システナ

2317 システナ 18年3月期決算予想の上方修正を発表

2317 システナ が昨日4月20日の正午、18年3月期業績予想の上方修正を発表した。

指標毎の修正状況は下表の通りとなった。

前回予想 今回予想 増減額 増減率
売上高 492.53億円 543.20億円 50.67億円 +10.3%
営業利益 44.04億円 51.68億円 7.64億円 +17.3%
経常利益 44.16億円 51.42億円 7.26億円 +16.4%
純利益 30.11億円 35.36億円 5.25億円 +17.4%

修正理由として、売上高はソリューション営業で大規模なPCの入れ替え案件の売上を
計上したため、各利益はソリューションデザイン事業を中心に単価の上昇が浸透し
利益率が向上したためとしている。

同社はPCのキッティング・移設サービス(マスタPCの要件調整・設計・設定・テストから
現場で使用するPCの設定量産・展開・配付および既存PCの回収まで)を展開している。

マイクロソフトは定期的に新OSを発表するし、古いOSとなったPCはセキュリティ的に
脆弱となり、企業に大きなダメージを与える個人情報の詐取に繋がるリスクがある。

したがって企業は嫌々ながらも、定期的にPCに投資しなければならない時代なのである。

全国展開している様な大きな企業から受注すれば、基本的には従業員の人数分のPCの
入替えプロジェクトとなるため、大きな受注金額となる。

しかしそれなりの規模の企業が全従業員のPCを入替えるのは、中々大変な作業である。

個別ソフトのインストールや各種設定などPCの仕様も企業独自のものになっているのが
普通であり、その仕様にあったマスタPCを作成し、業務に影響が出ない様な方法や
スケジュールで展開しなければならない。

また各PCの情報(機種名、S/N、MACアドレス、IPアドレス、インストールソフト等)や
貸与情報(設置場所、フロア、使用者ID、氏名等)を収集し、物件・資産としての管理も
行える様にしなければならない。

それなりのノウハウが必要な事業であり、受注すれば利益に繋がる商売なのである。
ITに関しては何でもこなしている、同社ならではのサービスである。

さて昨日の取引であるが、正午の発表を好感して後場はカイ気配でのスタートとなった。


画像出所:YAHOO! JAPAN

しかし寄り付いた 4,420円が高値となり、大きな上髭を付けてその後は急速に値を崩し
結局大引けでは 4,165円、前日比 +205円(+5.18%)に留まった。

今週は先週に続いて軟調な値動きが続いており、結局は自律反発の域を出なかった。
地合がもう少し良ければ反応もまた違ったであろう。
残念ではあるが、決算発表に向けて地力を温存したと考えれば良い。

続いて同社の週足チャートと、四半期決算における純利益の推移を表示したのが
下記の図である。


チャート出所:YAHOO! JAPAN by WORKS TECHNOLOGY

純利益は2017年3月期は前期比 ▲2.3%での着地となったが、2018年3月期は期初 +37.1%の大幅な
増益予想で株価はこれを好感して上伸。

実績は1Qは +46.9%、2Qは +44.9%、3Qは +60.8%で全て確実に増益で着地し、株価は全て点火。
そして今回、期末予想を従来の +37.1%から更に +60.9%に上方修正である。

株価は今回は点火とはならなかったが、上方修正で予想EPSは 123.46円 → 145.00円となった。
これにより、予想PERは 28.72倍と再び30倍を割り込んでいる。

今回期末配当予想は 25円を据え置いたが、2月1日の3Q決算発表と同時に従来予想の 21円を 25円に
増額し、上期実績 21円と合わせて通期で 46円の予想に引き上げている。

この時点での年間配当性向は、46円 / 123.46円 = 37.259% となる。

蛇足ではあるが、仮に今回修正したEPSで同一配当性向を維持すると仮定すると、年間配当金額は
X円 / 145.00円 = 37.259%  X ≒ 54円 となり、期末配当は 33円となる。

期末配当を更に8円増配ともなれば、マーケットにはそれなりのインパクトを与えられそうである。
同社はそんな私の勝手な想いを叶えてくれるだろうか。(敢えて温存したと思いたい。)

何れにしろチャートの形からこのままアイドリングを続け、5月9日に予定されている決算発表を
受けてのアク抜けを期待したいが、果たしてどうなるか。

また今週17日には、5月に東京ビックサイトで行われるAI・RPA・チャットボット等業務自動化
ソリューションの専門イベント「Japan IT Week 春 2018」に3種類のRPAツールソリューション
およびチャットボットを出展する事を発表している。


画像出所:株式会社システナ

 1.WinActor
  比較的老舗のGUIによる開発可能な万能型RPAソリューション

 2.ROBOWARE
  Javaを初めとした複数の言語で一から開発可能なRPAソリューション

 3.ASTERIA WARP Core
  プログラミング不要でデータ連携機能に特化したRPAソリューション。

 4.CoCobox
  来場者を想定したQ/Aを学習済のオリジナルチャットボット。

3月28日にその名も 6572 RPAホールディングス がIPOし話題となっているが、システナも
RPAソリューションには抜かりなく対応している。

RPA関連銘柄として市場に認知される様になれば、もう一段その評価も上がると考えている。

そういった短期的な期待先行の市場評価にも期待しているが、何れにしろ同社は今後も長期的に
大きな成長を遂げて行くと考えている。

2010年に旧カテナを合併した様に、今後また成長に向けて大きなM&Aの可能性もある。
大きな夢を抱いて、今後も長期的に株主として応援していくつもりである。

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00227]

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 Twitter : 圭壱@長期投資

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

 詳細は ---> 管理人プロフィール

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

  1. ポートフォリオ全般

    9月末配当・権利落ち銘柄の値動き
  2. アイ・アールジャパンホールディングス

    6035 アイ・アールジャパンホールディングス への株式投資
  3. ポートフォリオ全般

    四半期決算総括 ストップ高もストップ安もなく平穏無事に通過?
  4. プロレド・パートナーズ

    7034 プロレド・パートナーズ 業績発表には市場との対話が欠かせない
  5. エムケイシステム

    3910 エムケイシステム 18年3月期本決算発表で一時ストップ安
PAGE TOP