日本エス・エイチ・エル

4327 日本SHL 19年9月期・本決算は6%増益、4円増配

4327 日本SHL が10月30日の大引け後、2019年9月期の本決算を発表した。

指標毎の最終着地状況は、下表の通りとなった。

実績 前期比 通期会社予想 最終着地率
売上高 29.14億円 +7.8% 28.50億円 +102.25%
営業利益 12.29億円 +5.9% 11.92億円 +103.10%
経常利益 12.30億円 +6.0% 11.92億円 +103.19%
純利益 8.40億円 +5.8% 8.21億円 +102.31%

受注見込みから減収・赤字を予想していた4Q単独は、何とか黒字を確保。
最終的には、純利益ベースで前期比 +5.8%と増益での着地となった。

サービス形態別には、下記の通りであった。

売上高 構成比 前期比
プロダクト 18.29億円 62.8% +12.6%
コンサルティング 9.95億円 34.1% +0.8%
トレーニング 0.89億円 3.1% ▲2.9%

プロダクトは、総合適性Webテスト「GAB」を筆頭にサービス全般の販売が期を通して好調。

コンサルティングは、評価代行案件の受注が好調であったことによる。

トレーニングは、インハウスセミナーの受注減により売上が減少した。

今期は、来春の新卒者の就職内定率が高水準を維持している等、売り手市場が顕著な状況が
継続の中、企業の採用活動は10連休の影響もあり昨年以上に早期収束。

この環境下で、導入・運用が比較的容易なプロダクトサービスが顧客企業から支持された。
また、社員アセスメント案件等を複数受注したことから増収を確保。

売上原価は +4.9%で、受注増による会場テスト外注費の増加が主な要因。

販管費は +10.8%で、人員拡充や人件費、そしてロイヤルティの増加が要因。

ロイヤルティの増加は想定通りで厳しくなる傾向だが、それをはね除ける売上と自社製品の
販売拡大を今後も進めてほしい。

また、同時に発表した2020年9月期の業績予想は下表の通りとなった。

今期予想 前期比
売上高 30.22億円 +3.7%
営業利益 12.69億円 +3.2%
経常利益 12.67億円 +3.0%
純利益 8.61億円 +2.5%

新規学卒者の採用選考等に関する何らかのルールが策定されることも視野に入れつつ、
引き続き企業のニーズを正確に分析・把握し、最適なサービスを提供するとしている。

1桁の増収・増益率で大人しいが、堅実に業績を挙げて行ってほしい。

<配当は増配>

2019年9月期は中間 34円、期末配当は予想より 3円増やし37円で株主総会へ付議となった。
前期からは、トータルで 4円の増配となる。

2020年9月期は、中間・期末ともに 36円の予定としている。

配当性向は 50%を基本としており、株主としては有り難い存在である。
高配当と堅実な成長を両立させる企業として、評価している。

__
次に、株価の動きについて確認してみる。
同社株式の週足チャートおよび四半期決算における純利益の推移は、下記の通りである。


チャート出所:YAHOO! JAPAN by WORKS TECHNOLOGY

株価は 2019年に入ってからは、ここまで上昇トレンドを継続している。
このまま 2,400円程度までまた昇り詰めてくれないかなと、淡い期待を抱いている。

2,400円でも予想PER:16.7倍、配当利回り:税込 3.0%であり、十分に可能性がある。

今後も引き続き、高配当を享受しながら長期投資でその成長と変革のプロセスを
見つめ続けて行きたい。

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00521]

★ブログ村に参加・ランキングされています。 応援宜しくお願いします。
ブログ村ランキング(株 中長期投資)
ブログ村ランキング(株の基礎知識)

★アフィリエイトプログラムです。 ご利用お待ちしております。
・アマゾン ===> Amazon
・楽天市場 ===> Rakuten
・ヤフーショッピング ===> Yahoo!ショッピング



コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 Twitter : 圭壱@長期投資

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

 詳細は ---> 管理人プロフィール

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

  1. ポートフォリオ全般

    四半期決算総括 PFの半数が下落相場に飲まれる
  2. 投資方針

    握力強化のため、株価の未来を想像する
  3. アトラ

    6029 アトラ 株価は現在悪路を走行中、走破なるか?
  4. エスティック

    6161 エスティック 続伸し株価 5,000円台達成
  5. 日本エス・エイチ・エル

    4327 日本SHL 2018年9月期・本決算を発表、 5%増益・3円増配
PAGE TOP