日本M&Aセンター

2127 日本M&Aセンター 20年3月期・2Qは26%増益で進捗は加速

2127 日本M&Aセンター が本日10月30日の大引け後、2020年3月期の第2四半期決算を発表した。

指標毎の着地状況は、下表の通りとなった。市場のコンセンサスも併記。

実績(億円)
前期比(%)
対通期会社予想 進捗率(%)
通期予想(億円)
前期比(%)
直近進捗率(%)
1Q 2Q 3Q 4Q 会社 IFIS
売上高 79.67
+29.1
+24.59
176.96
+23.1
+54.62
324.00
+13.8
+54.62
330.00
+15.9
+53.62
営業利益 38.96
+51.0
+28.36
91.86
+32.3
+68.04
135.00
+7.7
+68.04
144.00
+14.9
+63.79
経常利益 39.28
+51.5
+29.10
92.45
+32.9
+68.48
135.00
+7.7
+68.48
144.00
+14.9
+64.20
純利益 26.81
+31.4
+29.40
63.37
+26.1
+69.48
91.20
+2.8
+69.48
97.00
+9.4
+65.33

純利益は前期比 +26%と1Qに続き大幅増益を達成、通期予想の進捗率も 70%近くに到達した。
2Q期間における過去最高益を更新し、非常に好調である。


画像出所:株式会社日本M&Aセンター 決算短信

業績の各指標値はコンセンサスには届かなかったものの、何れも1Q実績の2倍以上を達成して
加速している。そして、これだけの増益率を達成している。

28日に2Q予想を上方修正しているが、通期予想は変更していない。
何れどこかのタイミングで、上方修正が発表される事になるだろう。

期間中のM&A案件の成約件数は 519件、前年同期間は 385件で 34.8%の増加である。
2Q単体は 285件、前年同期間は 212件で 34.4%の増加となり、件数は何れも過去最高だった。

1Qに引き続き、新たな地方エリア戦略に基づくセミナー展開に注力。

経営者のための事業承継セミナーを7月に中国・四国・兵庫エリアで20会場、7月~9月に
関東エリアで8会場、それぞれ開催。

また、建設、食品・飲食、ソフトウェア、調剤薬局といった専門特化セミナーを多数開催。
それらは、今後の案件成約件数の増加に貢献するのだろう。

_
なお、今回決算発表と同時に、株主優待制度の変更を発表。

「多くの方々が当社株式を保有」から「長期に亘り当社株式を保有」にその目的を変更し、
1年以上継続保有した株主のみの対象へと、制度変更された。

優待品(100株以上で一律、魚沼産コシヒカリ5kg)に変更はない。

株主優待制度の本来の目的には叶う制度変更であるが、優待権利取り投資家には不評かも。

_
最後に、これまでの株価の動きを確認してみたい。
同社株式の週足チャートおよび四半期決算における純利益の推移は、下記の通りである。


チャート出所:YAHOO! JAPAN by WORKS TECHNOLOGY

株価は、今期予想が営業・経常利益 +7.7%、純利益 +2.8%に留まった事を受けて5月に
窓を開けて下落したが、1Qの発表で窓は一旦閉められた。

その後は再び下落するも直ぐに戻し、28日の2Q予想の上方修正発表で今期予想の発表直前の
位置に、再び戻ってきた。

明日以降、どの様な推移になるのだろうか。
コンセンサスに届かない事を理由に、再び売られてしまうのだろうか。

何れにしろ業績は好調であり、黙って株主として付いて行くだけである。
長期投資で報われる企業の株式であり、何れお宝になる日が楽しみである。

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00514]

★ブログ村に参加・ランキングされています。 応援宜しくお願いします。
ブログ村ランキング(株 中長期投資)
ブログ村ランキング(株の基礎知識)

★アフィリエイトプログラムです。 ご利用お待ちしております。
・アマゾン ===> Amazon
・楽天市場 ===> Rakuten
・ヤフーショッピング ===> Yahoo!ショッピング



コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 Twitter : 圭壱@長期投資

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

 詳細は ---> 管理人プロフィール

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

 ・2019年   5,988 万円 ( +43%+283%

 ・2020年   9,634 万円 ( +61%+517%

 ・2021年   6,549 万円 ( ▲32%+319%

カテゴリー

  1. 東計電算

    4746 東計電算 上場来高値を更新、4,500円台でダブルバガー達成
  2. ソーバル

    2186 ソーバル 株価 2,000円台と一時5バガー達成
  3. 東計電算

    4746 東計電算 株価 3,000円台達成
  4. アイ・アールジャパンホールディングス

    6035 アイ・アールジャパンHD から株主通信。挨拶文に握力強まる
  5. インターワークス

    6032 インターワークス 「ドライバータイムズ」 をリリース
PAGE TOP