システナ

2317 システナ 20年3月期・2Q決算は28%増益

2317 システナ が本日10月24日の大引け後、2020年3月期の第2四半期決算を発表した。

指標毎の着地状況は、下表の通りとなった。市場のコンセンサスも併記。

実績(億円)
前期比(%)
対通期会社予想 進捗率(%)
通期予想(億円)
前期比(%)
直近進捗率(%)
1Q 2Q 3Q 4Q 会社 IFIS
売上高 152.46
+13.1
+24.14
314.11
+15.4
+49.74
631.47
+5.7
+49.74
646.67
+8.2
+48.57
営業利益 18.64
+27.0
+23.70
41.09
+27.0
+52.24
78.65
+14.0
+52.24
82.38
+19.4
+49.88
経常利益 18.17
+28.0
+23.84
39.61
+26.5
+51.97
76.22
+13.7
+51.97
79.47
+18.5
+49.84
純利益 12.30
+30.5
+23.93
26.80
+27.9
+52.14
51.40
+12.1
+52.14
54.00
+17.8
+49.63

各利益は前期比 27%前後の大幅増益を達成し、全ての指標が1Q実績の2倍以上で着地して
そのスピードを上げる事に成功した。

前日23日に発表された通期のコンセンサスも、1Q時より純利益で 19%近く引き上げられたが
それでも 50%近くの進捗率で食らい付いた。

また2Q単体では、純利益ベースはコンセンサス 12.19億円、実績 14.50億円で超過した。

<決算短信より>

・ソリューションデザイン事業(売上高 +13.6%、営業利益 +25.9%)
_車載:ITSに関わるアプリ開発や、モビリティサービスに関わる新たな領域で受注を獲得。
_社会インフラ:1Qに続き5G通信の整備、IoT機器のスマート駐車場、スマートガス等で売上伸長。
_ネットビジネス:増税に伴う、キャッシュレス決済の関連システム開発、検証で売上を拡大。
_スマートデバイス/ロボット/AI:省人力化の業務用途のロボット等、新たな分野で受注を拡大。

・フレームワークデザイン事業(売上高 +10.2%、営業利益 +30.1%)
_金融分野は、前期からの大型保険システム開発、新規の金融、保険、業務システム開発が順調。
_業務自動化ソリューション商材を拡張しライセンス販売が拡大、導入支援、開発支援等も増加。

・ITサービス事業(売上高 +11.2%、営業利益 +13.7%)
_従来の派遣型サービスから、「ITサポート」、「ITインフラ構築」といった請負型業務へシフト。
_1Qに続き、戦略的IT活用を支援する「PMO」に注力した結果、高付加価値案件の受注が拡大。

・ソリューション営業(売上高 +20.5%、営業利益 +41.8%)
_Windows7搭載機のサポート終了、働き方改革関連法の施行、消費税増税などに伴う市場の需要を
_捉え、PCの販売台数は前年同期に比べ、高い伸びで計画を超過。

・クラウド事業(売上高 +25.0%、営業利益 +11.4%)
_「GSuite」や「MicrosoftOffice365」と連携する『Cloudstep』を中心とした戦略を推進。
_ビジネスアプリプラットフォーム『Canbus.』は、システムインテグレーション案件を数多く受注。

1Qと比較してフレームワークデザイン事業が売上・利益ともに伸び、また一過性の性質はあるが
ソリューション営業が大きく伸長した。

そしてクラウド事業も、1Qは営業利益は減益であったが 2Q累計では 2桁の伸びを記録した。

全体的に満遍なく確実に利益を上げており、調子は良い。

9月10日には、2753 あみやき亭 の連結子会社である「アクトグループ」が『Canbus.』を
導入した事を発表している。


画像出所:株式会社システナ

従業員数 300名+α程度の規模であるが、導入により従来の店舗で手書き ⇒ 本部へのFAX で
行っていた業務は、PCへの入力で完了。

本部のFAX用紙量は削減され、保管場所の確保も不要になり大幅な運用コスト削減に成功した。

システム導入の一例ではあるが、これを皮切りにグループや取引先への導入が増えて行く事を
期待している。

_
最後に、これまでの株価の動きを確認してみる。
同社株式の週足チャートおよび四半期決算における純利益の推移は、下記の通りである。


チャート出所:YAHOO! JAPAN by WORKS TECHNOLOGY

株価は、前期 3Qが大幅増益であったものの発表後は大きく下落。
しかしそこが安値となり、4月以降はIT関連銘柄の物色の流れに乗り7月まで上昇した。

その後は今期1Qも 30%増益で好調さをマーケットに示したが、株価は息切れした。

現在は程よく調整した後であるが、28%の大幅増益で市場の予想にも付いてきており
明日以降の反応がどうなるか、注目したい。

安心して投資を継続出来る企業であり、今後も長期目線で投資を続けたい。

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00512]

★ブログ村に参加・ランキングされています。 応援宜しくお願いします。
ブログ村ランキング(株 中長期投資)
ブログ村ランキング(株の基礎知識)

★アフィリエイトプログラムです。 ご利用お待ちしております。
・アマゾン ===> Amazon
・楽天市場 ===> Rakuten
・ヤフーショッピング ===> Yahoo!ショッピング



コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 Twitter : 圭壱@長期投資

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

 詳細は ---> 管理人プロフィール

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

 ・2019年   5,988 万円 ( +43%+283%

  1. JACリクルートメント

    2124 JACリクルートメント 19年1Qは+62%でコンセンサス大幅超過
  2. システナ

    2317 システナ 上場来高値更新、6バガー達成
  3. ソーバル

    2186 ソーバル 2019年2月期・3Q決算を発表、 2.2%増益
  4. JACリクルートメント

    2124 JACリクルートメント 6%増益。今期19%増益・15円増配、中計発表…
  5. 山田コンサルティンググループ

    4792 山田コンサルティンググループ 売られすぎの反騰開始?
PAGE TOP