リログループ

8876 リログループ 20年2Q決算はコンセンサスを超過し株価も反応

8876 リログループ が11月7日の大引け後、2020年3月期・第2四半期決算を発表した。

指標毎の着地状況は、下表の通りとなった。市場のコンセンサスも併記。

実績(億円)
前期比(%)
対通期会社予想 進捗率(%)
通期予想(億円)
前期比(%)
直近進捗率(%)
1Q 2Q 3Q 4Q 会社 IFIS
売上高 658.73
+9.3
+23.53
1485.68
+21.1
+53.06
2800.00
+11.6
+53.06
2806.63
+11.9
+52.93
営業利益 35.23
▲11.0
88.78
+2.2
未発表 203.80
+14.1
+43.56
経常利益 38.55
▲5.7
95.92
+2.5
未発表 226.40
+12.8
+42.37
純利益 24.14
▲10.2
+17.12
63.12
+1.4
+44.77
141.00
+8.4
+44.77
145.05
+11.5
+43.52

会社予想に対する純利益の進捗率は 50%には届かなかったものの、増収増益を確保。
2Q累計・単体共に、全ての指標値で市場の予想を上回った。

[2Q累計コンセンサス]
売上高:1370.00、営業利益:85.00、経常利益:92.00、純利益:60.00(億円)

[2Q単体実績]
売上高:826.95、営業利益:53.55、経常利益:57.37、純利益:38.98(億円)

[2Q単体コンセンサス]
売上高:711.29、営業利益:49.78、経常利益:53.45、純利益:35.86(億円)

[1Q→2Q単体の増加率]
1Q比で各指標値とも大きく上回り、そのスピードを上げた。
売上高:+25%、営業利益:+52%、経常利益:+49%、純利益:+61%

<国内リロケーション事業>
(売上高:1,075億円(+11.5%)、営業利益:38億円(+1.0%))
_・借上社宅管理戸数が積み上がり、管理手数料収入が伸長。
_・物件検索等の、転居支援サービス利用件数も増加。
_・賃貸管理戸数が前年同期を上回り、堅調に推移。
_・前期1Qは不動産売却益の計上があり、減益に。

<福利厚生事業>
(売上高:104億円(+19.1%)、営業利益:35億円(+22.4%))
_・引き続き地方の営業を積極的に展開し、会費収入が増加。
_・住まいの駆け付けサービスの顧客企業数が増加し、業績に寄与。

<赴任支援事業>
(売上高:30億円(+1.1%)、営業利益:6億円(+12.3%))
_・海外赴任時のビザや国際引越の件数が前期を上回り、業績が伸長。

<海外事業>
(売上高:193億円(+248.0%)、営業利益:10億円(+121.5%)
_・BGRSがグループ入り、グローバル企業への赴任管理サービスを開始。
_・北米を中心に、赴任者向け住宅斡旋数が堅調に推移。

<観光事業>
(売上高:79億円(▲6.7%)、営業利益:16億円(▲22.3%))
_・別荘のタイムシェア事業の業績が回復。
_・ホテル運営事業は、保有施設のバリューアップサイクルが順調に進捗。
_・前期に当期を上回る大型物件の売却があり、減益となった。

_
6月末にBGRSの株式取得が完了し、2Qより連結決算に反映されている。
このため、海外事業が1Qの売上高:22億円、営業利益:0.4億円から大幅増となった。

観光事業も、1Qの売上高:32億円、営業利益:5億円から利益は3倍以上と加速しているが、
全体の営業利益の増加に最も貢献したのは、連結化されたBGRSを含む海外事業となった。

メガバンクから 500億円を借入し投資した BGRS について、先ずは結果が出て良かった。
今後の海外事業の成長には、大いに期待したい所である。

_
次に、これまでの株価の動きを確認してみる。
同社株式の週足チャートおよび四半期決算における純利益の推移は、下記の通りである。


チャート出所:YAHOO! JAPAN by WORKS TECHNOLOGY

株価は引き続き2018年からの中期的なボックス相場となっているが、昨日11月8日は決算が
好感され、7%程度の上昇率となった。

BGRSと共に3Q以降も売上・利益を伸ばして頂き、ボックスの上放れ実現を期待したい。

今後も世の中のアウトソーシング化の流れに乗って業績を伸ばして行けると考えており、
継続して長期投資で臨むつもりである。

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00523]

★ブログ村に参加・ランキングされています。 応援宜しくお願いします。
ブログ村ランキング(株 中長期投資)
ブログ村ランキング(株の基礎知識)

★アフィリエイトプログラムです。 ご利用お待ちしております。
・アマゾン ===> Amazon
・楽天市場 ===> Rakuten
・ヤフーショッピング ===> Yahoo!ショッピング



コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 Twitter : 圭壱@長期投資

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

 詳細は ---> 管理人プロフィール

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

  1. SRAホールディングス

    3817 SRAホールディングス 19年3月期は微減益、今期は 24%増益
  2. プロシップ

    3763 プロシップ ストップ高
  3. エスティック

    6161 エスティック への株式投資
  4. ユニバーサル園芸社

    6061 ユニバーサル園芸社 を全て売却、撤退
  5. 投資全般

    (提案) IPO公募株にロックアップ枠の創設を
PAGE TOP