インターワークス

6032 インターワークス 2018年3月期・1Q決算発表

6032 インターワークス が本日8月1日の昼、 2018年3月期の第1四半期決算を発表した。

指標毎の状況は表の通り。

実績 前期比 通期予想 進捗率
売上高 10.0億円 ▲4% 46.0億円 +21%
営業利益 1.6億円 ▲27% 9.5億円 +16%
経常利益 1.6億円 ▲27% 9.5億円 +16%
純利益 1.1億円 ▲27% 6.4億円 +17%

純利益は27%の減益となった。

直近数年の決算は全て増益を達成していたため、少々予想外の数字である。
アナリストコンセンサスにも届いていない。

株価も発表後に一気に降下し、約100円安で本日の取引を終えた。

前期より求人メディア「工場WORKS」に経営資源を集中しているが、更にサービス拡充のための
成長投資を行った結果だという。

従来の製造派遣、請負に加え、製造メーカーの直雇用領域への一層の営業を行った結果、
直メーカー企業数が前第1四半期の74社から158社に増加したとあり、明るい内容ではある。

進捗率が17%で通期の会社予想を達成出来るのか不安があるが、「工場WORKS」への集中が裏目に
出ずに成長する事を祈りつつ、状況を監視しながら長期投資を継続したい。

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00044]

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 Twitter : 圭壱@長期投資

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

 詳細は ---> 管理人プロフィール

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

 ・2019年   5,988 万円 ( +43%+283%

  1. 日進工具

    6157 日進工具 2019年3月期・1Q決算を発表、18%増益
  2. 日進工具

    6157 日進工具 2018年3月期本決算発表
  3. 山田コンサルティンググループ

    4792 山田コンサルティンググループ 2Qは利益出すも下方修正
  4. インターワークス

    6032 インターワークス 2019年3月期・1Q決算を発表、31%減益
  5. 日本M&Aセンター

    2127 日本M&Aセンター 2018年3月期・3Q広報誌届く
PAGE TOP