセンサス超過、株式2分割と優待拡充
  2. 投資方針

    投資の対象
  3. コムチュア

    3844 コムチュア 2019年3月期・3Q決算を発表、21%増益
  4. 東計電算

    4746 東計電算 2017年12月期・2Q決算発表
  5. ソーバル

    2186 ソーバル 2018年2月期・本決算発表
PAGE TOP